ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

はやあし

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

はやあしは、第四世代から登場したポケモンのとくせいの一種。

効果

バトルでの効果

フィールドでの効果

  • 手持ちの先頭にこのとくせいを持つポケモンがいると、野生ポケモンの出現率が下がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

夢特性で所有

こんなときに使おう

  • 状態異常という発動条件のわりに、かるわざすいすいに比べ上昇率が低い。まひによる素早さ低下は無視されるが、行動不能までは無くならないので注意。
  • 基本的にはどくどくだまによる能動的な発動が望ましい。この特性のポケモンは攻撃が高いポケモンが多いのでかえんだまとのコンボは見かけることは少なく、特に特性こんじょうを持つリングマは戦術が見破られにくい。
  • 夢特性ペンドラーもこの特性を持つが、ペンドラーはどくタイプであるためどくどくだまでは発動できない。
  • まひでこの特性が発動した場合、ミイラやいえきなどの特性を変えてしまう特性やわざに注意。特性発動による素早さ1.5倍の効果がなくなる上にまひによる素早さ0.25倍の効果を無視できなくなるため、変化前に比べて素早さが1/6にまで落ちてしまう。

ポケモンカードゲームにおけるはやあし

備考

  • ポケモン不思議のダンジョンではようすみ状態も対象となるため、この特性を持つポケモンにはかいこうせんなどを覚えさせるとほぼノーリスクで撃てる。
  • フィールド上で似たような効果のあるとくせいとして、あくしゅうしろいけむりがある。