ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ふしぎなまもり

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ふしぎなまもりは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

こうかばつぐん以外の攻撃技ダメージを受けなくなる。

説明文

第四世代第五世代第六世代
こうかばつぐん しか あたらない。
効果バツグン しか 当たらない。
第七世代第八世代
こうかばつぐんの わざしか あたらない ふしぎな ちから。
効果バツグンの 技しか 当たらない 不思議な 力。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ヌケニン ふしぎなまもり - -

こんなときに使おう

特定のタイプ以外の攻撃技すべてを無効化する効果により対抗できる相手を限定させることができる。スキルスワップ以外の変化技・相手の特性状態異常によるダメージなどは通してしまう。サーナイトポリゴン2などにトレースされると、こちらからダメージを与える手段が限定されることにも注意が必要である。

ポケモンカードゲームにおけるふしぎなまもり

特性の仕様

備考

  • ヌケニン専用特性
  • 以下の条件でヌケニン以外のポケモンにこの特性を持たせることはできる。
  1. 特性トレースを持つポケモンなら相手の場のヌケニンのふしぎなまもりをコピーできる。
  2. トレースをスキルスワップで他のポケモンに移し、移した相手がトレースでふしぎなまもりをコピーすればスキルスワップが有効な任意のポケモンの特性をふしぎなまもりにできる。以下第五世代まで弱点が1つも無かったミカルゲヤミラミに持たせることを考える。第五世代でのみトレースをスキルスワップで移しても発動しないため、第四世代第六世代以降である必要がある。
    • いえきが使えるポケモン」「バトンタッチが使えるポケモン」「特性トレースを持ち、スキルスワップが使えるポケモン(以下サーナイトとする)」の3体がミカルゲ(ヤミラミ)自身の他に自分の手持ちにいること、ダブルバトル以上であり、相手がヌケニンを場に出していること。
    • まずいえき持ちとバトンタッチ持ちを出し、いえきをバトンタッチ持ちに使い、とくせいなし状態にする。
    • バトンタッチ持ちはとくせいなし状態のままサーナイトにバトンタッチする(こうする事で相手の特性をトレースしないまま場に出られる)。同時にいえき持ちをミカルゲ(ヤミラミ)と交代させる。
    • サーナイトはミカルゲ(ヤミラミ)を対象にしてスキルスワップをする。そうするとミカルゲ(ヤミラミ)が特性トレースを得る。
    • 自動的に、とくせいなし状態でないミカルゲ(ヤミラミ)は特性トレースの効果を発揮し、相手のヌケニンのふしぎなまもりをトレースする。相手の場にヌケニン以外のポケモンがいても、そのポケモンがトレースできない特性であれば確実にふしぎなまもりをトレースできる。
  3. 第五世代以降では、ヌケニンが第三世代の教え技で覚えるものまねなかまづくりを使えば、なかまづくりが有効な任意のポケモンの特性をふしぎなまもりにできる。

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ふしぎなまもり
英語 Wonder Guard
ドイツ語 Wunderwache
フランス語 Garde Mystik
イタリア語 Magidifesa
スペイン語 Superguarda
韓国語 불가사의부적
中国語(普通話・台湾国語) 神奇守护
中国語(広東語) 奇異守護
ポーランド語 Wonder Guard