ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

劇場版ポケットモンスター 幻のポケモン ルギア爆誕(げきじょう - まぼろし - ばくたん 英語名は、Pocket Monster Revelation Lugia)は、テレビアニメ「ポケットモンスター」の映画版第2作目である。同時上映作品は「ピカチュウたんけんたい」であった。

概要

興行収入53億円、1999年邦画興行成績第1位を記録。 日本では1999年7月17日に公開され、地上波は2000年7月5日初放送。

コロコロコミックなどは、ルギアの名前を直前まで明らかにせず、「X」という名前で取り扱っていた。 ルギアのゲーム登場がからなので致し方ないといえるが、その後の新世代のポケモンがタイトルになっている作品(2002年長編2005年2006年2010年)では映画とゲームが連動する形で扱われていることを考えると、本作の措置は異色だった。


この項目にはネタバレがふくまれています。

あらすじ

この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

主な登場キャラクター

その他

  • 環境破壊が主なテーマである。
  • 映画の中でオーキド博士フリーザーファイヤーサンダーがアミノ酸形成に関わっていることを述べていた。これはユーリー - ミラーの実験を元にしていると思われる。
  • キャッチコピーは「命をかけて、かかってこい!!」であり、予告編でもルギアが同じ台詞を言っているが、本編の台詞にはなく、それを思わせる展開も存在しなかった。後にゲーム『ポケモン不思議のダンジョン』ではルギアがこの台詞を言っている。
  • 劇中でフルーラがサトシを気に入り、カスミがや焼きもちをやく描写があるが脚本を担当した首藤剛志はこの件に関してはカスミの存在感を目立たせるために用意したフェイクであり、「カスミはサトシに対して、恋愛感情など持っていない」と明言している。
  • 劇中の「アーシア島がオレンジ諸島の果て」というセリフは ゲーム作品『ポケットモンスター金銀』の発売が99年9月発売を予定していたためオレンジ諸島編が夏いっぱいで終わることを前提とした台詞である。 

関連項目


劇場版ポケットモンスター

ミュウツーの逆襲 | 幻のポケモン ルギア爆誕 | 結晶塔の帝王 ENTEI | セレビィ 時を超えた遭遇 | 水の都の護神 ラティアスとラティオス | 七夜の願い星 ジラーチ | 裂空の訪問者 デオキシス | ミュウと波導の勇者 ルカリオ | ポケモンレンジャーと蒼海の王子 マナフィ| ディアルガVSパルキアVSダークライ | ギラティナと氷空の花束 シェイミ | アルセウス 超克の時空へ | 幻影の覇者 ゾロアーク | ビクティニと黒き英雄 ゼクロム | ビクティニと白き英雄 レシラム | キュレムVS聖剣士 ケルディオ | 神速のゲノセクト ミュウツー覚醒 | 破壊の繭とディアンシー

同時上映

ピカチュウのなつやすみ | ピカチュウたんけんたい | ピチューとピカチュウ | ドキドキかくれんぼ | ピカピカ星空キャンプ | おどるポケモンひみつ基地 | メロエッタのキラキラリサイタル | ピカチュウとイーブイ☆フレンズ | ピカチュウ、これなんのカギ?