第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

あまのじゃく

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

あまのじゃくは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

能力変化のアップダウンが逆になる。

説明文

第五世代第六世代
能力の 変化が 逆転する。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ツボツボ がんじょう くいしんぼう あまのじゃく
パッチール マイペース ちどりあし あまのじゃく
ツタージャ しんりょく - あまのじゃく
ジャノビー しんりょく - あまのじゃく
ジャローダ しんりょく - あまのじゃく
マーイーカ あまのじゃく きゅうばん すりぬけ
カラマネロ あまのじゃく きゅうばん すりぬけ
カリキリ リーフガード - あまのじゃく
ラランテス リーフガード - あまのじゃく

こんなときに使おう

  • 自分の技のデメリットで能力が下がるのも逆にしてしまうため、そういった技を採用するとよい。
    • ジャローダならリーフストームがあり、撃つたびにとくこうが2段階上がる技になる。それだけ書くと恐ろしく思えるが、実際ジャローダのとくこうの種族値はそれほどでもない。
    • カラマネロばかぢからでこうげきとぼうぎょを上げると、物理受けのできるアタッカーと化す。
    • ツボツボからをやぶるを使うと、ぼうぎょ、とくぼうが1段階上がり、こうげき、とくこう、すばやさが2段階下がる。もともとツボツボは鈍足なうえ、こうげき、とくこうの種族値も壊滅的なのでほとんど気にならず、コスモパワーとさほど変わらない感覚で使える。
  • とぐろをまくなどの積み技全般が逆効果になってしまうのが難点。例えばプラスパワーを使っても逆にこうげきが2段階下がってしまう。
  • なきごえしっぽをふるあまえるなど、能力ダウン系の技を多用してくるポケモンへの対策としても有効。いかく持ちにもけん制になる。
  • 特性あまのじゃくでスキルスワップを使えるのはパッチールのみなので、ダブルバトルで味方にあまのじゃくを渡すというコンボができる。しかし、そのために1ターンを費やすことになることは注意が必要。

備考

  • 第五世代では隠れ特性限定であり、現在でも通常特性として持つのはカラマネロ系統のみ。
  • この特性が適用されても特にメッセージなどは表示されない。たとえば相手のいかくを受けた場合、即座にこちらのこうげきが上昇する。
  • 第六世代から似たような効果を持つ技、ひっくりかえすが登場。
  • 特性かたやぶりターボブレイズテラボルテージのポケモンから技を受けた場合、特性は無効化され、通常通り能力が上下する。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 あまのじゃく
英語 Contrary
ドイツ語 Umkehrung
フランス語 Contestation
イタリア語 Inversione
スペイン語 Respondón
韓国語 심술꾸러기
中国語(普通話・台湾国語) 唱反调
中国語(広東語) 唱反調