ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

マグニチュード

提供: ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動
マグニチュード
第二世代
ソード・シールドで使用不可
タイプ じめん
分類 物理
威力 -
命中率 100
PP 30
範囲 自分以外の全員
優先度 0
直接攻撃 ×
効果
威力がランダムで10、30、50、70、90、110、150のいずれかになる。
あなをほる状態のポケモンにも命中し、2倍のダメージを与える。
グラスフィールド状態の影響を受けている相手に対しては、威力が半減する。
判定
Zワザ威力 140
パレス たたかう
アピールタイプ たくましさ
アピール (RSE)
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
会場のエキサイト度が0の時1個、1の時2個、2の時3個、3の時5個、4の時6個ハートが追加される。
アピール(DPt) ♡♡
アピール効果(DPt)
ターンの最後に演技すると、ハートが2つ追加される。
アピール(ORAS)
妨害 (ORAS)  
アピール効果(ORAS)
会場のエキサイト度が0の時1個、1の時2個、2の時3個、3の時5個、4の時6個ハートが追加される。

マグニチュードは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

第二世代
じめんを ゆらして てきを こうげき ダメージは ランダムで かわる
ルビー・サファイアエメラルド
じめんを ゆらして てきを こうげき ダメージは ランダムで かわる
ファイアレッド・リーフグリーン
じめんを ゆらして たっている あいてを こうげきする。ダメージの りょうが いろいろ かわる。
第四世代
じめんを ゆらして まわりに いるものを すべて こうげきする。わざの いりょくは いろいろ かわる。
第五世代第六世代第七世代
じめんを ゆらして じぶんの まわりに いるものを こうげきする。 わざの いりょくは いろいろ かわる。
(漢字) 地面を 揺らして 自分の 周りに いるものを 攻撃する。技の 威力は いろいろ 変わる。
第八世代
このわざは つかえません おもいだすことが できなくなりますが わざを わすれることを おすすめします
(漢字) この技は 使えません 思い出すことが できなくなりますが 技を 忘れることを おすすめします

コンテストわざ

第三世代
かいじょうが もりあがっている ほど アピールが きにいられる
第四世代
その ターンで いちばん さいごに えんぎをすると +2。
第六世代
かいじょうが もりあがっている ほど アピールが きにいられる
(漢字) 会場が 盛り上がっている ほど アピールが 気に入られる

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 ソフト
金銀ク RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM ピカブイ
サンド × × × 17B2W2 17XY
14ORAS
14 ×
サンドパン × × × 17B2W2 17XY
14ORAS
14 ×
ディグダ 9 9 12 15 15 14 ×
ディグダ
(アローラのすがた)
- - - - - 14 ×
ダグトリオ 1, 9 9 12 15 15 14 ×
ダグトリオ
(アローラのすがた)
- - - - - 14 ×
イシツブテ 16 16 15 15 15XY
12ORAS
12 ×
ゴローン 16 16 15 15 15XY
12ORAS
12 ×
ゴローニャ 1, 16 16 15 15 15XY
12ORAS
12 ×
ドンファン × × 16 16 16XY
30ORAS
30 -
ドンメル - 19 11 11BW
8B2W2
8XY
12ORAS
12 -
バクーダ - 1, 19 1, 11 1, 11BW
1, 8B2W2
1, 8XY
12ORAS
12 -
ドジョッチ - 16 26 26 26XY
20ORAS
20 -
ナマズン - 16 26 26 26XY
20ORAS
20 -
ゴビット - - - 25 25 30 -
ゴルーグ - - - 25 25 30 -

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
2 3 4 5 6 7
ベロリンガ ベロベルト
サイホーン サイドン
ドサイドン
ノズパス - ダイノーズ
ジーランス - -
ポカブ - - - チャオブー
エンブオー
ダンゴロ - - - ガントル
ギガイアス
ドロバンコ - - - - - バンバドロ

こんなときに使おう

主にじめんタイプのポケモンが序盤に覚える。威力の下限が10と非常に低い一方、じしんを越える威力になる確率も15%という非常に運要素が強い技である。威力の期待値は71になるため、序盤の技としてはそれなりに高威力技の部類になる。ストーリーで中盤や終盤にじしんを覚えるまでの間使うことになるが、威力の不安定な点が気になる場合、あなをほるじならしなどのわざマシンが入手できたら切り替える手もある。

