Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。

アクロマ (カードゲーム)

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
アクロマ
種類 サポート
プラズマ団
説明文 自分の手札をすべて山札にもどし、山札を切る。その後、おたがいのベンチポケモンの数ぶん、自分の山札を引く。
イラスト Yusuke Ohmura
Kanako Eo

アクロマはトレーナーのカード。

レアリティ・コレクションナンバー

シリーズ レアリティ コレクションナンバー
プラズマゲイル U(◆) 064/070
プラズマゲイル SR 075/070
プラズマ団パワードデッキ30 014/017
プラズマ団バトルギフトセット 012/016

解説

カード引き直しができるカード。手札にたねポケモンがいるならなるべくたねポケモンを出してから使うと、引ける枚数が増えるうえ、狙ったカードを引ける確率も上がる(単純に引ける枚数が増えるだけでなく、そのカードを山札に戻さないので山札の枚数も減るため)。とはいえ、特定のポケモンを期待して引く場合はベンチを空けておくのも手。

引ける枚数は0から10の間で変動するので、XYシリーズのサナと上手く使い分けたい。

なお、XY6以降はスタジアムスカイフィールドの登場により、スカイフィールドを併用すればこのカードで引ける最大枚数は16になった。

関連項目