第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンゲット☆TV

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
ポケモンゲット☆TV!
ジャンル バラエティ
放送日 2013年10月6日- 
毎週日曜日朝7:30~8:30
番組内容 ポケモンゲームやイベントの情報番組
公式サイト

ポケモンゲット☆TV 公式サイト

ポケモンゲット☆TV!(略称:ポケテレ)は、ポケットモンスターの情報を視聴者へ届けるバラエティ番組。2013年10月6日からテレビ東京系列で放送されていた番組である。前の番組はポケモン☆サンデーポケモンスマッシュ!。2015年9月27日放送終了。後の番組はポケモンの家あつまる?

データ

  • 製作局:テレビ東京
  • 放送日時:毎週日曜7:30~8:30
  • 放送開始日:2013年10月6日
  • 放送終了:2015年9月27日
  • 放送回総数:101回

番組内容

各コーナーに入る際には『オンエア、ポケモンゲット☆TV!』と言った後に始まる。

ポケテレチャレンジ!
出演者がクイズやゲームなどに挑戦するもので、もちろん内容はポケモン関係である。トシプロデューサーが出題を務め、クリアすると応募者から抽選でポケモングッズが当たる。たいていはポケナゾ+他のをどれか1つである。
ポケナゾ
ポケモンやポケモン用語、キャラクターが問題文に入っているなぞなぞ。全員正解しないとクリアにならない。
ポケモン進化トレイン
2回進化するたねポケモンから2進化ポケモンまでしりとりでつなぐ。ただし途中でその間の1進化ポケモンを挟まなければならない。例えばゼニガメからしりとりでカメックスまでつなぐ場合、途中にカメールを入れる必要がある。2巡するまでに2進化ポケモンにつなげられたらクリア。
ポケカキ
最初の人がお題のポケモンの絵を10秒間見て、20秒でそのポケモンの絵を描く。そして次の人が10秒間その絵を見て、同じく20秒で描く。これを5人やって、最後の人が5人目の絵を見て6択の中から正解を答えられればクリア。
ポケモジ
お題のポケモンを表す字を5人が漢字1文字で書く。ただしタイプをそのまま漢字にしたり、見たまんまの漢字は反則。解答者はその漢字5つを見て、6択の中から正解を答えられればクリア。
ポケモン言葉探し
ポケモンの名前から言葉を探すクイズ。時間内に全員が1つずつ言葉を見つけられればクリア。それぞれの文字を2度以上使うことはできない。見つけられない場合パスができ、時間が許す限りまた最後に挑戦することができる。
例えば「イベルタル」からは、「イタ(板)」「タベル(食べる)」「タル(樽)」「イル(居る)」「ベル」など。
ポケチェンジ
モンコレが多数並んだ画像が少しずつ変化していく。全員が変化した所を答えられればクリア。
ポケモンバトルトローゼ
ポケモンバトルトローゼを5人連続プレイし、5人の最大コンボ数を合計した数に応じてプレゼントが増える。最高は世界一周旅行だが、達成した試しはない。
ポケモンずかん 7つのクエスチョン
ポケモンの図鑑データの一部が空欄になっている。この空欄に当てはまる言葉について、トシにはいかいいえで答えられる質問を1人1つ、合計7つできる。全員が質問し終わった後、全員で答えを言い、全員正解できればクリア。チャンスは1回のみ。
だくてんQ
ポケモンの名前の、濁点がついている文字は濁点をはずし、濁点をつけられる文字は濁点をつけて言う。全員成功でクリア。
例:ゼルネアス→セルネアズ
ンモケポラップ
ラップにあわせて指示されたポケモンの名前を逆さから読む。全員成功でクリア。
他。
FPI
FPIとは「FUSHIGINA(不思議な) POKEMON NO NAZO(ポケモンの謎) IROIROSHIRABETAI(いろいろ調べ隊)」を略したもので、ポケモンの情報などを独自に調査する。
ポケモンモーニングニュース
