ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ジムリーダーのしろ

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索
このページではポケモンスタジアム2、ポケモンスタジアム金銀のモードのジムリーダーのしろについて解説しています。ポケモンサイトについてはジムリーダーの城を参照してください。

ジムリーダーのしろは、ポケモンスタジアム2ポケモンスタジアム金銀に登場するゲームモード。

概要

ジムリーダーの城は、8人のジムリーダーのジムを勝ち抜き戦で次々と攻略していくモード。その名の通りそれぞれのジムは城のような外見になっている。1つのジムには数人のトレーナーとリーダーがおり、その全員に連勝して初めてステージクリアとなる。全てのジムをクリアすると四天王との戦いに突入。ここで5人全員に勝つと完全クリアとなる。

ポケモンスタジアム2では、ジムリーダーの城を制覇すると、フシギダネヒトカゲゼニガメイーブイオムナイトカブトエビワラーサワムラーのうちいずれか1匹をもらう事ができる。ポケモンのレベルは、フシギダネ・ヒトカゲ・ゼニガメは5、オムナイト・カブト・エビワラー・サワムラーは20、イーブイは25。ライバルに勝つたびに何度でももらう事ができる。

ポケモンスタジアム金銀では、四天王5人に1回も負けずに、なおかつゲームボーイから直接ポケモンをエントリーさせていれば、忘れてしまった技を思い出させることが出来る(例えば、金・クリスタルで捕まえたルギアエアロブラストや、銀・クリスタルで捕まえたホウオウせいなるほのおといった技)。

ただし、金・銀版では途中にロケット団乱入イベントがあり、これをクリアしないと先に進めない。またジョウト地方と四天王をクリアするとさらにカントージムリーダーの城が登場する。このため、カントージムリーダー8人+レッド(前作の主人公)に勝って初めて完全クリアとなる。

ルール

  • 手持ちポケモンのレベルや種族に対する制限はない。
  • ジムリーダーのポケモンのレベルはプレーヤーの手持ちポケモンの最高レベルで統一される。
    • ただし、ジムリーダーのポケモンは最低レベルが50に設定されている。
  • ポケモンスタジアム金銀で手持ちポケモンに道具を重複して持たせることは出来ない(一度選んだ道具は選択できない)。
    • うらのワタルのみオーダイルとバンギラスの持ち物が重複している。

スタジアム2

  1. ニビジム
    登場トレーナー:むしとりしょうねんたんぱんこぞうボーイスカウトタケシ
    いわタイプを専門とするジム。最初のステージだけあって登場するポケモンは進化前のものや弱いむしポケモンが大半を占めており、難易度はかなり低い。裏では進化系のいわポケモンも登場する。
  2. ハナダジム
    登場トレーナー:つりびとガールスカウトかいぱんやろうカスミ
    みずタイプを専門とするジム。敵の使うポケモンはほとんど全部みずタイプなので、くさでんきのポケモンがいれば楽勝。ただし、時々相手が使ってくるれいとうビームには要注意である。
  3. クチバジム
    登場トレーナー:ふなのりでんきグループジェントルマンマチス
    でんきタイプを専門とするジム。相手のポケモンが繰り出してくる技はでんきとノーマルタイプのものばかりで、じめんタイプのポケモンならほとんどダメージを受けずに楽に突破できる。但し、マチスのなみのりピカチュウなみのりライチュウはじめんタイプにとっては脅威なので深追いは禁物だ。
  4. タマムシジム
    登場トレーナー:ミニスカートおとなのおねえさんエリートトレーナー(女)・エリカ
  5. セキチクジム
    登場トレーナー:ぼうそうぞくもうじゅうつかいジプシージャグラーキョウ
  6. ヤマブキジム
    登場トレーナー:スキンヘッズかじばどろぼうきとうしナツメ
  7. グレンジム
    登場トレーナー:からておうサイキッカーりかけいのおとこカツラ
  8. トキワジム
    登場トレーナー:ロケットだんいんはぐれけんきゅういんエリートトレーナー(男)・サカキ
    じめんタイプを専門とするジム。ファイヤーや、ペルシアンダグトリオといった強力なポケモンも出してくる。
  9. ポケモンリーグ
    登場トレーナー:カンナシバキクコワタル・チャンピオン:ライバル
    他のジムのように、1つのタイプを専門とするのがない。ただしそれぞれ専門とするタイプがあり、カンナはみず・こおり。シバはいわ・かくとう。キクコは、ゴーストどく。ワタルは怪獣や竜を思わせる外見のポケモンで構成されたチーム、最後のライバルはGBのソフトやレンタルポケモンなどの条件によってパーティが変わるチームとなっている。なのでこちらはそれぞれに対応したバランスのいいパーティを組めば勝てるだろう。