ポケモンカードゲームにおけるマグニチュード

おたがいのベンチポケモン全員にも少しずつダメージを与える攻撃ワザとして登場する。じしんとは異なり、相手のベンチポケモンにもダメージを与えられる。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるマグニチュード

敵ポケモンではねっすいのどうくつに出現するドンメルなどが使ってくる。じしんの方が威力が安定するため採用されることは少ないが、低レベルだと脅威である。

アニメにおけるマグニチュード

ポケモン エフェクト
使用者 初出話 備考
ゴローニャ 茶色いオーラを纏い、ジャンプしてから着地し地震を起こす。
シゲル 無印編第270話 わざの初出

技の仕様

  • 攻撃時に表示されるマグニチュード数により、威力が分かる。
マグニチュード 威力 発動率
第二世代 第三世代以降
4 10 14/256(≒5.47%) 5%
5 30 25/256(≒9.77%) 10%
6 50 51/256(≒19.92%) 20%
7 70 77/256(≒30.08%) 30%
8 90 51/256(≒19.92%) 20%
9 110 25/256(≒9.77%) 10%
10 150 13/256(≒5.08%) 5%
  • あなをほる状態のポケモンにも命中し、その場合はダメージが2倍になる。
    • 第四世代では威力が2倍になる効果だった。この補正はテクニシャンの判定前にかかるため、あなをほる状態のポケモンへの攻撃でマグニチュード6(威力50)だった場合はテクニシャンによる1.5倍補正がかからない。
    • 第五世代以降はダメージ計算の最後にダメージが直接2倍される効果となっている。
  • グラスフィールド状態の影響を受けている相手に対しては威力が半減する。
    • マグニチュードの威力が決まり、テクニシャンの補正を受けるか判定された後にグラスフィールドによる補正がかかる。
    • 基本的に、じめん技が当たる相手は地面にいてグラスフィールドの影響も受けているため、ほとんどのケースでマグニチュードの威力はグラスフィールドで半減することになる。ただし、あなをほる状態の相手に当てたときや、他の姿を隠している相手に当てることができたとき、ひこうタイプがねらいのまとを持っていたとき、そうでんでマグニチュードのタイプが変わって地面にいない相手に当てることができたときなどは、グラスフィールドでも威力は半減しない。
    • 相手の特性ふゆうかたやぶりで無視した場合は、相手は地面にいる扱いになるのでグラスフィールドで威力が半減する。
  • 特性おやこあいのポケモンが使用した場合、マグニチュードの威力自体は親と子で同じとなる。おやこあいの効果で子のダメージは減少する。
  • スカイバトルでは使用できず、ゆびをふるなどでこのわざが選ばれた場合失敗する。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 マグニチュード
英語 Magnitude
ドイツ語 Intensität
フランス語 Ampleur
イタリア語 Magnitudo
スペイン語 Magnitud
韓国語 매그니튜드
中国語(普通話・台湾国語) 震级

関連項目

じめんタイプの攻撃技
*1威力が変更された技 *2特定の持ち物を持たせる必要がある *3専用技 *4Zワザ *5ダイマックスわざ
物理 威力 特殊
20 どろかけ
ボーンラッシュ 25
すなじごく*1 35
ホネブーメラン*3 50
55 マッドショット
じならし 60 めざめるパワー*1
ホネこんぼう*3 65 どろばくだん
70 ねっさのだいち
じだんだ 75
あなをほる*1 - ドリルライナー 80
グランドフォース*3 - サウザンアロー*3
サウザンウェーブ*3
90 だいちのちから*1
10まんばりき 95
じしん 100 さばきのつぶて*2*3
だんがいのつるぎ*3 - マルチアタック*1*2*3 120
しぜんのめぐみ*1*2 - マグニチュード
ライジングランドオーバー*4 - ダイアース*5
キョダイサジン*3*5
不定 ライジングランドオーバー*4 - ダイアース*5
キョダイサジン*3*5
じわれ ダメージ
固定