ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

ジュペッタ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ジュペッタ
Juppeta
英語名 Banette
全国図鑑 #354
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #147
シンオウ図鑑 #-
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #211
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #123
新ホウエン図鑑 #152
アローラ図鑑 #-
メレメレ図鑑 #-
アーカラ図鑑 #-
ウラウラ図鑑 #-
ポニ図鑑 #-
新アローラ図鑑 #317
新メレメレ図鑑 #-
新アーカラ図鑑 #-
新ウラウラ図鑑 #138
新ポニ図鑑 #-
分類 ぬいぐるみポケモン
タイプ ゴースト
たかさ 1.1m
おもさ 12.5kg
とくせい ふみん
おみとおし
隠れ特性 のろわれボディ
図鑑の色
メガジュペッタ
たかさ 1.2m
おもさ 13.0kg
とくせい いたずらごころ
タマゴグループ ふていけい
タマゴの歩数 25サイクル
  • 第三世代: 6656歩
  • 第四世代: 6630歩
  • 第五世代以降: 6425歩
獲得努力値 攻撃+2
基礎経験値
  • 第四世代以前: 179
  • 第五・第六世代: 159
  • 第七世代: 159
最終経験値 800000
性別 50% ♂ ・ 50% ♀
捕捉率 45
初期なつき度 35
外部サイトの図鑑

ジュペッタとはぜんこくずかんのNo.354のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ルビー・サファイアメガジュペッタについてもここで述べる。

進化

ポケモンずかんの説明文

ルビー
じぶんの からだを はりで キズつける とき つよい のろいの エネルギーが はっせいする。もとは すてられた かわいそうな ぬいぐるみ。
サファイア
すてられた ぬいぐるみの わたに のろいの エネルギーが しみこんで ポケモンに なった。くちを あけると エネルギーが にげてしまう。
エメラルド
すてられた ぬいぐるみが ポケモンに なった。ゴミすてばを すみかにして すてた こどもを さがして あるきまわると いわれている。
ファイアレッド・リーフグリーン
つよい おんねんが ぬいぐるみを ポケモンに かえた。くちを あけると のろいの エネルギーが にげていく。
ダイヤモンド・パールプラチナブラック・ホワイト
すてられた ぬいぐるみに おんねんが やどり ポケモンになった。じぶんを すてた こどもを さがしている。
(漢字) 捨てられた ぬいぐるみに おんねんが 宿り ポケモンになった。自分を 捨てた 子供を 捜している。
ハートゴールド・ソウルシルバー
すてられた ぬいぐるみに おんねんが たまって ポケモンに なった。うすぐらい ろじうらで みかける。
ブラック2・ホワイト2
すてられた ヌイグルミに うらみが たまって ポケモンに なった。じぶんをすてた こどもを さがすぞ。
(漢字) 捨てられた ヌイグルミに 恨みが たまって ポケモンに なった。自分を捨てた こどもを 探すぞ。
ウルトラサン
すてられた ヌイグルミに おんねんが やどった。 じぶんを すてたものを さがし ふくしゅうする つもりだ。
捨てられた ヌイグルミに 怨念が 宿った。 自分を 捨てた者を 探し 復しゅうする つもりだ。
ウルトラムーン
すてられた おんねんで うまれる。 たいせつに されると まんぞくして もとの ヌイグルミに もどるという。
捨てられた 怨念で 生まれる。 大切に されると 満足して 元の ヌイグルミに 戻るという。

種族値

通常

第3世代以降

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 64
 
124 - 171 238 - 332
こうげき 115
 
108 - 183 211 - 361
ぼうぎょ 65
 
63 - 128 121 - 251
とくこう 83
 
79 - 148 153 - 291
とくぼう 63
 
61 - 126 117 - 247
すばやさ 65
 
63 - 128 121 - 251
合計 455
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

メガジュペッタ

種族値 能力値の範囲(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP 64
 
124 - 171 238 - 332
こうげき 165
 
153 - 238 301 - 471
ぼうぎょ 75
 
72 - 139 139 - 273
とくこう 93
 
88 - 159 171 - 313
とくぼう 83
 
79 - 148 153 - 291
すばやさ 75
 
72 - 139 139 - 273
合計 555
 
能力の最小値
個体値0・努力値0・能力が成長しにくいせいかくで計算
能力の最大値
個体値31・努力値252・能力が成長しやすいせいかくで計算

ダメージ倍率

ノーマル: 0%
かくとう: 0%
ひこう: 100%
どく: 50%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 50%
ゴースト: 200%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 200%
フェアリー: 100%

さかさバトル

ノーマル: 200%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 200%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 200%
ゴースト: 50%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 50%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

