ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

フィールド

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
このページでは場の状態の一種であるフィールドのフィールドについて解説しています。バトル以外でも使うことのできる技についてはフィールドわざを、バトル以外でも効果がある特性についてはフィールドで効果のあるとくせい一覧を参照してください。

フィールド(Terrain)とは第六世代から導入された場の状態の一種。

概要

場がこの状態になると、特定の技の威力が増減したり、状態異常を防いだりする効果がある。特徴的なのはこれらの効果は地面にいるポケモンにしか働かない点である。フィールドには複数の種類があるが、それらは両立することはできず、フィールドが張られている状態で新たにフィールドを張ると、前のフィールドは上書きされる形で消える。天気と似た概念だが、天気やその他の場の状態は両立可能。

一覧

フィールド名 地面にいると受ける効果 発動させる技 発動させる特性 導入
エレキフィールド でんきタイプの技の威力が1.3倍[1]になる。
ねむりねむけ状態にならなくなる。
エレキフィールド
ダイサンダー
エレキメイカー 6
グラスフィールド くさタイプの技の威力が1.3倍[1]になる。
受けるじしんじならしマグニチュードの威力が0.5倍になる。
毎ターン終了時、最大HPの1/16を回復する。
グラスフィールド
ダイソウゲン
グラスメイカー 6
ミストフィールド 受けるドラゴン技の威力が0.5倍になる。
状態異常にならなくなる。
こんらん状態にならなくなる(第七世代以降)。
ミストフィールド
ダイフェアリー
ミストメイカー 6
サイコフィールド エスパータイプの技の威力が1.3倍[1]になる。
敵からの優先度+1以上の技を防ぐ。
サイコフィールド
オリジンズスーパーノヴァ
ダイサイコ
サイコメイカー 7
  1. 1.0 1.1 1.2 第七世代まで、エレキフィールド、グラスフィールド、サイコフィールドの威力補正は1.5倍だった。

フィールドに関係するもちもの一覧

地面にいないポケモンでもこれらの効果は発動する。

フィールドに関係するとくせい一覧

地面にいないポケモンでもこれらの効果は発動する。

フィールドに関係するわざ一覧

地面にいないポケモンでも発動する効果
使用者が地面にいなければ発動しない効果
  • だいちのはどう: フィールドの効果を受けると威力が2倍になり、わざのタイプが変わる。
フィールド しぜんのちから ひみつのちから
(戦闘アニメ)
ほごしょく
だいちのはどう
特性ぎたい
その他
エレキフィールド 10まんボルト まひ
(でんきショック)
でんき *攻撃対象が地面にいるとライジングボルトの威力が2.0倍になる
グラスフィールド エナジーボール ねむり
(つるのムチ)
くさ *フラワーヒールの回復量が最大HPの2732/4096(≒2/3)になる。
*使用者が地面にいるとグラススライダー優先度が+1になる
ミストフィールド ムーンフォース とくこう1段階低下
(ようせいのかぜ)
フェアリー *使用者が地面にいるとミストバーストの威力が1.5倍になる
サイコフィールド サイコキネシス すばやさ1段階低下
(ねんりき)
エスパー *使用者が地面にいるとワイドフォースの威力が1.5倍になり、範囲が相手全体になる

仕様

  • 姿を隠しているポケモンは地面にいることで発動するフィールドの効果を受けない。地面にいなくても発動する効果は姿を隠している間も発動する。
  • 特性ふゆうのポケモンに対してかたやぶりの効果を持つ技を使った場合、ふゆうがかたやぶりにより無効化されるため、このときのみふゆうのポケモンはフィールドの恩恵を受ける。
    • 例えばサイコフィールド状態が発動しているとすると、ふゆうのポケモンはかたやぶりの先制攻撃技を無効化できる。
  • フィールドが発動している間、自然物は消えて攻撃できなくなる。

フィールドを発生させる特性

  • 場に出たときに発動する特性の一種。これらの特性を持つポケモンが同時に場に出た場合、もちもの場の状態を考慮したすばやさ順に特性を発動させる。トリックルーム状態の効果も考慮される。このとき先に発生したフィールドは、後に発生したフィールドに上書きされて消えることになる。
  • これらの特性同士をスキルスワップで交換した場合、すばやさに関係なくスキルスワップ使用者側が先に手にした特性を発動させるため、相手に渡った特性で発生したフィールドに上書きされる。
  • ラジアルエッジストームキョダイフウゲキアイアンローラーの効果でフィールドが解除されるときは、以下の順番になる。
    キョダイフウゲキの効果 → 防御側のひんし判定 → ラジアルエッジストームの効果 → 防御側がききかいひ/にげごし/レッドカード/だっしゅつボタンで手持ちに戻る → アイアンローラーの効果 → レッドカードの交代先が出る → だっしゅつパックで手持ちに戻る → ききかいひ/にげごし/だっしゅつボタン/だっしゅつパックの交代先を選択して出す
    • フィールドを発生させる特性を持つポケモンを倒し、その味方がかがくのちから/レシーバーによって特性を引き継ぐ場合、キョダイフウゲキでは技の効果が発動した後に特性を引き継ぎ、引き継いだフィールドが発生する。ラジアルエッジストーム・アイアンローラーでは引き継がれた特性が発動した後に技の効果が発動することですることでフィールドは完全に解除される。
    • 特性かがくへんかガスのポケモンをひんしにしたことでフィールドを発生させる特性が有効になる場合、キョダイフウゲキでは技の効果が発動した後に特性が有効になりフィールドが発生する。アイアンローラーでは特性が発動した後に技の効果が発動してフィールドは完全に解除される。
    • ききかいひ/にげごし/レッドカード/だっしゅつボタン/だっしゅつパックが発動した場合、いずれもフィールドを解除した後に交代先が引きずり出される。フィールドを発生させる特性を持つポケモンが出てきた場合、新たにフィールドが発生する。

