ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

現時点で日程は未定ですが、データベースサーバのメンテナンスが実施される予定です。メンテナンス時は、記事の編集・アカウントの作成が数時間程度ロックされる場合があります。ご迷惑をおかけしますが、ご容赦いただければ幸いです

増田順一

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
ウィキペディアにも「増田順一」の項目があります。

増田 順一(ますだ じゅんいち、1968年1月12日 - )は、ゲームクリエイターゲームミュージックの作曲家。現株式会社ポケモンチーフ・クリエイティブ・フェロー[1]。元ゲームフリーク常務取締役[1]、取締役開発部長[2]であり、ゲームフリーク創立メンバーの一員。

人物

神奈川県横浜市東戸塚出身[3]。18歳のときに日本電子専門学校コンピュータグラフィック(CG)科に入学し、2年後に就職活動をして、C言語やアセンブラのプログラマとしてソフトウェア開発会社に入社する[4]。その際に、一人暮らしを始めるため、東戸塚を離れた[3]

専門学校の知人を通じて、当時ゲーム音楽を作曲できる人材を探していた田尻智と知り合う[5]。それ以降、週末には田尻らと会って交流を深め、ともに『クインティ』を制作した[5]。1989年、株式会社ゲームフリークを設立するにあたり会社を退職、同年6月に入社した[5]。入社を決めた理由は、「お金とか安定とか関係なく、ゲーム創りが楽しかったから。好きだったから。」、「自分の作りたいものを作ってみたかった」と後年語っている[4][2]

ポケットモンスター 赤・緑』にプログラマ・作曲家として参加して以降、ポケットモンスターシリーズの開発に携わる。シリーズのゲーム音楽を多く手掛けるほか、『ポケットモンスター クリスタル』で初めてディレクター、『ポケットモンスター プラチナ』で初めてプロデューサーを務めるなど、シリーズ作品の多くで要職を務めた。その後、ゲームフリークの取締役開発本部長、常務取締役を歴任した。2022年6月1日には株式会社ポケモンのチーフ・クリエイティブ・フェローに就任し、ゲーム開発だけでなくIPとしてのポケットモンスター全般の開発にも携わっている[1]

好きなポケモンはコダックニンフィア

クレジット

エピソード

  • 当時の作曲担当であった増田の拘りにより、第一世代の本編ソフトはバージョンごとにどれもレポートを書き終えた際の効果音が微妙に異なるようにプログラミングされた。
  • 増田の個人的なブログや発言から、ゲーム内の隠された設定・仕様変更が明らかになることが多い。

脚注

外部サイト

関連項目