Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

レポート

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

レポートとは、ポケットモンスターシリーズにおけるセーブのこと。

概要

データを保存する事を、「レポートを書く」もしくは「レポートする」と表現する。ポケットモンスターシリーズのほか、ポケモンコロシアムポケモンXDなどでもレポートと表記されている。

レポートはイベント中以外のフィールドで行うことができる。(ただし、コロシアムではパソコンでのみ)また、ボックスの入れ替え時(第二世代まで)、ポケモンコンテストに出場する時、通信を行うときなどは強制的に書くことになる(第五世代以降は、通信前にレポートを書くかどうかは、設定で選択できる。コンテストやミュージカルの前に書く必要はない)。

古いセーブデータが存在する場合、第三世代以前のゲームでは、さいしょからはじめて、セーブデータを上書きする場合には警告が表示される。第四世代以降では、古いセーブデータが存在する状態で、さいしょからはじめたときはレポートを書くことができない。(いったんセーブデータ領域を消す必要がある)また、ポケットモンスター ダイヤモンド・パール以降のソフトでは、ボックス内でポケモンを入れ替えたときなどは、書き替えにかかる時間が長くなる。 第六世代ではレポートする時間が非常に早くなった。

レポートの保持期限や書き換え回数の上限

セーブデータは世代によって異なるが、SRAMやフラッシュメモリなどに保存される。これら2つのメモリには長所と短所が存在する。

SRAMはいわゆるバッテリーバックアップのソフトである。これはデータ保持に電源が必要な省電力メモリと、電源であるリチウム電池を組み合わせる、古くから用いられた手法である。ポケットモンスターでは第一世代第二世代に用いられた。 利点としては書き換え回数に制限はなく、内蔵電池が消耗しないかぎり何度でもセーブできることがあげられる。しかしながら欠点としては、内臓電池が切れるとデータが失われると同時に、電池交換をしない限り今後セーブが不可能になるという点があげられる。内臓電池の寿命は長くても10年程度といわれている。

フラッシュメモリは近年良く用いられるセーブ用のメモリである。フラッシュメモリはデータ保持に電源が必要ないメモリである。 利点としては、バッテリーなどの寿命を考慮せずにデータを保存することができることがあげられる。しかしながら、欠点としては書き込み可能回数に上限が存在するという点があげられる。また、一度記録したデータは、10年から数十年程度しか保持されないため、数十年という長期間データを保持したい場合は、データ保持期限内に再書き込みを行う必要がある。

書き込み上限回数に関するうわさ

2万回レポートを書いたらデータが飛ぶという噂がある。これはセーブデータを保存するフラッシュメモリの寿命がおよそ書き込み2万回と言われていることに由来するが、2万回目にちょうどセーブできなくなるとは限らない。

実際はフラッシュメモリの種類によりフラッシュメモリが寿命を迎える書き込み回数は異なり、品質や商品の性質により数百回から10万回程度と大きな差がある。

裏技など

ポケットモンスター ルビー・サファイア以降では、直前にセーブしたセーブデータと、そのひとつ前に保存したセーブデータの2つのセーブデータが保存されているといわれる。これは片方のセーブデータが破損しても、もう片方のセーブデータが利用可能であればゲームを再開できるようにしたものだが、意図的に新しいセーブデータを破損させて、ひとつ前に保存したセーブデータを取り出すという裏技が存在する。 詳細は通信対戦を利用したポケモン増殖を参照のこと。

レポートの他のゲームでの表記

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。