ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

草むら

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

草むら(くさ - )はポケットモンスターシリーズに登場する、野生ポケモンが出現するエリアのこと。

概要

本編においては大半の道路に存在するが、基本的にには存在しない[1]。また、第三世代まではいあいぎりによって、草を除去することができる。しかし、マップを移動すると元に戻る。しぜんのちからは、第三世代では以下の記述どおり草むらの種類によって異なるが、第四世代以降では等しくタネばくだんとなる。ひみつのちからも第三世代は同様に異なり、第四世代以降は等しく30%の確率でねむりにする効果となる。

あまいかおりまたはあまいミツを使うことで強制的にポケモンを出現させることができる。また、ポケットモンスター ダイヤモンド・パールプラチナでは、草むらを揺らすことができるポケトレという道具が登場する。

第五世代では、草むらが揺れることがあり、そこでは普通に草むらを歩いただけでは出現しないポケモンが出現する。

草むらの種類

通常の草むら
最も多い草むら。第三世代ではしぜんのちからはしびれごなになり、ひみつのちからは30%の確率でどくにする効果となる。
第六世代ではあまいかおりかあまいミツを使用した場合は強制的に群れバトルとなる。ポケットモンスター X・Yでは稀に群れバトルが自然発生する。
長い草むら
ルビー・サファイアより登場。ポケモンの出現に関しては通常の草むらと変わりないが、じてんしゃで進入することはできず、ランニングシューズで走ることもできない。第三世代ではしぜんのちからははっぱカッターになり、ひみつのちからは30%の確率でねむりにする効果となる。第四世代ではランニングシューズで走ることができるようになった。
第六世代では、自転車で通ることが可能になった。また、X・Yでは長い草むらのみ群れバトルが発生せず、オメガルビー・アルファサファイアでは逆に自然発生する群れバトルが長い草むらに限定される。
色の濃い草むら
第五世代に登場。通常の草むらより出現するポケモンのレベルが高くなり、野生ポケモンが2匹同時に出てくることがある(1匹の場合もある)。
花畑
X・Yに登場。黄色い花畑と紫の花畑が存在する。ポケモンの出現に関しては通常の草むらと変わらないが、同じエリアでも草むらと花畑ではポケモンの出現率に違いが出る。通常の草むら同様、群れバトルが自然発生するほか、あまいミツまたはあまいかおりの使用で強制的に群れバトルが発生する。

注釈

  1. 第一世代第二世代ではマサラタウン1ばんどうろの境界部分にある草むらの下4マス分がマサラタウンに含まれているが、出現ポケモンが登録されていない。ピカチュウ版のイベントは所詮イベントなのでエンカウント率で成り立たないので除外。ブラック2・ホワイト2ではヒウンシティ内に、サン・ムーンではハウオリシティ内にポケモンの出現する草むらがある。