ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ふきとばし

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
ふきとばし
第一世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 85(第一世代)
→100(第五世代まで)
→-(第六世代以降)
PP 20
範囲 1体選択
優先度 0 (第一世代)
-1 (第二世代)
-6 (第三世代以降)
直接攻撃 ×
効果
野生ポケモンとの戦闘を終了させる。
第二世代以降は、トレーナー戦で使うと相手ポケモンをランダムに交代させる。
優先度が低い(第二世代以降)。
判定
Zワザによる付加効果
自分のとくぼうが1段階上がる。
わざマシン わざマシン04(第一世代のみ)
パレス ずるい
アピールタイプ かしこさ
アピール (RSE) ♡♡♡
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
次のターンの順番がランダムになる。
アピール(DPt)  
アピール効果(DPt)
すべてのポケモンが同じ審査員を選ぶと、ハートが15個追加される。
アピール(ORAS) ♡♡♡
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
次のターンの順番が最後になる。
ショーポイント(BDSP) 1
アピール追加効果 (BDSP)
追加効果なし
このページではわざの一種のふきとばしについて解説しています。ポケモン超不思議のダンジョンに登場するアイテムについてはふきとばし (ラピス)を参照してください。

ふきとばしは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

第二世代ルビー・サファイアエメラルド
つよいかぜで てきを ふきとばす ふきとばすと せんとうは おわる
ファイアレッド・リーフグリーン
あいてを ふきとばし ひかえの ポケモンを むりやり ひきだす。やせいの ばあいは せんとうが おわる。
第四世代第五世代第六世代第七世代第八世代
あいてを ふきとばして ひかえの ポケモンを ひきずりだす。やせいの ばあいは せんとうが おわる。
(漢字) 相手を 吹きとばして 控えの ポケモンを ひきずりだす。野生の 場合は 戦闘が 終わる。

コンテストわざ

第三世代
このつぎの アピールの じゅんばんを めちゃくちゃに する
第四世代
すべての ポケモンが おなじ しんさいんを えらぶと +15される。
第六世代
このつぎの アピールを おわりの ほうに だすことが できる
(漢字) この次の アピールを 終わりの方に だすことが できる
第八世代
ついかこうか なし
(漢字) 追加効果 なし

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
赤緑青ピ 金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM ピカブイ SwSh/BDSP
バタフリー 26
23
23 23 22 22 22 29 25 20
ポッポ 19 21 19 17 17 17 17 21 17
ピジョン 21 23 20 17 17 17 17 25 17
ピジョット 21 23 20 17 17 17 17 25 17
ゴルバット × × × × × × × 1 ×
モルフォン × × × × × × × × 1
クロバット × × × × × × × 8- ×
ルギア - 77 1 1 1 1 1 - 1
ホウオウ - 77 1 1 1 1 1 - 1
アゲハント - - 27 27 27 27XY
30ORAS
30 - 30
ドクケイル - - 27 27 27 27XY
30ORAS
30 - 30
ダーテング - - × 1 1 1 1 - 1
アメモース - - 53 54 54 1, 54XY
1, 48ORAS
1, 48 - 1, 48
マクノシタ - - 22 16 16 16 16 - 16
ハリテヤマ - - 22 16 16 16 16 - 16
トロピウス - - 27 27 27 27XY
21ORAS
21 - 21
ムックル - - - 21 21 21 21 - 21
ムクバード - - - 23 23 23 23 - 23
ムクホーク - - - 23 23 23 23 - 23
シンボラー - - - - 15 15 15 - 25
ワシボン - - - - 55 55 55 - 42
ウォーグル - - - - 57 1, 57 1, 57 - 42
バルチャイ - - - - 55 55 55 - 36
バルジーナ - - - - 57 1, 57 1, 57 - 36
ウルガモス - - - - 40 40 40 - 1
オンバット - - - - - 40 40 - 28
オンバーン - - - - - 40 40 - 28
カプ・ブルル - - - - - - 1 - 25
凡例
継:進化前からの継続で覚えることができる。
移:進化前のポケモンに技を覚えさせた後、該当世代に移送してから進化させることで覚える。

わざマシン

ポケモン名 覚える世代
1
バタフリー
ポッポ
ピジョン
ピジョット
オニスズメ
オニドリル
ズバット
ゴルバット
モルフォン
カモネギ
ドードー
ドードリオ
プテラ
フリーザー
サンダー
ファイヤー
ミュウ
クロバット 2, 7-
凡例
移:進化前のポケモンに技を覚えさせた後、該当世代に移送してから進化させることで覚える。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
2 3 4 5 6 7 8
オニスズメ × × BDSP オニドリル
ズバット ゴルバット
クロバット
プテラ -
カビゴン × × BDSP -
ホーホー ヨルノズク
ヤンヤンマ BDSP メガヤンマ
ヤミカラス BDSP ドンカラス
エアームド -
スバメ - × BDSP オオスバメ
ゴニョニョ - × × × × USUM ドゴーム
バクオング
バネブー - × × BDSP ブーピッグ
ズガイドス - - BDSP ラムパルド
ゴンベ - - BDSP カビゴン
ヒポポタス - - × カバルドン
スコルピ - - ドラピオン
ゾウドウ - - - - - - ダイオウドウ