ジュペッタ/第六世代以前のおぼえるわざも参照。

レベルアップわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
SM/USUM わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
1 ゴーストダイブ ゴースト 物理 90 100% 10
1 はたきおとす あく 物理 65 100% 20
1 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
1 ナイトヘッド ゴースト 特殊 100% 15
1 うらみ ゴースト 変化 100% 10
4 いやなおと ノーマル 変化 85% 40
7 ナイトヘッド ゴースト 特殊 100% 15
10 うらみ ゴースト 変化 100% 10
13 かげうち ゴースト 物理 40 100% 30
16 おにび ほのお 変化 85% 15
19 だましうち あく 物理 60 —% 20
22 たたりめ ゴースト 特殊 65 100% 10
26 のろい ゴースト 変化 —% 10
30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
34 さしおさえ あく 変化 100% 15
40 ふいうち あく 物理 70 100% 5
46 よこどり あく 変化 —% 10
52 おんねん ゴースト 変化 —% 5
58 トリック エスパー 変化 100% 10
64 ゴーストダイブ ゴースト 物理 90 100% 10
太字のわざはタイプ一致です。

わざひでんマシンわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざマシン わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
わざマシン04 めいそう エスパー 変化 —% 20
わざマシン06 どくどく どく 変化 90% 10
わざマシン10 めざめるパワー ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン11 にほんばれ ほのお 変化 —% 5
わざマシン12 ちょうはつ あく 変化 100% 20
わざマシン15 はかいこうせん ノーマル 特殊 150 90% 5
わざマシン17 まもる ノーマル 変化 —% 10
わざマシン18 あまごい みず 変化 —% 5
わざマシン21 やつあたり ノーマル 物理 100% 20
わざマシン24 10まんボルト でんき 特殊 90 100% 15
わざマシン25 かみなり でんき 特殊 110 70% 10
わざマシン27 おんがえし ノーマル 物理 100% 20
わざマシン29 サイコキネシス エスパー 特殊 90 100% 10
わざマシン30 シャドーボール ゴースト 特殊 80 100% 15
わざマシン32 かげぶんしん ノーマル 変化 —% 15
わざマシン41 いちゃもん あく 変化 100% 15
わざマシン42 からげんき ノーマル 物理 70 100% 20
わざマシン44 ねむる エスパー 変化 —% 10
わざマシン45 メロメロ ノーマル 変化 100% 15
わざマシン46 どろぼう あく 物理 60 100% 25
わざマシン48 りんしょう ノーマル 特殊 60 100% 15
わざマシン56 なげつける あく 物理 100% 10
わざマシン57 チャージビーム でんき 特殊 50 90% 10
わざマシン61 おにび ほのお 変化 85% 15
わざマシン63 さしおさえ あく 変化 100% 15
わざマシン65 シャドークロー ゴースト 物理 70 100% 15
わざマシン66 しっぺがえし あく 物理 50 100% 10
わざマシン68 ギガインパクト ノーマル 物理 150 90% 5
わざマシン73 でんじは でんき 変化 90% 20
わざマシン77 じこあんじ ノーマル 変化 —% 10
わざマシン83 まとわりつく むし 特殊 20 100% 20
わざマシン85 ゆめくい エスパー 特殊 100 100% 15
わざマシン87 いばる ノーマル 変化 85% 15
わざマシン88 ねごと ノーマル 変化 —% 10
わざマシン90 みがわり ノーマル 変化 —% 10
わざマシン92 トリックルーム エスパー 変化 —% 5
わざマシン97 あくのはどう あく 特殊 80 100% 15
わざマシン99 マジカルシャイン フェアリー 特殊 80 100% 10
わざマシン100 ないしょばなし ノーマル 変化 —% 20
太字のわざはタイプ一致です。

タマゴわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP
[200][429][355][356][477][358]
[425][426][562][563][607][608]
[708][709][710][711][769][770]
[778]
おどろかす ゴースト 物理 30 100% 15
[092][093][094][200][355][356]
[477][442][607][608][609][708]
[709][710][711]
あやしいひかり ゴースト 変化 100% 10
[092][093][094][109][110][202]
[562][563][708][709]
みちづれ ゴースト 変化 —% 5
[088][088A][089][089A][355][356]
[477][562][563]
かなしばり ノーマル 変化 100% 20
[355][356][477] みやぶる ノーマル 変化 —% 40
[088][088A][089][089A][316][317] ダストシュート どく 物理 120 80% 5
[280][281][282][607][608] ふういん エスパー 変化 —% 10
[425][426][442][562][563][592]
[593]
あやしいかぜ ゴースト 特殊 60 100% 5
[354][355][426][708][709][711] ゴーストダイブ ゴースト 物理 90 100% 10
[355][356][477][442] おいうち あく 物理 40 100% 20
[353][354][355][356][477][442]
[710][711][778]
かげうち ゴースト 物理 40 100% 30
太字のわざはタイプ一致です。

