ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

こだいかっせい

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

こだいかっせいは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

場がにほんばれ状態のときか、ブーストエナジーを持っているとき、自分のランク補正込みで最も高い能力が上がる。

最も高い能力が複数ある場合は、攻撃・防御・特攻・特防・素早さの順で最初にあるものが選ばれる。

説明文

第九世代
ブーストエナジーを 持たせるか 天気が 晴れのとき いちばん 高い能力が 上がる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

ポケモン 特性1 特性2 隠れ特性
イダイナキバ こだいかっせい - -
サケブシッポ こだいかっせい - -
アラブルタケ こだいかっせい - -
ハバタクカミ こだいかっせい - -
チヲハウハネ こだいかっせい - -
スナノケガワ こだいかっせい - -
トドロクツキ こだいかっせい - -
ウネルミナモ こだいかっせい - -
タケルライコ こだいかっせい

こんなときに使おう

ステータス次第で上げたい能力を変えられる。アタッカーはこうげきとくこうすばやさ、耐久型はぼうぎょとくぼうのどれかを上げるように調整されることが多い。似た特性のビーストブーストとは違ってランク補正の影響を受けて上がる能力が変化する。

発動条件は2つあるがどちらも一長一短となる。ブーストエナジーを持てばほぼ確実に発動できるが、一回しか発動できない上に持ち物が固定される。にほんばれ状態でなら持ち物は自由だが、場の準備がいる上に天候が変わると効果も消える。

特性の仕様

発動条件

  • にほんばれ状態で特性が発動したときは「<ポケモン>は にほんばれで こだいかっせいを 発動した!」というメッセージが出て能力が上がる。にほんばれ状態の効果が切れると「<ポケモンは> こだいかっせいの 効果が 切れた!」とメッセージが出て補正が消える。
  • ブーストエナジーで発動したときは「<ポケモン>は ブーストエナジーで こだいかっせいを 発動した!」というメッセージが出る。この効果は交代で消える。
  • この特性が既に発動している場合、もう1つの発動条件を満たしても重複して発動することはない。
    • にほんばれ状態の場にブーストエナジーを持って出た場合、基本的にはにほんばれ状態による特性の発動が優先されてブーストエナジーは消費しない。この後にほんばれ状態が消滅すると一旦特性の効果が消えるが、即座にブーストエナジーを消費して特性を再発動させる。再発動の際上がる能力はそのとき一番高い能力になる。
    • ブーストエナジーを消費して発動した場合、その後にほんばれが発生してもさらに特性が発動することはない。
  • 設置技の効果より後にこだいかっせいの発動判定がある。こだいかっせいの発動条件を満たしており、かつ持ち物があるポケモンの場合、設置技の効果でダメージを受けたときや、状態異常になったときは即座に特性の発動が割り込まれる。
    • スカーレット・バイオレット (Ver.1.1.0以前) ではブーストエナジーによる特性の発動しか割り込まない。Ver.1.2.0以降ではにほんばれによる特性の発動も割り込むが、持ち物が無いポケモンの場合は特性の発動は割り込まない。
      • にほんばれ状態でブーストエナジーを持って場に出た場合は、Ver.1.1.0以前ではブーストエナジーを消費して特性が発動する。Ver.1.2.0以降ではブーストエナジーは消費せず、にほんばれで特性が発動する。
      • Ver.1.2.0以降において、設置技の効果できのみシード系アイテムルームサービスなどの持ち物が発動するときは、特性が発動した後に持ち物が発動する。マジックルーム状態でも持ち物があるなら特性の発動が割り込む。
    • 複数の設置技の効果を受けるときは、1つ目の効果を受けた直後に割り込んで特性が発動する。
    • しんぴのまもり状態やフラワーベール、タイプの効果で設置技の効果を防いだときは、特性の発動が割り込むことはない。
    • ねばねばネット状態の効果を受けたことで特性の発動が割り込むことはない。
    • ねばねばネットや持ち物の効果でランクが変動した後に特性が発動するときは、変動後の能力を比較して上がる能力が決まる。
  • にほんばれ状態の場に出たか、ブーストエナジーを持って場に出て、設置技の効果も受けなかった場合は、いかくなど多くの場に出たときに発動する特性より遅い優先順位でこだいかっせいが発動する。
  • 場に出ているときに天候がにほんばれに変わった場合、直後にこだいかっせいが割り込む形で発動する。
    • 複数のこだいかっせいのポケモンがいる場合、補正抜きの素早さ実数値が高い順に発動する。
    • ひひいろのこどうで天気が変わった場合、素早さに関係なくこだいかっせいが発動した後に「<ひひいろのこどう所持ポケモン>は ひざしを 強め 古代の鼓動が 暴れだす!!」のメッセージが流れる。
  • 姿を隠している間でも、にほんばれでこだいかっせいは発動する。
  • 特性ノーてんき/エアロックのポケモンが場にいるとき、にほんばれ状態でこだいかっせいは発動しない。
    • このときブーストエナジーを持っている場合は、にほんばれ状態でもブーストエナジーを消費して能力を上げる。
    • ノーてんき/エアロックのポケモンを含む複数のポケモンと同時に場に出た場合、ノーてんき/エアロックより先にひでり/ひひいろのこどうのメッセージが出てにほんばれになったとしてもこだいかっせいは発動しない。
    • 一度こだいかっせいが発動すれば、後から場にノーてんき/エアロックのポケモンが出てきても上がった能力が無効化されることはない。
    • にほんばれ状態のためブーストエナジーを所持しているとき、場にノーてんき/エアロックのポケモンが出てきても能力は落ちないのでブーストエナジーは消費しない。実際ににほんばれ状態が消えたときに初めて消費する。
    • ノーてんき/エアロックによりこだいかっせいを発動できずにいるときに、ノーてんき/エアロックのポケモンが交代して場から去った場合、交代先が出てきた後でこだいかっせいの発動判定がある。交代先が他のノーてんき/エアロックのポケモンだった場合や、にほんばれ以外の天気を発動させる特性を持つポケモンだった場合、こだいかっせいを発動できない。
    • ノーてんき/エアロックによりこだいかっせいを発動できずにいるときに、ノーてんき/エアロックのポケモンがひんしになって場から去った場合、そのターンが終了し交代先が出てきた後にこだいかっせいが発動する。
      • 交代先のポケモンが場に出たときに発動する特性を持っていた場合、こだいかっせいのポケモンと同時に場に出たときと同様の優先順位で特性が発動する。
      • ダブルバトルで、ひんしになったポケモンの交代先がいなかった場合、次のターンの戦闘コマンドが表示される前にこだいかっせいが発動する。
      • ノーてんき/エアロックのポケモンがひんしになっても、ターン終了時までにノーてんき/エアロックのポケモンが再登場したときや、にほんばれ状態が終了したり他の天気に書き変えられたりしたときはこだいかっせいは発動しない。
  • ばんのうがさを持っている場合でもにほんばれ状態でこだいかっせいは発動し、能力が上がる。
    • ばんのうがさを持つポケモンから攻撃を受けたときでも、こだいかっせいで上がった防御/特防は無視されない。
  • 場がマジックルーム状態である場合、ブーストエナジーは発動しない。
    • マジックルーム状態になった後に場に出た場合も、マジックルームが解除されるとその時点でブーストエナジーが発動する。