スタジアム金・銀

ジョウト

  1. キキョウジム
    登場トレーナー:とりつかいのカケル・ハヤト
    天井が吹き抜けになって空が見える、開放的なジムでのバトル。敵が使用するポケモンは全てひこうタイプである。そのためでんきこおりいわタイプのポケモンを重点的に使えば余裕で圧勝できる。最初のステージなのでかなり手加減した作りになっている模様。ただし後半になるとサンダーグライガーをメンバーに入れたり、ポケモンにじしんを覚えさせたりして多少はでんきタイプ対策をしている。
  2. ヒワダジム
    登場トレーナー:むしとりのリョウタ・ふたごちゃんのシズとスズ・ツクシ
    建物の中に草木が茂る、自然豊かなジムでのバトル。序盤のステージというだけあって、敵のポケモンの多くがむしポケモンや進化前のポケモンで統一されているため、かなり戦いやすい。ただし、2番手のふたごちゃんはピカチュウプリンなどむしタイプとほとんど関係ないものをよく使うため、注意が必要。またツクシもサナギラスを使用したりしてほのお・ひこうへの対抗策を用意している。
  3. コガネジム
    登場トレーナー:ミニスカートのユカ・おとなのおねえさんのサヤカ・アカネ
    ステンドグラスと白い柱に囲まれた、洋風のジムでのバトル。敵のポケモンは全体的にHPこうげきの高いものが多い。登場するのは主に可愛いポケモンかノーマルタイプのポケモンに絞られる。そのためかくとうタイプのポケモンを主力に置けば、これまた快進撃が可能。しかし後半に登場するポケモンはかくとうタイプ対策にサイコキネシスを覚えているので、過信は禁物である。またこのジムから敵が進化形のポケモンを使うことが増えてくるので、徐々に戦いが厳しくなってくる。
  4. エンジュジム
    登場トレーナー:イタコのウメ・ぼうずのダイカク・マツバ
    呪いのお札に囲まれ、地面が怪しく光る怪奇的なジムでのバトル。敵の得意タイプはゴーストということになっているが、第2世代ではゴーストポケモンの数が少ないためそれ以外のポケモンも多数登場している。ゴーストポケモン以外では、主にゴルバットルージュラなど寒色系のポケモンが多い。その結果トレーナーのチームのバランスが良くなっているので、どうしても苦しい戦いになってしまうことが多い。マツバのねちっこい補助技は64になっても健在。
  5. タンバジム
    登場トレーナー:からておうのタクマ・シジマ
    武術をする人の石像が飾られた、道場のようなジムでのバトル。敵はかくとうタイプのポケモンやとくぼうの弱いポケモンをよく使うため、強力なエスパーポケモンがいればうまく勝ち抜ける。この辺りからじしんの使えるアーボックいわなだれの使えるカイリキーなど自分とは違うタイプの技を使うポケモンが出てくるので注意が必要。相手のトレーナーは2人ともじわればくれつパンチなど命中率の低い技を連発するという戦略をとる。そのため、このステージで勝負を決めるのはポケモンの強さではなくトレーナーの運である。
  6. アサギジム
    登場トレーナー:ミカン
    石造りの壁の隙間からうっすらと日が差し込む、灯台の中のようなジムでのバトル。原作の金銀同様このジムにはトレーナーがおらず、実質的にミカン1人との勝負となる。ミカンははがねタイプの専門ということになっているが、第2世代には鋼ポケモンが少ないため、ミカンの手持ち6匹中の3匹程度がはがねタイプであるに過ぎない。そして残り3匹をみずほのおタイプで埋め合わせているため、チームのバランスがかなり良い。さらにミカンは的確にポケモンチェンジを使うので、このステージの難易度はだいぶ高い。レンタルポケモンで挑戦する場合このジム辺りが限界である。
