ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

XY編第34話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
森のチャンピオン! ルチャブル登場!!
話数 XY34話
通算話数 840話
放送日 2014年7月10日
主題歌
OP メガV (メガボルト)
ED ピースマイル!
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 武上純希
絵コンテ 末田宜史
演出 末田宜史
作画監督 藤田友

森のチャンピオン! ルチャブル登場!! とはポケットモンスター XY第34話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

コルニと別れたサトシ達は彼女とのジム戦に挑む為、シャラシティに向けて旅を続けていた。その道中、森の中に入った一行は木のうろに木の実を集めているミネズミ、オタチ、パチリスを見かける。一行がその場を通り過ぎようとした時、先ほどの3体が悲鳴を上げる。悲鳴を聞いて戻ってみると3体が木のうろに集めていた木の実を凶暴なリングマが独り占めしようとしていた。リングマから木の実を奪い返そうとサトシとユリーカが前に出たその時、木の上に1体のポケモンが現れた。

そのポケモン・ルチャブルは木の葉でできたマスクを脱ぎ捨てると跳び下りるなり、リングマに突撃。からてチョップととりひざげりの連携で圧倒。そして木の上へ跳び上がると大技・フライングプレスを決めようとするが、直前に決めたポーズのせいで遅れが出てしまい、リングマに避けられてしまう。その戦いが時間稼ぎとなりミズネミ、パチリス、オタチは木の実を取り返したものの、怯んだルチャブルに大岩を手にしたリングマが接近。そこへ割って入ったサトシとピカチュウはリングマを返り討ちにし退散させるのだった。戦いも終わって飛び去っていくルチャブル。そしてサトシも彼の格好良さに心打たれる。

一行は先ほどの戦いで会った男・カナザワの小屋に立ち寄った。森の管理人であるカナザワによるとこの森はかくとうタイプのポケモンがよく集まるらしく、ルチャブルも力試しの為に森を訪れていた。その森の中でルチャブルは数々の強者を相手に勝ち続け、今では「森のチャンピオン」という称号を手にポケモンを虐める悪者を退治しに回っているという。そしてカナザワは失敗しようとも独自の美学を貫く信念を持ったルチャブルの居場所に一行を案内することに。

カナザワと共に一行はルチャブルが特訓の場にしている滝に到着。サトシはルチャブルとフライングプレスの特訓を行い、何度も繰り返すうちに美学とスピードを徹底した技の決め方を思いつく。とそこへ先ほどのリングマがローブシンとカイリキーを連れて滝にやって来る。カナザワによるとカイリキーは森のチャンピオンの前任者であり、ルチャブルに連敗した彼は称号を渡して以来、山中で修行を続けていると囁かれていた。だが、カイリキーはリングマとローブシンに嘘を吹き込まれた事により、ルチャブルの正義感を試そうとリベンジマッチを始める。だが、そのリベンジマッチの裏には…。

イベント

サトシがルチャブルをゲットする。

登場キャラクター

人物

ポケモン

イメージに登場

備考

ポケットモンスター XY一覧
カロス編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93
Z編94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
特別編141 142
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。