ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ぜったいねむり

提供:ポケモンWiki
ナビゲーションに移動検索に移動

ぜったいねむりは、ポケモンのとくせいの一種。

効果

このポケモンは常に「夢うつつ」の状態となり、以下の効果が発生する。

説明文

第七世代第八世代
つねに ゆめうつつの じょうたいで ぜったいに めざめない。 ねむったまま こうげきが できる。
つねに 夢うつつの 状態で 絶対に 目覚めない。 眠ったまま 攻撃が できる。

所有ポケモン:そのポケモンの別のとくせい

特性1 特性2 隠れ特性
ネッコアラ ぜったいねむり - -

こんなときに使おう

状態異常を気にせず戦うことができる。なお、からげんきにはねむり状態で威力が上がる効果は無いので、この特性で使用しても威力は2倍にならない。

特性の仕様

  • この特性のポケモンが場に出ると、「(ポケモン)は 夢うつつの 状態!」というメッセージが表示される。
  • 「解除されないねむり状態になっているが、技は自由に使える」と捉えることもできる。具体的には、以下の仕様がある。
  • 状態異常ねむけ状態にならない。こんらんなど、ねむけ以外の状態変化は防げない。
  • この特性は無効化することができない。
  • その他、通常のねむり状態とは以下の点が異なる。
    • 行動時に「ぐうぐう 眠っている」といったメッセージは出ない。
    • あばれる/ころがるが成功したときは数ターン行動が選べなくなる。ねごとであばれる/ころがるを出したときも同様。
  • この特性をなりきりトレースかがくのちからレシーバーでコピーすることはできない。
  • 他のポケモンがネッコアラにへんしんした場合、ぜったいねむりの効果は発動する。ただし、このとき変身前にかかっていた状態異常を治す効果は無い。
    • ねむけ状態のポケモンがネッコアラに変身した場合、ねむけ状態は解除されないものの、ねむりに落ちることは防げる。
    • 状態異常になっているネッコアラに対しては、技・特性・持ち物などの効果でねむり状態を含めた状態異常を治すことができる。状態異常が治っても、ぜったいねむり自体を無効化することはない。
    • ねむり状態のポケモンがかわりものでネッコアラに変身した場合、ねむり状態による効果は普通に受ける。行動時「ぐうぐう 眠っている」というメッセージが出て、ねむり状態が治るまでいびき・ねごと以外の技は出せなくなる。その他、ねむり状態と特性ぜったいねむりが両立したポケモンに関しては、以下のような特徴がある。
      • あくむナイトメアのダメージは通常時と変わらない。たたりめめざましビンタの威力も2倍にしかならない。
      • あくむ状態になった場合、ねむり状態が治ると同時にあくむ状態も治る。あくむ状態が治った後にあくむを受けると再びあくむ状態になる。ただし、特性ナイトメアに関しては、ねむり状態が治ったときもダメージを受け続ける。
      • ねごとであばれるを出した場合、ターン終了時にねむり状態によってあばれる状態が終了し、次のターンは自由に技を選べる。ねごとでころがるを出したときも1ターンで終了する。

備考

各言語版での名称

言語 名前
日本語 ぜったいねむり
英語 Comatose
ドイツ語 Dauerschlaf
フランス語 Hypersommeil
イタリア語 Sonno Assoluto
スペイン語 Letargo Perenne
韓国語 절대안깸 (Jeoldae Ankkaem)
中国語(普通話・台湾国語) 絕對睡眠/绝对睡眠 (Juéduì Shuìmián)
中国語(広東語) 絕對睡眠 (Jyuhtdeui Seuihmìhn)
ロシア語 Дремота (Dremota)

関連項目