ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

アイリスのドリュウズ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ドリュウズ
英語名 Iris's Excadrill
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 古島清孝

アイリスのドリュウズとは、BW編第9話において登場したアイリスのポケモン。

概要

かつてのサトシのリザードンヒカリのマンムー同様に言うことを聞かない。これは、アイリスが幼かった頃にドラゴンマスターのシャガとバトルをして完敗し、自信を無くしてしまったためである。基本的に怠けている。相手が自分よりも強い場合や刺激する場合のみ戦う。性別はオスである。

BW編第33話で、ドリュウズの過去が語られた。元々は、野生のポケモン・モグリューで、ミネズミの巣を奪ったことが切っ掛けで、アイリスが戦いを数回挑んだ。しかし、その度にボロボロになり、シキジカに運ばれていた。10回目の対決で、蹴りが上手く決まり崖に落ちるが、アイリスが助け、彼女のポケモンになる。その時に山籠りし、特訓を積んでから大会に挑戦する。その最中にドリュウズに進化し、見事優勝した。その後にシャガオノノクスと対決する。接近戦を仕掛けるも、いわくだきでダメージを受け、倒された。それ以降、戦う自信を無くし、言うことを聞かなくなった。ラングレーツンベアーに負け、きあいだまを撃てるようになってから再び対決し、その時は引き分けで負けたが、再び心が通じ合ったのだった。

現在使える技

忘れたと思われる技

関連項目