能力上昇

  • 発動条件を問わず、特性が発動すると「<ポケモン>の <攻撃/防御/特攻/特防/素早さ>が 高まった!」というメッセージが流れ、どの能力が上がったのかが分かる。
  • 上がる能力にHPは考慮しない。
  • 上がる能力を決める際に参照にする数値は以下のように扱う。
  • 特性が発動した後なら、ランクや実数値が変動し一番高い能力が変わったとしても補正が掛かっている能力は変わらない。
    • 防御か特防が上昇しているときにワンダールーム状態が発生した場合や、解除された場合では、その度に補正が掛かっている能力も入れ替わる。
  • 特性の効果はランク補正上昇とは異なる。
    • 攻撃が上昇しても、イカサマを受けたときのダメージは変わらない。
    • 攻撃が上昇したとき使用するボディプレスは防御の数値を1.3倍にしてダメージを与える。防御が上がってもダメージは変わらない。
    • テラスタル時のテラバーストの分類の決定に特性の効果は考慮されない。ほとんどのケースで攻撃/特攻の低い方が用いられることはないが、特性の発動からテラバーストの使用までにランク/実数値変動が起きていた場合は特性で上がっていない方の能力を用いてテラバーストが使われることがある。
    • 上昇した能力をバトンタッチで引き継げない。
    • 上昇した能力はてんねんで無視できない。
    • 上がった能力はYボタンの情報画面で確認できない。
  • かたやぶりの効果がある技でも、こだいかっせいによる防御/特防補正は無視できない。
  • 特性で攻撃/防御が上がってもこんらんのダメージには影響しない。
  • 交代すると特性の効果はリセットされる。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 こだいかっせい
ドイツ語 Paläosynthese
英語 Protosynthesis
スペイン語 Paleosíntesis
フランス語 Paléosynthèse
イタリア語 Paleoattivazione
韓国語 고대활성
中国語 簡体字 古代活性
繁体字 古代活性

関連項目