ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

かなしばり (状態変化)

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

かなしばりとは、ポケモンの状態変化の一つ。

かなしばりの効果

  • 相手のわざをどれか1つランダムで封じる(第一世代のみ)
  • 相手が最後に使った技を封じる(第二世代以降)

かなしばりの発生

かなしばりの回復

かなしばりの予防

備考

  • 技を使う前にかなしばり状態になると、封じられた技を選んでいた場合はその技が失敗する。
  • 封じられた技はねごとでも選ばれなくなる。
  • アンコールされているわざを封じられた場合は、アンコール状態かかなしばり状態のどちらかが解けるまで行動出来ない(第二世代)。
  • アンコールされているわざを封じられた場合は、封じられた次のターンからアンコール状態かかなしばり状態のどちらかが解けるまでわるあがきしか使えなくなる(第三世代以降)。
  • こだわりハチマキこだわりメガネこだわりスカーフを持っているポケモンがかなしばり状態になった場合は、かなしばり状態が解けるまでわるあがきしか使えなくなる。
  • IDが異なるポケモンが言うことを聞かずに勝手にわざを使う場合、封じられたわざを使うことがある(第一世代のみ)。
  • 交代前のポケモンへのおいうちは、かなしばり状態を無視して出すことができる(第四世代)。
  • みがわりで防ぐことはできない。
  • バトンタッチで引き継がれない。
  • ターン経過によるかなしばり状態の回復のタイミングは第二世代では攻撃を行う直前だが、第四世代ではターン終了後になっている。

関連項目