ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

さきおくり

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
さきおくり
第五世代
タイプ あく
分類 変化
威力 -
命中率 100
PP 15
範囲 1体選択
直接攻撃 ×
効果
相手の行動順をそのターンの1番最後にする。
判定
わざマシン わざマシン60(第五世代)

さきおくりは、ポケモンの技の一種。

説明文

  • 第五世代:あいてを おさえつけて こうどうの じゅんばんを さいごに する。
  • 第五世代(漢字):相手を おさえつけて 行動の 順番を 最後に する。

使用ポケモン:覚える方法

対戦

  • 当然ながらシングルバトルでは無意味。
  • 素早さがそこまで高い訳ではないドンカラスで使っても、元々行動が最後の方になるであろうポケモンしかさきおくりできないため意味が薄い。そもそも相手が先制攻撃技を使った場合、素早さに関わらずさきおくり出来ない。
  • 特性がいたずらごころであるヤミカラスヤミラミならば、相手の素早さに関わらずさきおくりを成功させられる。また素早さ次第では優先度+1の先制攻撃技も押さえ込める。
    • ちなみにヤミカラスは素早さもドンカラス・ヤミラミより高いので、お互いきあいのタスキで耐えた後に先制攻撃技で止めを刺し合う、といった時に相手だけを妨害する事が可能になる。
  • いずれにせよ、優先度+3のこのゆびとまれいかりのこなをかけたポケモンに無効化されるので、その二つの技についても頭に入れつつ仕掛けよう。

ポケモンカードゲームにおけるさきおくり

ポケモン不思議のダンジョンにおけるさきおくり

備考

  • さきおくり状態になった場合、使おうとしていた技が優先度+1の技であったとしても、優先度0以下の技を使うポケモンの行動が全て終わってからの行動になる。

関連項目