ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポリゴンZ

提供: ポケモンWiki
ポリゴンZから転送)
移動: 案内検索
ポリゴンZ
PorygonZ
英語名 Porygon-Z
全国図鑑 #474
ジョウト図鑑 #—
ホウエン図鑑 #—
シンオウ図鑑 #194
新ジョウト図鑑 #-
イッシュ図鑑 #-
新イッシュ図鑑 #-
セントラルカロス図鑑 #-
コーストカロス図鑑 #-
マウンテンカロス図鑑 #-
新ホウエン図鑑 #—
分類 バーチャルポケモン
タイプ ノーマル
たかさ 0.9m
おもさ 34.0kg
とくせい てきおうりょく
ダウンロード
夢特性 アナライズ
タマゴグループ こうぶつ
(せいべつふめい)
タマゴの歩数 5120歩
獲得努力値 特攻+3
基礎経験値 第四世代:185
第五世代:241
最終経験値 1000000
性別 ふめい
捕捉率 30
初期なつき度 70

外部サイトの図鑑

ポリゴンZとはぜんこくずかんのNo.474のポケモンのこと。初登場はポケットモンスター ダイヤモンド・パール

進化

ポケモンずかんの説明文

ポケットモンスター ダイヤモンド・パール
より すぐれた ポケモンに するため プログラムを ついかしたが なぜか おかしな こうどうを はじめた。
ポケットモンスター プラチナポケットモンスター ブラック・ホワイトポケットモンスター ブラック2・ホワイト2
いじげんでも かつやく できるよう プログラムを しゅうせい したが ねらいどおりには いかなかった。
(漢字)異次元でも 活躍 できるよう プログラムを 修正 したが ねらい通りには いかなかった。
ポケットモンスター ハートゴールド・ソウルシルバー
いじげん くうかんを じゆうに いどうできるように プログラムを しゅうせいしたが ミスした らしい。

種族値

種族値 ステータスの範囲
(第三世代以降)
レベル50 レベル100
HP: 85
 
145192 280374
こうげき: 80
 
76145 148284
ぼうぎょ: 70
 
67134 130262
とくこう: 135
 
126205 247405
とくぼう: 75
 
72139 139273
すばやさ: 90
 
85156 166306
ステータスの最小値
個体値0・努力値0・能力が上がりにくい性格で計算
ステータスの最大値
個体値31・努力値252・能力が上がりやすい性格で計算

ダメージ倍率

ノーマル: 100%
かくとう: 200%
ひこう: 100%
どく: 100%
じめん: 100%
いわ: 100%
むし: 100%
ゴースト: 0%
はがね: 100%
ほのお: 100%
みず: 100%
くさ: 100%
でんき: 100%
エスパー: 100%
こおり: 100%
ドラゴン: 100%
あく: 100%
フェアリー: 100%

おぼえるわざ

レベルアップわざ

Lv 第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
1 トリックルーム
たいあたり
わるだくみ
テクスチャー
テクスチャー2
トリックルーム
テクスチャー2
たいあたり
テクスチャー
わるだくみ
7 サイケこうせん サイケこうせん
12 こうそくいどう こうそくいどう
18 じこさいせい じこさいせい
23 でんじふゆう でんじふゆう
29 シグナルビーム シグナルビーム
34 さしおさえ さしおさえ
40 ほうでん ほうでん
45 ロックオン ロックオン
51 トライアタック トライアタック
56 マジックコート マジックコート
62 でんじほう でんじほう
67 はかいこうせん はかいこうせん

わざひでんマシンわざ

第四世代 第五世代
DP/Pt/HGSS BW/B2W2
わざマシン03 サイコショック
わざマシン06 どくどく どくどく
わざマシン10 めざめるパワー めざめるパワー
わざマシン11 にほんばれ にほんばれ
わざマシン13 れいとうビーム れいとうビーム
わざマシン14 ふぶき ふぶき
わざマシン15 はかいこうせん はかいこうせん
わざマシン17 まもる まもる
わざマシン18 あまごい あまごい
わざマシン21 やつあたり やつあたり
わざマシン22 ソーラービーム ソーラービーム
わざマシン23 アイアンテール
わざマシン24 10まんボルト 10まんボルト
わざマシン25 かみなり かみなり
わざマシン27 おんがえし おんがえし
わざマシン29 サイコキネシス サイコキネシス
わざマシン30 シャドーボール シャドーボール
わざマシン32 かげぶんしん かげぶんしん
わざマシン34 でんげきは
わざマシン40 つばめがえし つばめがえし
わざマシン42 からげんき からげんき
わざマシン43 ひみつのちから
わざマシン44 ねむる ねむる
わざマシン46 どろぼう どろぼう
わざマシン48 りんしょう
わざマシン57 チャージビーム チャージビーム
わざマシン58 こらえる
わざマシン63 さしおさえ さしおさえ
わざマシン67 リサイクル
わざマシン68 ギガインパクト ギガインパクト
わざマシン70 フラッシュ フラッシュ
わざマシン73 でんじは でんじは
わざマシン77 じこあんじ じこあんじ
わざマシン79 あくのはどう
わざマシン82 ねごと
わざマシン83 しぜんのめぐみ
わざマシン85 ゆめくい ゆめくい
わざマシン87 いばる いばる
わざマシン90 みがわり みがわり
わざマシン92 トリックルーム トリックルーム

人から教えてもらえるわざ

第四世代 第五世代
DP Pt HGSS BW B2W2
スピードスター × × ×
いびき × ×
こごえるかぜ × ×
ねごと × × × ×
いたみわけ × × ×
アイアンテール × × × ×
さわぐ × ×
トリック × ×
マジックコート × × ×
リサイクル × × × ×
シグナルビーム × ×
じゅうりょく × × ×
とっておき × ×
でんじふゆう × × × ×
あくのはどう × × × ×
しねんのずつき × ×
ワンダールーム × × × ×
イカサマ × × × ×
エレキネット × × × ×