人から教えてもらえるわざ

第七世代 (その他の世代: 3-6)
わざ タイプ 分類 威力 命中 PP SM USUM
サイドチェンジ エスパー 変化 —% 15 -
イカサマ あく 物理 95 100% 15 -
ダストシュート どく 物理 120 80% 5 -
こごえるかぜ こおり 特殊 55 95% 15 -
はたきおとす あく 物理 65 100% 20 -
マジックコート エスパー 変化 —% 15 -
マジックルーム エスパー 変化 —% 10 -
いたみわけ ノーマル 変化 —% 20 -
なりきり エスパー 変化 —% 10 -
でんげきは でんき 特殊 60 —% 20 -
スキルスワップ エスパー 変化 —% 10 -
よこどり あく 変化 —% 10 -
いびき ノーマル 特殊 50 100% 15 -
うらみ ゴースト 変化 100% 10 -
テレキネシス エスパー 変化 —% 15 -
じごくづき あく 物理 80 100% 15 -
トリック エスパー 変化 100% 10 -
太字のわざはタイプ一致です。

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ル・サ・エ Lv.37 カゲボウズを進化させる。 Lv.37 カゲボウズを進化させる。
FR・LG × 入手不可 Lv.37 カゲボウズを進化させる。
ダイ・パ・プラ・HG・SS Lv.37 カゲボウズを進化させる。 Lv.37 カゲボウズを進化させる。
B・W Lv.37 カゲボウズを進化させる。 Lv.32 B2W2から通信
B2・W2 Lv.32 ストレンジャーハウス Lv.32 B2W2内で通信

備考

アニメにおけるジュペッタ

マンガにおけるジュペッタ

ポケモンカードにおけるジュペッタ

ジュペッタの歴史

第三世代

当時はシャドーボールが仕様により物理技として扱われており、素の火力としては最も恵まれていた時期とも言える。この世代はおにびが普及していなかったのでレベルアップでそれを覚える点でも貴重であった。といっても計算上は物理耐久がオニドリル以下であり特殊耐久がラッタ以下であるという点が祟り、ケンタロスカビゴンといった高火力物理アタッカーが活躍しておりガラガラも現役であった通常環境では如何ともし難かった。ケンタロスやカビゴンなどのノーマルタイプは流せるため一見有利だが、ゲンガーと異なりじしんは等倍で受けてしまうため、同じ低耐久のゴーストタイプとしては火力、速度、耐性でゲンガーに劣る状況となった。技範囲の狭さも甚だしく、物理技はめざめるパワーを考慮しなければノーマルゴーストのみ、特殊技もこおりでんきエスパーしかなかった。

コンテストではだましうちのろいうらみみちづれ(みちづれはソーナンスから遺伝し、後はレベルアップで習得)という技構成にする難無く勝つことができ、アピールタイプが合わなくてもマスターランクで優勝できるほどである。

第四世代

物理特殊の分化によるシャドーボールの弱体化、おにびの普及による他のゴーストタイプとの差別化の困難化など逆風が吹いた。サマヨールが進化形のヨノワールを獲得し、対となるゴーストポケモンに差を付けられたのも痛かった。一方でかげうちふいうちなどの先制技、トリックのような優秀な補助技を獲得し、強化を得た面はある。通常特性におみとおしが追加され、玄人好みの色を帯びるに至った。

第五世代

ゴーストタイプの通常ポケモン中最高であった攻撃の種族値をゴルーグに抜かれた。サマヨールがしんかのきせきによって一躍一線級になったため、ますます対となる存在に水を開けられた。PDW技としてコットンガードを獲得したが、コットンガード耐久型として育てるとエルフーンに劣ってしまうのが悩ましかった。

第六世代

はたきおとすの仕様変更による実用化、ダストシュート命中率見直しが技に関する変更点。さらにメガシンカを獲得し、火力だけなら一線級となった。しかし特性おみとおしの普及によりジュペッタの強みが相対的に薄れ、またメガジュペッタ自体俊足ではなくエルフーンボルトロスなどといったいたずらごころ持ちとのミラーマッチには弱いことからメガシンカによる特性変化で有利に立ち回れるとも言い難かった。通常環境はおろか、2015年1月に開催されたホウエン図鑑限定戦の「Battle of Hoenn」でも各カテゴリの使用率ベスト30選外と活躍できなかった。強いて活躍したと言えば、2014年10月に開催された第三世代に新登場したポケモンのみによる限定戦のダブルバトル「ホウエンポケモン ニコニコマッチ」ではジュニアカテゴリで使用率26位を、マスターカテゴリで19位を記録した程度。ダブルバトルではまもるが必須技である関係上かなしばりとコンボを構成にそれほど負荷をかけずに行うことが可能であり、かなしばりによる起点作りでこの限定戦における採用実績を作った。いずれにせよ、ゴーストタイプの不遇ポジションは脱し、対戦でもそれなりに採用されるようになった。

