アカウント作成関連の適正負荷率のパラメータに誤設定があり、アカウント作成がしにくい状況であったことが判明しました。現在はパラメータの修正済みです。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

うつしえ

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
うつしえ
第九世代
タイプ ノーマル
分類 変化
威力 -
命中率 100
PP 10
範囲 相手1体
優先度 0
直接攻撃 ×
効果
自分と味方全員のポケモンの特性を、対象の特性と同じにする。
判定

うつしえは、ポケモンの技の一種。

説明文

第九世代
相手の本質を とらえて うつしだし 自分と 味方を 相手と 同じ 特性に 変化させる。

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
SV
タギングル
凡例
進:進化時に覚える。

こんなときに使おう

ダブルバトルではなまけなどのデメリットのある特性を持つ味方を、相手と同じ特性に変更できる。

技の仕様

  • 技の対象として味方を選択することはできない。
  • 味方側のポケモンが複数いる場合、トレーナーから見て左側のポケモンから特性を変更する。
  • みがわり状態の相手には防がれる。
  • 味方がみがわり状態やまもる状態であっても特性を変えることはできる。
  • 対象がコピーできない特性であるときは失敗する。
  • 自分か味方のどちらかが上書きできない特性であるときか、すでに対象と同じ特性であるときは、無視してもう片方の特性だけ変更する。上書きできなかった特性の表示は出ない。
    • どちらかがとくせいガードを持っているときは、持っていない方の特性だけ変更できる。このときとくせいガードが発動したことがメッセージで表示される。
    • 自分と味方の特性がどちらも上書きできないか、すでに対象と同じであるとき、技は失敗する。
  • 対象の特性がおうごんのからだであるときは失敗する。味方のおうごんのからだは対象の特性に変えることができる。
  • ゆびをふるで選ばれない。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 うつしえ
ドイツ語 Abpausen
英語 Doodle
スペイン語 Decalcomanía
フランス語 Décalquage
イタリア語 Ricalco
韓国語 베껴그리기 Bekkyeogeurigi
中国語 簡体字 描绘 Miáohuì
繁体字 描繪 Miáohuì

関連項目