ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

すてゼリフ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
すてゼリフ
第六世代
タイプ あく
分類 変化
威力 -
命中率 100
PP 20
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
相手のこうげきとくこうを1段階下げ、控えのポケモンと交代する。
Zワザによる付加効果
控えから出てくるポケモンのHPを全回復させる。
判定

すてゼリフは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第六世代: すてゼリフで あいてを いかくし こうげきと とくこうを さげたのち ひかえの ポケモンと いれかわる。
  • 第六世代(漢字): すてゼリフで 相手を いかくし 攻撃と 特攻を さげたのち 控えの ポケモンと 入れ替わる。

使用ポケモン : 覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
XY/ORAS SM/USUM
ヤンチャム 45 45
ゴロンダ 48 48
シルヴァディ - 85

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
6 7
ニャース
(アローラのすがた)
- ペルシアン
(アローラのすがた)

こんなときに使おう

  • おきみやげとんぼがえりを足して2で割ったような技だが、実質的にいいとこ取りとも言えるような性質にまとまっている。
  • おきみやげより効果は小さいが十分なレベルで、それでいておきみやげのようなリスクがほぼ無い。
  • 交代技として見ても、とんぼがえりとは与える負担の種類が違うので一概に比較はできないものの、すてゼリフの方が相手にかける負担が大きいと言える状況が多く、後続に繋ぐ技としては非常に優秀。
  • 攻撃偏重の種族値を持つゴロンダにこだわりスカーフを持たせてすてゼリフをして交代するだけの型まで作られるほどの有用さを持つ。
  • ダブルバトルでは特性があまのじゃくの味方ポケモンにこうげきとくこうを上げるのを兼ねて自身の不利対面を回避するプレイングもある。

ポケモンカードゲームにおけるすてゼリフ

ポケモン不思議のダンジョンにおけるすてゼリフ

備考

  • 音のわざであるため、以下の特徴を持つ。
    • とくせいがぼうおんのポケモンには効かない。
    • みがわり状態のポケモンにも有効。
    • じごくづき状態では選択できない。わざを使う前にじごくづき状態になった場合は失敗する。
    • うるおいボイスを持つポケモンが使うとみずタイプのわざとなる。
  • 特性がまけんきかちきのポケモンに使うと、相手の特性が2回発動する。
  • マジックコート状態のポケモンに使うと、自分の攻撃と特攻が1段階下がり、相手が控えのポケモンと交代する。
  • サン・ムーンでは発売当時、Zすてゼリフを使用すると強制的に通信が切断されるバグがあったため、レーティングバトルでの使用が禁止されていた。2017年1月11日配信のver1.1の更新データによって修正された。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 すてゼリフ
英語 Parting Shot
ドイツ語 Abgangstirade
フランス語 Dernier Mot
イタリア語 Monito
スペイン語 Última Palabra
韓国語 막말내뱉기
中国語(普通話・台湾国語) 抛下狠话