シード系アイテム

  • 地面にいないポケモンが持っていても発動する。よって姿を隠しているポケモンが持っていても発動する。
  • 同じシード系アイテムを持つポケモンが複数場にいるときに対応するフィールドが発生した場合と、対応するフィールドの場に同じシード系アイテムを持つポケモンが同時に繰り出されたとき、いずれももちもの場の状態を考慮したすばやさ順にシード系アイテムを発動させる。トリックルーム状態の効果も考慮される。
  • 場が対応するフィールドに変化したときは、シード系アイテムは即座に発動する。
    • 対応したフィールドではない場に、対応するフィールドを発生させる特性のポケモンと、異なるフィールドを発生させる特性のポケモンが同時に場に出てきた場合、それらのすばやさ順に関係なく対応するシード系アイテムを発動させる。
    例1
    バトルの最初に特性エレキメイカーカプ・コケコ(すばやさ200)と特性ミストメイカーカプ・レヒレ(すばやさ150)が同時に場に出た。どちらもエレキシードを持っていたとき、カプ・コケコのエレキメイカー → カプ・コケコのエレキシード → カプ・レヒレのエレキシード → カプ・レヒレのミストメイカーの順に発動する。
  • 対応するフィールドの場に繰り出されたときは、特性が発動した後にシード系アイテムの発動判定がある。
    • 対応したフィールドの場に、シード系アイテムを持つポケモンと、対応しないフィールドを発生させる特性のポケモンが同時に場に出てきた場合、それらのすばやさ順に関係なく対応するシード系アイテムを発動できない。
    例2
    エレキフィールドが発生しているとき、エレキシードを持つ特性ミストメイカーのカプ・レヒレを場に出した。このときミストメイカーが先に発動し、エレキシードは発動しない。
    例3
    エレキフィールドが発生しているとき、2体のポケモンが同時にひんしになったため、エレキシードを持つ特性エレキメイカーのカプ・コケコ(すばやさ200)と、特性ミストメイカーのカプ・レヒレ(すばやさ150)が同時に死に出しされた。このときエレキメイカーが不発した後にミストメイカーが発動し、エレキシードは発動しない。
  • 対応したフィールドとさしおさえ/マジックルーム状態が同時に解除されるターンでは、さしおさえ/マジックルーム状態が解除されたメッセージの後にフィールドが解除されたメッセージが出るが、シード系アイテムは発動できない。
  • 特性きょうせいのポケモンと、そのきょうせいより行動順が早い味方ポケモンがどちらも同じシード系アイテムを持っているとき、味方がシード系アイテムを消費した直後に、自身が消費する前にきょうせいでシード系アイテムを味方に渡す。
  • 特性あまのじゃくのポケモンが使うと能力の変化方向が逆になる。特性たんじゅんのポケモンが使うと能力の上昇量が2倍になる。
    • かたやぶりの効果がある技でフィールドが発生した場合、場にいるあまのじゃく/たんじゅんの特性は無視され、対応する能力が1段階だけ上がる。
    • かたやぶりの効果でフィールドを発生させた後に、あまのじゃく/たんじゅんのポケモンが場に出てきたときは、かたやぶりの効果は無く特性の効果で能力の変化量が変わる。
  • 上がる能力がすでに+6段階であるとき、シード系アイテムは発動しない。この後に変化技や特性の効果でランクが低下したとしても発動しない。ただし、攻撃技追加効果でランクが低下したときは、即座にシード系アイテムを発動させることができる。
    • あまのじゃくの場合は-6段階であるとき発動せず、発動しなかった後に変化技の効果で能力が上がったときでも発動しない。
    • このとき、攻撃技のダメージを受けたり、天候などのスリップダメージや、いたみわけみがわりなどの効果でHPが減ると即座に発動するようになる。
      • 天候とフィールドが同時に解除されるターンでは、天候のダメージの直後、フィールドが解除される前にシード系アイテムを発動させることができる。
    • 状態異常になったり、こんらんアンコールなどの状態変化になったときも発動する。
    • HPが回復したときや、みがわり状態で攻撃を防いだとき発動しない。
    • フィールドが変更された後再度対応するフィールドに変わったときや、ポケモンを一度手持ちに戻して場に繰り出したときは通常どおりにアイテムは発動する。

備考

  • バトルエージェントのグレード20以上のバトルでは、自動的にフィールドが張られた状態でバトルが始まる日がある。
  • ワイルドエリアではあめと同時にエレキフィールドが自然発生する天候「豪雨」とミストフィールドが自然発生する天候「霧」がある。このフィールドは永続し、きりばらい・アイアンローラーで解除することができない。別のフィールドで一時的に上書きすることはできるが、上書きしたフィールドのターンが切れると元のフィールドが復活する。

関連項目