ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

きんちょうかん

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

きんちょうかんは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

戦闘中、相手はきのみを使用できなくなる。

説明文

第五世代第六世代
あいてを きんちょうさせ きのみを たべさせない。
相手を 緊張させ きのみを 食べさせない。
第七世代
あいてを きんちょうさせて きのみを たべられなく させる。
相手を 緊張させて きのみを 食べられなく させる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
アーボ いかく だっぴ きんちょうかん
アーボック いかく だっぴ きんちょうかん
ニャース ものひろい テクニシャン きんちょうかん
ペルシアン じゅうなん テクニシャン きんちょうかん
プテラ いしあたま プレッシャー きんちょうかん
ミュウツー プレッシャー - きんちょうかん
リングマ こんじょう はやあし きんちょうかん
デルビル はやおき もらいび きんちょうかん
ヘルガー はやおき もらいび きんちょうかん
バンギラス すなおこし - きんちょうかん
アメモース いかく - きんちょうかん
ビークイン プレッシャー - きんちょうかん
バチュル ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
デンチュラ ふくがん きんちょうかん むしのしらせ
キバゴ とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
オノンド とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
オノノクス とうそうしん かたやぶり きんちょうかん
シシコ とうそうしん きんちょうかん じしんかじょう
カエンジシ とうそうしん きんちょうかん じしんかじょう
キテルグマ もふもふ ぶきよう きんちょうかん
アーマーガア プレッシャー きんちょうかん

こんなときに使おう

  • オボンのみや各種半減実などで耐久調整をしているポケモンは多い。中にはその調整をアテにして積み技を使う前提のポケモンもいるので、これらの目論見を全て台無しに出来るのは強力。他にもラムのみを無視してでんじはを当てるなど。
  • ねむるカゴのみあばれる系の技+キーのみみがわりヤタピのみしゅうかく+オボンのみなどの木の実を使うコンボを全て封じる事も出来る。あばれる+キーのみは木の実の使用タイミングまでにこちらが倒れてしまっては意味が無くなってしまうが、他はアテにしていたコンボを使わないでの戦いを強制できるため、大幅なアドバンテージが得られる。
  • デンチュラアメモースについてはもう一つの特性も利用価値があるのでどちらを採用するかは分かれるが、プテラの場合はまもみがプレッシャー型にするのでもない限り、きんちょうかん一択と言えるほどである。特にスカーフ型の場合は一度の撃ち漏らしが致命的になり得るので、きんちょうかんの重要性は高い。
  • 木の実を使わない相手には何の意味も無い特性だが、相手が木の実を持っていなかったとしても別にデメリットになる訳ではないので、特に欠かせない他の特性を持っているのでない限り、あって損はない使い勝手の良い特性と言える。

備考

  • 味方には効果がない。味方のきんちょうかんのポケモンによる攻撃に対してきのみを使うことは可能。
  • きんちょうかんが発動すると「<相手/味方>は緊張してきのみを食べられなくなった!」というメッセージが表示される。
    • 複数のきんちょうかんのポケモンが同時に場に出た場合、すばやさが高い順にメッセージが表示される。トリックルーム下においても変わらず、きんちょうかん同士ですばやさが高い順に表示される。
    • きんちょうかんのメッセージは設置技の効果の前に表示される。ステルスロックのダメージできのみの発動圏に入った相手や、どくびしどくをきのみで治せる相手であっても、同時にきんちょうかんのポケモンを繰り出されていると、きのみで回復することができない。
    • 他の場に出たときに発動する特性ふうせん設置技が発動した後、すばやさ順に発動する。そのためきんちょうかんと他の特性のメッセージの表示順を比較してもすばやさは判定できない。
  • きのみの発動条件を満たしているがきんちょうかんで使えない場合、きんちょうかんのポケモンが場から去るか、特性が効かなくなった瞬間にきのみが発動する。
    • 例えばプテラのきんちょうかんできのみを使えない場合、プテラが交代するか、あるいはメガシンカしてきんちょうかんが失われた瞬間きのみの効果が発動する。
    • きんちょうかんのポケモンが交代で去り、出てきたポケモンもまたきんちょうかんである場合、前者が去った直後、後者が出てくる前にきのみが発動する。
  • きんちょうかんによりHP回復のきのみ発動を阻害されているとき、きんちょうかんが自身の味方の全体攻撃によって瀕死にされると、相手はダメージを受けた後、瀕死判定より前にきんちょうかん解除によるきのみの回復を行う。このため、相手のHPが0になっていても瀕死にならず、きのみ回復分のHPが残る。
    • 設定で戦闘アニメをOFFにしている場合は、相手は回復してからダメージを受ける。最終的なHP量はアニメをONにしていたときと同じくきのみの回復分だけであるので、元々の残量HP分のダメージしか与えられず、それ以上のダメージは切り捨てられたように見える。
    • 相手のHPが0になる前、きのみの発動圏外であれば瀕死となる。
    • 相手の技によって、相手自身の味方ときんちょうかんのHPを0にした場合、先に倒れるのは味方であるためこの現象は起こらない。
    • きんちょうかん自身の自滅技(じばくいのちがけなど)で相手のHPを0にした場合、きんちょうかんが瀕死になってから相手にダメージが入るが、きのみは発動せず相手も瀕死になる。
  • きんちょうかんの効果を受けている間でも、なげつけるむしくいついばむによりきのみを食べて、その効果を発動させることはできる。
  • 第五世代のみ、スキルスワップトレースなどできんちょうかんをコピーしても、その瞬間にきんちょうかんは発動しない。敵味方問わず交代する・ひんしになるなどポケモンの入れ替えがあってから初めて発動する。
  • 第六世代以降、スキルスワップ・トレースなどできんちょうかんをコピーしたその瞬間からきんちょうかんが発動する。
  • 第七世代乱入バトルでは、この特性を持つポケモンが場に出ていた場合に野生ポケモンの助けを呼んだ際の成功確率があがる。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 きんちょうかん
英語 Unnerve
ドイツ語 Anspannung
フランス語 Tension
イタリア語 Agitazione
スペイン語 Nerviosismo
韓国語 긴장감
中国語(普通話・台湾国語) 紧张感
中国語(広東語) 緊張感