しょこたんキャスターがポケモンの最新情報をいち早く発信する。当初は伊達眼鏡をかけて出演していた。
あばれる君のポケモンずかん完成の旅→ポケモン交換の旅
ポケットモンスター X・Y発売と当時に、あばれる君が北海道からスタートした旅。最初に選んだ御三家であるハリマロンの「ハリマロくん」は進化させても良いが、それ以外のセントラルカロス図鑑のポケモンを全てヤヤコマとの交換で手に入れなければならないという旅。
遊びすぎて時間をつぶしてしまったため、新潟編では夕方までに10匹交換しなければハリマロくんとお別れという厳しい条件が付けられた。結局10匹交換できなかったが、佐渡島でリベンジでき、ハリマロくんとのお別れは免れた。しかし、それ以後も目標が提示され、交換が足りなければハリマロくんとお別れという条件は続いた。
福島編では地元の新聞にお願いして子供をたくさん集め、大量に交換していた。
千葉編でセントラルカロス図鑑を完成させたが、その後タカ局長にお願いした結果、ポケモン交換の旅を続けることになった。それ以後は視聴率アップのための課題が課せられるようになり、さらにあばれる君が目標交換人数以上交換できたら、視聴者にプレゼントが当たるようになった。
ポケテレ・ザ・アニメーション
60分で放送している地域限定で、今までに放映されたものからリバイバルという形で放送する。10月13日放送分(第2回)より開始。2月22日からは、ポケットモンスター XYの過去の話を放送している。
ゲットさせるな! ポケモンかくれんぼゲーム
春日俊彰が、子供たちの家に隠されたポケモンのぬいぐるみ3匹を制限時間内に探すゲーム。制限時間は60分で、20分経過ごとに隠した子供にプレゼントが贈られる。全部見つかったらゲームオーバー。
ポケモン以外にもモンスターボールが隠されており、中には春日にラッキーなカードか、アンラッキーなカードが入っている。どんなカードかは開けないとわからない。勝つとラッキーだが負けるとアンラッキーな、「バトルカード」もある。
春日はポケモンを見つけると、「○○、ゲットゥース!」と言うのがお決まり。
カードゲーム版もあり、この場合はデッキケースに入れて隠す。ただしモンスターボールもデッキケースとなるため、ラッキーカード、アンラッキーカード、ポケモンがすべて同じ柄のデッキケースなので紛らわしくなっている。
春日が初敗北を喫した次の回からモンスターボールにメガストーンが入っていることがあり、手に入れた場合一部屋だけ春日がメガシンカができるようになった。初回ではメガシンカで特性がおやこあいになって、チビ春日とともにポケモンを探した。
ロビンのポケ☆cooking!
ロビンがいろいろなおかずのモンスターボール型おにぎりを作る。一度放送されたレシピは公式ホームページで閲覧可能。

レギュラー

ポケモンスマッシュ!」のレギュラーから大幅に変更。新たにタカアンドトシ、西井幸人、ロビン、ハリマロンといった面々になり、中川だけ続役となった。ポケモン番組専門のスタッフという設定である。

とても心優しい局長で、おとぼけた性格。
  • トシプロデューサー - トシ(タカアンドトシ)
鋭いツッコミで、局長を支える敏腕プロデューサー。
前作同様に、ポケモンの最新ニュースを中心に伝えるニュースキャスター。唯一の引き継ぎキャラである。
番組作りに翻弄する若手イケメンディレクター。
ゆきとにライバル視されているイケメンディレクター。当初はゆきととどちらかの出演が多かったが、最近は共演することが多い。

このほか、ゲストが2、3人ほど登場する回も多い。

レギュラーポケモン (着ぐるみ)

彼らの職業は全員アシスタントディレクター。期間ごとに入れ替わりで登場してはいるが、リストラはされていない模様。

初回 - 2014年3月23日
2014年3月30日 - 2014年10月
ポケモンカードに登場。→ポケテレのADピカチュウ (XY-P)を参照。
スマホアプリにも登場。→おどる?ポケモンおんがくたい#合言葉を参照。
2014年10月 -

外部リンク