ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスター 青

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
ポケットモンスター青
ジャンル RPG
プレイ可能人数 通常は1人、対戦時2人
発売元 任天堂
開発元 ゲームフリーク
発売日
日本 1996年10月15日(限定)
1999年10月10日(一般)
アメリカ 未発売
イギリス 未発売
ドイツ 未発売
その他
公式サイト

株式会社ポケモン

ポケットモンスター 青(-あお)とは、任天堂が発売したポケットモンスターシリーズのこと。ポケットモンスター 赤・緑の人気を受けて小学館月刊コロコロコミックなどの限定で発売されたソフトである。

当初のリリースは雑誌上の通販による限定発売という形であったが、数万という応募が殺到し、小学館での処理作業がパンクし、購入希望者から非難を浴びたという逸話がある。その後ローソンなどで追加の販売も行われたが、一般発売されるまでの一時期中古相場が高騰し、1万円前後で取引されたこともあったという。

パッケージにはカメックスが描かれている。タイトル画面では主人公がモンスターボールを持っており、その横で各ポケモンが次々に入れ替わっていく。最初に登場するポケモンはゼニガメである。

ゲームの詳細についてはポケットモンスター 赤・緑を参照してください。

ハードなどのデータ

  • 型番:DMG-APEJ-JPN
  • 発売日:1996年10月15日
  • 一般発売日:1999年10月10日
  • 対応機種:ゲームボーイおよび互換機
  • 新品価格:3,900円→3,000円
  • 売上:201万本
  • ROM容量:4Mbit(512KB)

ほかのバージョンとの違い

出現ポケモンのほかに、メッセージやポケモン図鑑の説明文、ポケモンや看板などのグラフィック、ゲーム中のトレーナーとの交換条件、ななしのどうくつなどが異なっている。オープニングのデモシーンでゲンガーと戦っているポケモンがニドリーノからプリンに変更された。

また、ゲーム本編とは関係無いが、エンディング後のクレジットに「小学館」が入っている。

この元のソフトとこのマイナーチェンジの関係性は、ほかのソフトの関係とは、ストーリーが一切変わらない点で異なる。赤・緑ピカチュウ金・銀クリスタルルビー・サファイアエメラルドダイヤモンド・パールプラチナ、この3つの関係はストーリーなどに違いがある。

備考

  • 左右のハサミのサイズが同じキングラー、横向きのパルシェンのように公式イラストと大きく違うもの、嫌らしい目付きで舌を出しているゴルバット、アップ顔のナッシーなど、独特なポケモンのグラフィックが度々ネット上で話題に挙がる。
  • コロコロコミックでの通販による限定版と、3年後の一般販売版はソフトには一切差異は無い。唯一違うのが、パッケージの裏にバーコードがついているかいないかである。
  • 青バージョンの海外版は発売されていない。後のピカチュウバージョンは海外版が存在するが、第一世代のうちでこれだけが発売されなかった理由は公式には語られていない。
    • ただし、日本国内版で言うところの緑バージョンにあたるものが「Blue」の名を冠してタイトル画面にゼニガメが出てくるものであり、海外版赤・緑ともにゲーム内容も日本国内版の青がベースになっているため、内容がかぶってしまっているという事情があるためこの理由と思われる。
  • これの販売およびミュウのプレゼントに申し込みが殺到したことが、任天堂がメディアミックス路線へと舵を切る理由のひとつとなったとされている。

関連項目