ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

やどりぎのタネ (状態変化)

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

やどりぎのタネとは、ポケモンの状態変化の一つ。

やどりぎのタネの効果

  • 毎ターン最大HPの1/8(第一世代では1/16)が減り、相手のHPがその分回復する(小数点は切捨て)。

やどりぎのタネの発生

相手に発生

やどりぎのタネの回復

やどりぎのタネの予防

説明文

第七世代第八世代
ターンの さいごに やどりぎによって HPを うばいとられ あいてを かいふくする。
ターンの 最後に やどりぎによって HPを 奪い取られ 相手を 回復する。

備考

ダメージ効果

  • ダメージ効果は交代により無くなる。
  • 回復効果を受けるポケモンがいない場合、ダメージ効果も発生しない。
  • 第一世代ではどく状態と同じパラメータを参照してやどりぎのタネのダメージを計算していた。このためもうどく状態と重複する場合、もうどくとやどりぎのダメージを受けるたびに双方のダメージが1/16ずつ増加していた。
    • ダメージを受ける側からすれば1ターンに2回もうどくのダメージが発生しているに等しい。例えばもうどくでそのターンに2/16のダメージを受けた場合、その直後にやどりぎで3/16のダメージを受ける。
    • もうどくを治しても、やどりぎのタネのダメージはそのままであり、次のターン以降も増え続ける。
  • 第一世代のみ、回復する量は相手の最大HPに対する割合で決定される。このため、吸収する側は相手の残りHPに関係なく常に決まった量を回復できる。
    • どくやもうどくなど重複する場合、状態異常のダメージが発生した時点でHPが1以上あれば、やどりぎのダメージ計算も必ず行われる。状態異常のダメージで残りHPが0になった場合でも、引き続きやどりぎによるHP吸収を行った上でダメージを受けたポケモンがひんしになる。
  • くさタイプのポケモンはやどりぎのタネ状態にならないが、やどりぎのタネ状態のポケモンが後からくさタイプになっても、やどりぎのタネ状態は治らずにHPを吸収される。
  • ダメージ効果はバトンタッチで引き継がれる。
    • くさタイプや特性そうしょくのポケモンに引き継いでも、HPを吸われる効果は残る。
    • ダメージ量は、現在やどりぎのタネ状態のポケモンの最大HPに依存する。
  • 特性マジックガードのポケモンはダメージを受けない。HPを回復されることもない。
  • 複数のポケモンがやどりぎのタネ状態の場合、すばやさが高いポケモンのやどりぎのタネ状態から処理される。やどりぎのタネ状態になっている一番すばやいポケモンのダメージと回復の1セットが完了すると次に速いポケモンのダメージと回復が処理される。やどりぎのタネで回復される側のすばやさは関係ない。
  • やどりぎのタネ状態のポケモンの最大HP量がレベルアップ・スワームチェンジにより変化した場合、ダメージ量も変化する。
  • 最大HPがダイマックスによって変化した場合は、ダメージ量はダイマックス前の最大HPの1/8のまま変化しない。

回復効果

  • やどりぎのタネを使ったポケモンが交代してもHPを回復する効果が続く。
  • ダブルバトル以上において、回復するのはやどりぎのタネを使ったポケモンと同じ位置にいるポケモンのみ。
    • その位置にポケモンがいないときでも回復位置は移動せず、ダメージ効果も発動しない。
    • サイドチェンジでポケモンの位置が変わった場合も回復する位置は変わらない。
    • コートチェンジでは回復する位置は変わらない。
  • おおきなねっこを持っているポケモンは、相手のやどりぎのタネ状態によるHP回復量が1.3倍になる。ダメージは変化しない。
    • やどりぎのタネの使用者がおおきなねっこを持っているかは関係しない。
  • 特性ヘドロえきのポケモンが、やどりぎのタネ状態でダメージを受けた場合、HPは吸われるが、相手は回復せず同じだけのダメージを受ける。
  • かいふくふうじ状態のポケモンは、相手がやどりぎのタネ状態のダメージを受けても、HPを回復できない。
  • 回復する量は「実際に吸われて減少した分のHP」であるため、やどりぎのタネ状態で吸われているポケモンの最大HPが高ければ高いほど回復量は増える。
    • ダメージを受けるポケモンの最大HPが、回復するポケモンの(最大HP-1)の8倍以上ある場合、1回の吸収でHPが全回復する。
    • 回復量から相手の最大HPを推定できる。そこからおおよそのHPに振られた努力値の目安を付けることもできる。
  • 味方にやどりぎのタネを使い、サイドチェンジで位置を変えた場合、自分のやどりぎで受けたダメージを自分で回復する。このときダメージでHPが0になると回復の前にひんしになる。
  • 第七世代以降のじょうきょう画面ではダメージ効果が発生するポケモンにのみやどりぎのタネ状態の表記が付き、回復効果を受ける位置は表示されない。

関連項目