ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

つめとぎ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
つめとぎ
第五世代
タイプ あく
分類 変化
威力 -
命中率 -
PP 15
範囲 自分
直接攻撃 ×
効果
自分のこうげき命中率1段階ずつ上げる。
判定
わざマシン わざマシン01(第五世代)

つめとぎは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第五世代:ツメを みがいて するどく する。じぶんの こうげきと めいちゅうりつを あげる。
  • 第五世代(漢字):ツメを 磨いて 鋭く する。自分の 攻撃と 命中率を あげる。

使用ポケモン : 覚える方法

対戦

複数の能力を同時に上げる技ということでビルドアップやりゅうのまいの同類にあたるが、それらと比べると汎用性に劣る。というのも、「こうげき」はともかく「めいちゅう」を上げる効果が有効に働く場面が限られているからである。ビルドアップは「ぼうぎょ」が上がることで積んだ後の生存性を高めてくれるし、りゅうのまいは「すばやさ」が上がることで突破力を高めてくれる。一方、命中率が上昇することで大きな恩恵を受けることはあまりない。もちろん、相手がすながくれや影分身を利用した回避特化型ならば確実に役立つだろうが、それだけを想定して貴重な技欄を一つ埋めてしまうのは惜しい。したがって、「命中率の不安定な技をメインウェポンとするポケモンに突破力と安定性を与える」など能動的に利用する必要がある。たとえば

  • コメットパンチをメインウェポンとするメタグロス
  • ストーンエッジをメインウェポンとする岩タイプ(バンギラスなど)
  • はりきりと組み合わせる

などである。

ポケモンカードゲームにおけるつめとぎ

ポケモン不思議のダンジョンにおけるつめとぎ

備考

関連項目