Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

どくガス

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
どくガス
第一世代
タイプ どく
分類 変化
威力 -
命中率 55(第四世代まで)
→80(第五世代)
→90(第六世代)
PP 40
範囲 1体選択(第四世代まで)
→敵全体(第五世代)
直接攻撃 ×
パレス ずるい
効果
相手をどく状態にする。
判定
アピールタイプ かしこさ
アピール(RSE) ♡♡♡
妨害(RSE)  
アピール効果(RSE)
自分より前にアピールしたポケモンの☆マークを消す。
アピール(DP) ♡♡♡
アピール効果(DP)
普通にアピール。

どくガスは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:アピールが おわった ポケモンの ちょうしを さげる
  • 第四世代:ポケモンの もつ わざを つかって きほんの えんぎ。

使用ポケモン:覚える方法

第二世代まで

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
緑赤青ピ 金銀ク
ベトベター Lv30 Lv1
ベトベトン Lv1
Lv30
Lv1
スリープ Lv29 Lv31
スリーパー Lv33 Lv33
ドガース × Lv1
マタドガス × Lv1

第三世代以降

ポケモン名 覚える方法
レベルアップ
RSE FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY ORAS
ベトベター Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
ベトベトン Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
スリープ Lv31 Lv21 Lv18 Lv17 Lv17
スリーパー Lv39 Lv21 Lv18 Lv17 Lv17
ドガース Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
マタドガス Lv1 Lv1 Lv1 Lv1
ゴクリン Lv9 Lv9 Lv9 Lv9 Lv8
マルノーム Lv1
Lv9
Lv1
Lv9
Lv1
Lv9
Lv1
Lv9
Lv1
Lv8
スカンプー - Lv4 Lv4 Lv4
スカタンク - Lv1
Lv4
Lv1
Lv4
Lv1
Lv4
ヤブクロン - - Lv1 Lv1
ダストダス - - Lv1 Lv1

対戦

どくどくの方が優れている面が多いため、あまり使用されなかったが、第五世代以降は命中率が上がり、ダブルバトルでは相手全員に当たるようになったので、かなり使いやすくなった。

相手を能動的にどく状態にする技は、これ以外はどくのこなどくびししかない。と同時に、相手を二体以上同時に状態異常にできる技はこれ以外はダークホールフラフラダンスどくびししかない。内もっとも確実性が高く、味方を巻き込まないのがこのどくガスである。

どくびしと異なり手間がかかるものの、ベノムショックでのコンボは効果的。ダブル/トリプルでは相手は攻撃対象を想定する事が難しくなるため、交代読みで毒弱点以外のポケモンにベノムショックでの攻撃ができる。

ポケモンカードゲームにおけるどくガス

相手どくにするワザとして登場。ポケモンによって、ダメージも同時に与える、コイントスが必要、などのバリエーションがある。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるどくガス

探検隊
PP27。正面の敵をどくじょうたいにする。

備考

関連項目