ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポフィン

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ポフィンは、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールに登場するお菓子。

概要

ポケモンに食べさせるとコンディションが上昇する。

ポケットモンスター ルビー・サファイアエメラルドにおけるポロックと同様の効果を持つものであり、ブレンドにおける基本的な計算式や、味とコンディションの関係も変わらない。見た目でいえば、ポロックが立方体なのに対しポフィンは卵形をしている。

1つ~4つのきのみヨスガシティにあるポフィンりょうりハウスで調理することによって完成する。調理ができるようになるのはポフィンケースを手に入れてから。

ポロックよりも圧倒的に通信で行った方が良いポフィンが作れる。1人で作るとなると、まず良いものはできないといってよい。これは、ポロックと異なりNPCと一緒に作ることが出来ず、1人では1つのきのみしか使えないため。使用するきのみの数が増えるため味が濃くなってレベルが上昇する一方、後述する滑らかさの値が各プレイヤーの平均値となるためである。

各味に対応したコンディションの上昇度のうち、最も大きいものがレベルとして表示される。また、レベルの他に滑らかさという値を持っており、この値と同じだけポケモンのけづやがよくなる。けづやの最大値は255で、この値になるとそれ以上ポフィンを食べなくなるため、レベルが大きく滑らかさの小さいものを食べさせるのが望ましい。

調理法

きのみを入れたら、タッチペンで指示された方向にかき回す。かき回す時間が増すに連れてスープは固まっていき、硬さは3段階ある。

かき回すのが遅いと焦げて、ポフィンのおいしさが下がる。かといって最初のスープの時は早くかき回しすぎるとこぼしてしまい、やはりおいしさが下がる。最終段階になるともうこぼれることはない。

手に入るポフィンのレベルは、含まれている味の中で最も強いものの量が表示される。それぞれの味の強さを求める計算式はポロックと同様。すなわち使うきのみの味を合計してマイナス分を差し引く。さらに、完成までの時間が短いほど質が良くなり、焦がしたりこぼしたりした回数によって質が悪くなる。具体的には

(味) = | {(基本値) / (完成までの経過時間 [秒])} * 60 - (焦がしたりこぼしたりした回数) |

という式で求まる。

なめらかさについては、

(なめらかさ) = | {(きのみのなめらかさの合計) / (通信人数)} - (通信人数) |

という式で求まる。基本的にはポロックと全く同じである。 ただし通信メンバーのタッチペンの痕跡が長時間一致した場合、最大で10ポイントまで少なくなる。

アニメにおけるポフィン

DP編第25話では、サトシら一行がポフィンを作るストーリーとなっている。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ポフィン
英語 Poffin
ドイツ語 Knurspe
フランス語 Poffin
イタリア語 Poffin
スペイン語 Pokocho
韓国語 포핀 (Poffin)
中国語(台湾国語・普通話) 寶芬/宝芬 (Bǎofēn, SM)
麵寶/面宝 (Miànbǎo, 第七世代以前)
フィンランド語 Poffini
ベトナム語 Bánh nướng

関連項目