ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

サイコシフト

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
サイコシフト
第四世代
タイプ エスパー
分類 変化
威力 -
命中率 90(第五世代まで)
→100(第六世代)
PP 10
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
自分の状態異常どくもうどくねむりまひやけど)を相手に移し、自分は治る。相手が既に状態異常の場合は、失敗する。
アピールタイプ かっこよさ
アピール(DP)  
アピール効果(DP)
(4-審査員のボルテージ)だけハートが追加される

サイコシフトは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第四世代:ボルテージが ひくければひくいほど たかいひょうかになる。

使用ポケモン:覚える方法

対戦

  • 自分の状態異常を相手に押し付けるという特異な効果を持つ補助技。ねむるとのコンボや、どくどくだまやかえんだまを併用しての運用が理想。あくまででんじは、おにび、どくどくなどを習得できない際に能動的に相手を状態異常にしたいときに使うものである。相手がこちらを状態異常にすることを見込んでの採用は技スペースを圧迫し理想的ではない。
  • 第五世代で、特性マジックガードを持つシンボラーがこの技を習得した。マジックガードの効果でデメリットなしに状態異常になることが出来、相手にそれを押し付けることが出来る。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるサイコシフト

備考

  • ねむるによるねむり状態をねごとで出たサイコシフトによって相手に移す場合、眠りターンはねむるの残りターンが引き継がれるのではなく、通常通りとなる。
  • かいふくふうじ状態でも使うことができる。
  • みがわり状態のポケモンには無効。

関連項目