ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

すじがねいり

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

すじがねいりは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

使用する技の対象が相手の特性ちゅうもくのまとサイドチェンジにより変更されない。

説明文

第八世代
あいての わざを ひきうける とくせいや わざの えいきょうを むし できる。
相手の 技を 引き受ける 特性や 技の 影響を 無視 できる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ジュラルドン ライトメタル ヘヴィメタル すじがねいり

こんなときに使おう

ダブルバトルで活躍する特性。フェアリータイプのピッピトゲピー系統が使うこのゆびとまれを無視して隣のポケモンをドラゴンわざで攻撃できる。

特性の仕様

  • 使用するみず/でんき技がよびみず/ひらいしんに引き寄せられることはないが、よびみず/ひらいしんのポケモンに撃った場合は無効化される。
  • 味方がサイドチェンジした後でも選択した味方に技を使用することができる。
  • 相手が1体しか残っていないときに、空白になったスペースに使用される技の対象は自動的に残っている方の相手に移り変わる。
  • 技を選択した対象が場からいなくなった場合、特性の効果は無くなる。技を選択した対象が交代でいなくなると同時にその隣のポケモンがサイドチェンジを使用した場合、サイドチェンジを使用したポケモンに攻撃することになる。

備考

バグ

  • ソード・シールドのバージョン1.1.1まで、この特性のポケモンがねごとまねっこゆびをふるによって対象単体を指定する技を使用する場合、シングルバトルでは成功するが、ダブルバトルでは必ず失敗する。自分が対象のわざ、場を対象とする技や、全体が対象のわざなどは通常通り使用し、アロマミストは自分に使用する。バージョン1.2.0ではこれらの不具合は解消された。
  • ソード・シールドのバージョン1.1.0まで、この特性のポケモンがさいはいを受けて対象単体を指定する技を使用する場合、シングルバトルでは通常通り使用するが、ダブルバトルでは通常とは異なった挙動をする。以下通信対戦開始時リーグカードが左側に置かれるトレーナーをホスト、ホストが最初に左側に繰り出したポケモンをAとする。NPC戦ではプレーヤーがホスト扱いになる。場を対象とする技や、全体が対象のわざなどは正常に使用される。バージョン1.1.1ではこれらの不具合は解消された。
    • Aが場にいない場合、さいはいされた技は正常に使用される。
    • つぼをつくアロマミストてだすけがさいはいされた場合
      • Aが場にいる場合、それが敵であってもAに対して使用する。
      • 自身がAである場合は、アロマミスト・てだすけも含めて自分に使用する。
    • 上記以外の単体を指定する技がさいはいされた場合
      • Aが場にいる場合、敵味方関係なしにAに対して使用する。
      • 自身がAである場合、さいはいされた技は失敗する。
  • 上記のバグは前述したスクリューおびれでも発生する。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 すじがねいり
ドイツ語 Stahlrückgrat
英語 Stalwart
スペイン語 Acérrimo
フランス語 Nerfs d'Acier
イタリア語 Volontà di Ferro
韓国語 굳건한신념
中国語 簡体字 坚毅 Jiānyì
繁体字 堅毅 Gīnngaih

関連項目