その他の場所で覚えるわざ

入手方法・入手可能な最低レベル

バージョン 単体 通信
ダイ・パ・プラ・HG・SS × 入手不可 Lv.1 ダイパプラHGSS内でポリゴン2あやしいパッチを持たせて通信

備考

  • ポケモンずかんの色:赤
  • 第六世代までに登場するポケモンの中で唯一、名前にアルファベットが使われているポケモンである。

アニメにおけるポリゴンZ

  • アニメ未登場。

マンガにおけるポリゴンZ

ポケモンカードにおけるポリゴンZ

一般的な育成論

進化前のポリゴン2と比べると、耐久力は落ちるがその分特攻素早さが大幅に向上している。進化前のポリゴン2が耐久型で使われるのであれば、こちらはアタッカーとして使われるイメージが多い。特性がトレースのポリゴン2を進化させた場合、てきおうりょくに変わる。

主な選択肢として、こだわりスカーフを持たせる場合とわるだくみを生かす場合に分かれる。

こだわりスカーフを持たせる場合は少しでも火力を上げるために性格はひかえめが選ばれる。ただし、性格による素早さ補正を行えば、無補正の100族を抜くことが出来るためこだわりスカーフ同士の戦闘を想定して性格をおくびょうにするトレーナーも多い。特にこだわりスカーフ持ちのムクホークはこちらの特殊技で狩るかインファイトで狩られるかの一騎打ちで素早さにより戦局が大きく左右されるのでかなり重要な選択となる。第四世代のプラチナ以降教え技でトリックを取得できるようになったため、主に耐久型相手に使って受け渡す戦法もできる。

わるだくみを生かす場合はとくこうを上げやすくするために、性格はおくびょうを選ばれる事が多い。もちものきあいのタスキヨプのみにしたり、努力値をとくこうに振らずHPに振ると、わるだくみが使いやすくなる。ただし後者の場合はHPに振ったとしても耐久力がそれほど向上するわけでもなく、タイプ一致の大技を食らうことを想定するとわるだくみを使うタイミングはやや難しいが、かと言って積まずにそのまま攻めても特攻が無振りの場合は火力はそれほど高くならない。そのため味方のサポートを得るか、または先手を取れる相手、耐久型の相手の起点が前提とされることが多い。

技はトライアタックをメインに、あくのはどうれいとうビーム10まんボルトはかいこうせんなどの各種特殊技がサブに選択される。特にスカーフ型はひるみの追加効果とこだわりスカーフの相性のよさやノーマル技が効かないゴーストに強いことからあくのはどう所持率はかなり高い。しかし、第五世代ではあくタイプの技を受けると攻撃が上がる特性せいぎのこころの登場で、あくのはどうではなくシャドーボールの採用率も高くなってきている。上記の技で対抗できないラッキーハピナスの対策としてサイコショックも採用されることがある。

どちらの型も特性は選択の余地が有るが、トライアタックで対処できる場合がほとんどなのでてきおうりょくの方が向いているだろう。

特性ダウンロードを生かす場合は基本的にこうげきとくこういずれも上昇することを想定して二刀流型にされることが多いが、こちらは上記2つの型ほど使用されてはいない。性格はせっかちむじゃきなど耐久を犠牲にすばやさを上げる性格が選ばれる。技の候補は上記に上げた特殊技に加えすてみタックルおんがえしが候補に挙がる。この型は上記2つの型では簡単に受けられがちなハピナスを突破出来るという利点がある。また、補助技1つを使用してからのとっておきを採用することもある。この場合補助技は素早さを2段階上げるこうそくいどうがよく見られる。

特性てきおうりょくのポリゴンZが使用するはかいこうせんは非常に強力である。もう1つの特性のダウンロードで特攻が1段階上がったときより威力は少し劣る(ダウンロードで特攻が1段階上がったときの威力は150×1.5×1.5≒337、てきおうりょくでの威力は150×2=300)が、それでも高い特殊耐久を持っていない限り相手をほぼ瀕死状態にできる。ダウンロードは相手によっては攻撃が1段階上がることもあるため、威力の高いはかいこうせん、トライアタックをいつでも打てるてきおうりょくも強力な存在になる。

その他の補助技としては相手の変化技を跳ね返せるマジックコートや、普段当てづらいでんじほうふぶきの命中を上げられるじゅうりょく、回復技のじこさいせいなど。

夢特性はシングルバトル、ローテーションバトルでは後攻、ダブルバトル、トリプルバトルでは一番最後に技を出すと威力が上がるアナライズ。この特性の発動を特に意識する場合は素早さを下げて戦うか、トリックルームを使って順番を変えるか、まんぷくおこうこうこうのしっぽを持たせるかのいずれかになる。いずれにせよ後攻にならないと技の威力が上がらないため、先手を取られたポケモンで大ダメージを受けたり、相手に有利な補助技を使わされたりして厄介なケースになることも多いので要注意。ただし相手が交代してきたときも技の威力は上がるため、わざわざ素早さを下げなくても、交代を狙って攻撃する手もある。特に高耐久のポケモンやポリゴンZが苦手とするかくとうタイプのポケモンが控えている場合は発動しやすいので積極的に仕掛けたい。また両方とも場に出た直後に発動する特性を持つポリゴン2とは異なり、てきおうりょくが出た場ですぐに発動しないため、夢特性アナライズであることがバレにくい点もメリットである。

関連項目

この項目はポケモン図鑑プロジェクトによって作成されています。