特別なわざ

ポケモン名 方法 ソフト
赤緑青ピ 金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM ピカブイ SwSh
ウリムー タマゴ配布 - Gotta Catch 'Em All - ○※ × × × × × - ×
凡例
※:英語版のみ

こんなときに使おう

第一世代ではトレーナー戦(通信対戦含む)だと無効だったが、第二世代で強制交代効果がついた。交代させることで相手の状態変化ランク補正をリセットすることができる。また事前に設置技を使っておき、交代を促しダメージを与える戦法(通称「昆布」)も知られる。第六世代で必中に変更されたので、ちいさくなるなどの回避技対策としても使えるようになった。同様の効果のほえると違い、特性ぼうおんの相手にも有効であるため、両方覚えるエアームドなどはふきとばしが優先されることが多い。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるふきとばし

ポケモンカードゲームにおけるふきとばし

相手にダメージを与えて相手のベンチポケモンと入れ替える、という効果の攻撃ワザとして登場する。

アニメにおけるふきとばし

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
バタフリー
サトシ 無印編第6話 わざの初出
ヒロシ 無印編第78話
リン 結晶塔の帝王 ENTEI
ゼンキチ AG編第142話
ズバット
タケシ 無印編第6話
ピジョン
サトシ 無印編第6話
フシギダネ
サトシ 無印編第10話 ゲームではふきとばしを覚えない
モルフォン
サユリ 無印編第80話
ピジョット
ハヤト 無印編第131話
ヨルノズク
サトシ 無印編第164話
ポッポ
ワタリ 無印編第164話
エアームド
野生 デリバードのプレゼント
野生 ポケモン不思議のダンジョン 出動! ポケモン救助隊 ガンバルズ!
カイリュー
ワタル 無印編第235話 ゲームではふきとばしを覚えない
イブキ 無印編第253話
ダーテング
野生 AG編第37話 当時のゲームではふきとばしを覚えない
ドクケイル
ムサシ AG編第40話
プテラ
野生 放送局第15話
ハリテヤマ
野生 ピカチュウのわんぱくアイランド
ムクホーク
ナナカマド博士 DP編第1話
アゲハント
リョウ DP編第99話

マンガにおけるふきとばし

ポケットモンスターSPECIALにおけるふきとばし

技の仕様

成功判定

第一世代

  • 失敗率は [T/4]/(T+U+1) となる。
  • トレーナー戦で使うと失敗する。

第二世代

  • 野生ポケモン戦では第一世代と同じ式で失敗率を求める。
  • トレーナー戦ではレベル差に関係なく成功する。
  • そのターンまだ行動していない相手に対して使うと失敗する。
  • そらをとぶ状態のポケモンにも命中する。

第三世代・第四世代

  • 式 [(T+U)*X/256]+1≦[T/4] が成立したときは失敗する。対象のレベルが高いほど失敗しやすい。
    • 失敗率は [T/4]/(T+U) と概算できる。使用者と対象のレベルが小さいほど、概算値は真値から外れやすくなる。
  • トレーナー戦でもレベル差があると野生ポケモン戦同様に一定確率で失敗する。
  • そのターンまだ行動していない相手に対して使用した場合も成功する。
  • そらをとぶ状態のポケモンには当たらない。
  • バトルアリーナで使うと失敗する。

第五世代以降

  • 野生ポケモン戦では使用者より対象のレベルが高いと必ず失敗する。野生ポケモンに対して使ったときと、野生ポケモンから使われたときのいずれも同様となる。
    • 片方の場に複数のポケモンがいる野生ポケモン戦(ダブルバトル群れバトル乱入バトル)では、トレーナー戦の仕様に変わる。プレイヤーから野生ポケモンに対するふきとばしは失敗するが、野生ポケモンからのふきとばしはレベルに関係なく成功し、戦闘は終了せず自分のポケモンはランダムに交代するようになる。一度乱入バトルが始まると、片方のポケモンを倒し一対一になってもこの状況は続く。
  • トレーナー戦ではレベル差に関係なく成功する。
  • マジックコート状態に跳ね返される。
    • マジックコート状態の相手に技が効かない場合でも、技の仕様による失敗よりマジックコートの効果が優先されてふきとばしを跳ね返される。
    • 野生ポケモン戦では、マジックコート状態のポケモンが本来の使用者に対して技を使用したとみなしてレベルによる成功判定を行う。

第六世代以降

  • 必中技だが、姿を隠している相手には当たらない。
    • ノーガードなどの効果により姿を隠している相手に技が当たるときでも、フリーフォールの効果で空中にいる相手に対しては失敗する。
  • まもる状態の相手に対しても成功するが、トリックガードダイウォールにより防がれる。
    • マジックコート状態による反射より、トリックガード・ダイウォールによる無効化が優先される。元々ダイマックス相手には効果が無い技だが、ダイウォールに防がれたときは相手の特性マジックミラーで跳ね返されない。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふきとばし
英語 Whirlwind
ドイツ語 Wirbelwind
フランス語 Cyclone
イタリア語 Turbine
スペイン語 Remolino
韓国語 날려버리기
中国語(普通話・台湾国語) 吹飞
ポーランド語 Whirlwind

関連項目