ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

先制攻撃技

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

先制攻撃技とは、ポケモンの技の中で優先度+1以上を持つ攻撃技の総称。しばしば先制技と略される。

概要

ポケモンの技の大半は優先度0なので、優先度1以上の技を使うとすばやさに関係なく相手より先に行動できる。

該当する技

斜体になっている技は、攻撃を成立させるのに条件が必要な技。

初出世代 技名 タイプ 物理特殊 接触 威力 PP 優先度
1 でんこうせっか ノーマル 物理 40 30 +1
2 しんそく ノーマル 物理 80 5 +2[1]
2 マッハパンチ かくとう 物理 40 30 +1
3 ねこだまし ノーマル 物理 40 10 +3[2]
4 フェイント ノーマル 物理 × 30[3] 10 +2
4 アクアジェット みず 物理 40 20 +1
4 こおりのつぶて こおり 物理 × 40 30 +1
4 しんくうは かくとう 特殊 × 40 30 +1
4 バレットパンチ はがね 物理 40 30 +1
4 ふいうち あく 物理 70[4] 5 +1
4 かげうち ゴースト 物理 40 30 +1
6 みずしゅりけん みず 特殊[5] × 15[6] 20 +1
7 アクセルロック いわ 物理 40 20 +1
7 であいがしら むし 物理 90 10 +2
8 グラススライダー くさ 物理 70 20 +1
  1. 第四世代までは優先度+1。
  2. 第四世代までは優先度+1。
  3. 第四世代では威力50。
  4. 第六世代までは威力80。
  5. 第六世代では物理技。
  6. 2-5回の連続攻撃技

条件付きの先制攻撃技

  • フェイントは、第四世代のみまもる状態の相手にしか成功しない。第五世代からはまもる状態か否かに関わらず成功する。
  • ねこだまし・であいがしらは、場に出た最初のターンにしか成功しない。
  • ふいうちは、対象が攻撃技を選択しており、まだ行動していないときのみ成功する。
  • グラススライダーは、グラスフィールド状態の効果を受けているポケモンが使うと優先度が+1になる。それ以外だと優先度0の通常攻撃になる。

対戦における先制攻撃技

先制攻撃技は第一世代から存在したが、当初はさほど重要視されていなかった。この世代では全てのステータスの努力値を最大まで振る事が出来たため、どのポケモンもそれなりの耐久力を持っており、このような小技を使ってまで先制しても意味が薄かった。

しかし第三世代に入り努力値の仕様変更によって耐久に努力値を振らないケースが多数出てきた事に加え、第四世代きあいのタスキが登場したことにより、高速低耐久アタッカーである相手が僅かなHPを残して生き残る、といった状況が頻繁に発生するようになる。ここで先制技があると、次のターンの頭に先手でとどめを刺す事が出来るため、タスキがなかった場合と同じ状況に持っていくことができる。

このように、先制技は一定の需要を持つようになり、場合によっては「先制技を覚えられるか否か」でポケモンの評価が分かれる事がある程である。また、タスキを用いるなら相手のポケモンが先制技を覚えることが出来るかという知識も重要である。

上記以外にもテクニシャンつるぎのまいはらだいこといった火力増強手段を用いて、先制攻撃技をメインウェポンとして使用する例も存在する。

備考

  • 先制攻撃技は以下のポケモンに対して使用した場合、無効化される。
  • 行動順の決定後にアンコールなどの効果によって技が置き換えられても優先度自体は変わらない。
    • 元の技の優先度が0以下の技を選択したポケモンがそのターン中に相手のポケモンの技によってアンコール状態になって先制攻撃技を打つと、結果として後攻で先制攻撃技を放つことになる。
    • 元の技の優先度が1以上の技を選択したポケモンがそのターン中にアンコール状態になると、発動するはずだった元の技の優先度のまま縛られた技に置き換えて繰り出すことができる。

関連項目