ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

サイコシフト

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
サイコシフト
第四世代
タイプ エスパー
分類 変化
威力 -
命中率 90(第五世代まで)
→100(第六世代)
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
自分の状態異常どくもうどくねむりまひやけど)を相手に移し、自分は治る。相手が既に状態異常の場合は、失敗する。
Zワザによる付加効果
自分のとくぼうが2段階上がる。
判定
アピールタイプ かっこよさ
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
(4-審査員のボルテージ)だけハートが追加される

サイコシフトは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

  • 第六世代:ちょうのうりょくで あんじを かけて じぶんの うけている じょうたい いじょうを あいてに うつす。
  • 第六世代(漢字):超能力で 暗示を かけて 自分の 受けている 状態異常を 相手に うつす。

コンテストわざ

  • 第四世代:ボルテージが ひくければひくいほど たかいひょうかになる。
  • 第六世代:1ばん さいごに アピールすると アピールが すごく うまくいく
  • 第六世代(漢字):1番 最後に アピールすると アピールが すごく 上手くいく

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
DPt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS SM/USUM
ホーホー 41 49 49 19
ヨルノズク 47 57 57 19
ネイティ 33 33 33 39 39
ネイティオ 37 37 37 43 43
ラティアス 50 50 50 28 28
ラティオス 50 50 50 28 28
デオキシス 57 57 57 43 43
クレセリア 75 75 1 , 75 1, 75

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
4 5 6 7
ケーシィ × × ユンゲラー
フーディン
トゲピー トゲチック
トゲキッス
ヤミカラス ドンカラス
パッチール × × -
コロモリ - × ココロモリ
シンボラー - -

こんなときに使おう

  • 自分の状態異常を相手に押し付けるという特異な効果を持つ補助技。ねむるとのコンボや、どくどくだまかえんだまを併用しての運用が理想。あくまででんじはおにびどくどくなどを習得できない際に能動的に相手を状態異常にしたいときに使うものである。相手がこちらを状態異常にすることを見込んでの採用は技スペースを圧迫し理想的ではない。
  • 第五世代で、特性マジックガードを持つシンボラーがこの技を習得した。マジックガードの効果でデメリットなしに状態異常になることが出来、相手にそれを押し付けることが出来る。
  • 捕捉率が非常に低い上にオシャレボールで捕獲することが珍しくない伝説のポケモンの中にも覚えるポケモンがいるが、それらを捕獲する際に打たれてねむり以外の状態異常を撒かれると厄介。その場合、捕獲要因の育成は妥協せず眠り技を打てるポケモンを用意しよう。

ポケモンカードゲームにおけるサイコシフト

ネイティオ (DP3)のポケパワーとして登場。ベンチにいるときに使え、自分のバトルポケモンの状態異常を治し、相手のバトルポケモンをその状態にする。本編と効果は似ている。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるサイコシフト

PP10。

自分にかかっているわるいじょうたいを治し、相手に移す。

備考

  • ねむるによるねむり状態をねごとで出たサイコシフトによって相手に移す場合、眠りターンはねむるの残りターンが引き継がれるのではなく、通常通りとなる。
  • かいふくふうじ状態でも使うことができる。
  • みがわり状態のポケモンには無効。
  • こおり状態では使用できる術がないため、移すことはできない。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 サイコシフト
英語 Psycho Shift
ドイツ語 Échange Psy
フランス語 Échange Psy
イタリア語 Psicotrasfer
スペイン語 Psicocambio
韓国語 사이코시프트
中国語(普通話・台湾国語) 精神转移
ポーランド語 Psycho Shift