PGLレーティングバトル統計データを見ると、XYリーグではみちづれおにびシャドークローがシングルバトルで好んで使われたが、ORASリーグでは1ターン分のアドバンテージがダメージの総量を増やすという発想が浸透したためか主流技の1つであるシャドークローがしばしばかげうちに入れ替えられていた。性格は火力が出るいじっぱりが最も母数を伸ばし、次いでメガリザードンYメガゲンガーの攻撃を耐えることによる役割遂行のためにしんちょうが好まれた。

第七世代

メガシンカしたターンにもメガシンカ後の素早さが適用されるよう仕様変更され、いたずらごころのミラーマッチには強くなった。一方でいたずらごころによる優先度+の掛かった変化技があくタイプに無効になるという弱体化を受ける。また、みちづれが連続使用時に確実に失敗するようになり、これらのことからメガジュペッタの勝ち筋は大きく縛られるようになった。第六世代では搭載率ベスト4に入る技がほとんどみちづれおにびまもるシャドークローorかげうちで固定であったが、メガシンカの仕様変更によるまもるの需要の低下とみちづれの弱体化によって統計データからもこれと云った技構成の傾向が掴めなくなっていった。仕様変更による弱体化により却って構成の自由度が増し、型が読みづらくなったのが最大の強化という皮肉な結果となった。型が読みづらくなったというのもSMリーグでの話であり、USUMリーグではみちづれかげうちダストシュートちょうはつという構成が一般化し、特にみちづれの採用率は100%近くとなった。いたずらごころが弱体化したといっても、結局のところメガジュペッタを使うならいたずらごころ+みちづれという唯一無二の個性を生かすしかないのが実情。

一般的な育成論

ゴルーグギラティナオリジンフォルムには劣るがゴーストタイプ中No.3の攻撃を誇る。しかし技が非常に少ない。物理アタッカーで育てるのがよい。特性はどちらも優秀。

攻撃技にはシャドークローかげうちふいうちすてみタックルなどが候補。

BWにてダストシュートを習得。ふみんとゴーストタイプであることもあり、キノガッサにとことん強い一体である。ただし範囲が狭く、命中も不安ではある。

他にもトリックでこだわり系のアイテムを押し付け、かなしばりで行動不能にするコンボも有名。みちづれトリックルームおにびでんじはなどを駆使するのも手。シリアルナンバーで手に入れた個体ならコットンガードもいい。溜めが必要だが、第六世代で登場したゴーストダイブも採用技の候補に加わる。

隠れ特性はのろわれボディ。ダメージを受けた時に相手の技を封じることができる。

メガジュペッタ

第六世代でメガシンカできるポケモンの一匹。対になっていたサマヨール第四世代でさらなる進化系を手に入れていたため、対等な関係に近づいた。

特性いたずらごころのおかげで、みちづれでんじはかなしばりおにびなどを始めとした補助技を先手で打てるようになった。ただしメガストーンの仕様上、トリックなどの道具移動はできなくなった。さらにメガシンカの仕様上、メガシンカした最初のターンはいたずらごころが適用されない。まもるを使ってやり過ごす、シャドークローかげうちで攻める等の一手間がないと折角のメガシンカを生かす事ができないため、メガシンカできるポケモンの中では扱いが難しい部類に入る。ダブル/トリプルバトルでは他のポケモンとのコンビネーションが必要不可欠である。

基本的にいたずらごころを利用した戦術が多いが、元々高い攻撃がさらに上昇するため、タイプ一致のシャドークローやゴーストダイブ、相手が持ち物を持っているときのはたきおとすの火力は凄まじいものになる。このため、かげうちやふいうちといった先制技を絡めたアタッカー寄りの戦術にすることもある。

なお、メガシンカ前提ならば特性はおみとおし推奨。ふみんがあれば最初のターンに相手のわざで眠らされる事は無いが、どのみちいたずらごころを適用させるためにまもるを使うため、眠らされる事は無い。

関連項目

各言語版での名称と由来

言語 名前 由来
日本語 ジュペッタ
英語 Banette
ドイツ語 Banette 英語に同じ
フランス語 Branette
韓国語 다크펫
中国語(普通話・台湾国語) 诅咒娃娃
ポーランド語 Banette 英語に同じ
この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。