  7. ロケット団
    登場トレーナー:R団のしたっぱ(男)・したっぱ(女)・かんぶ(女)・かんぶ(男)
    ジムリーダーのしろの上層部に架かる、連絡橋の上でのバトル。ロケット団が城の攻略を邪魔しようと乱入してくるため勝負になる。1ステージ当たりの敵の人数は4人と最多である。トレーナーが多い分、敵の戦略もだいばくはつで共倒れを狙う、どくどくで自滅を誘う、やつあたりを連発するなどバラエティに富んでいる。最後の幹部はヘルガーにほんばれコンボが強力なので、天気を変えてしまうかじめんやいわの技で攻撃するかしたほうがいい。
  8. チョウジジム
    登場トレーナー:ボーダーのハヤタ・スキーヤーのリョウコ・ヤナギ
    壁から冷気が滝のように流れ落ちる、氷の床の上のジムでのバトル。敵のトレーナーはこおりタイプのポケモンに加えてみずやじめんのポケモンも織り交ぜ、バランスのよいチームを作っている。相手の使うのポケモンは素早さの低いものも多いが、こごえるかぜを使用するなどで欠点をカバーしている。かなりの難関となるステージである。
  9. フスベジム
    登場トレーナー:エリートトレーナーのシオリ・エリートトレーナーのケイスケ・イブキ
    鋭い竜の牙のような装飾が付いた刺々しい窓に囲まれたジムでのバトル。ドラゴンタイプのジムということになっているが、ドラゴンのポケモンを使うトレーナーはほとんどいない。エリートトレーナーはほのお・みず・くさタイプをバランスよく使ってくるのでタイプの偏りがない。またイブキはサイドンギャラドスなど能力値の高いポケモンを持っている強敵。だが補助技を好まず威力の高い攻撃をガンガン出していく傾向があり、戦術面での偏りは大きい。
  10. してんのう
    登場トレーナー:四天王のイツキキョウシバカリン・チャンピオン:ワタル
    沈んでいく夕日が見える、ジムリーダーの城の最上階でのバトル。ヘラクロスラプラスバンギラスなど能力値の高いポケモンが次々と現れる熾烈な戦いが繰り広げられる。道具が使えないぶん、金銀本編より厳しい戦いとなる。このステージをクリアするとカントー地方のジムリーダーの城に挑戦できるようになる。

カントー

カントーでは共通してジムリーダー一人、ステージは前作を思わせる物ばかりとなっている。(一部例外あり)なお、ジョウトと違い一部を除いて最初から全ての中から好きなジムを選べるようになっている。なので簡単な物から攻略していくのもありである。

  1. ニビジム
    登場トレーナー:タケシ
  2. ハナダジム
    登場トレーナー:カスミ
  3. クチバジム
    登場トレーナー:マチス
  4. タマムシジム
    登場トレーナー:エリカ
  5. ヤマブキジム
    登場トレーナー:ナツメ
  6. セキチクジム
    登場トレーナー:アンズ
  7. グレンジム
    登場トレーナー:カツラ
  8. トキワジム
    登場トレーナー:グリーン
  9. ????
    登場トレーナー:レッド
    上記8つのジムをクリアすると行けるようになる。バランスの良いチームとなっているが金銀版とは違い、ジョウトの御三家ライコウエンテイスイクンといった強力なポケモンを使ってくる。特に裏ではライコウ達には弱点を補うタイプのめざめるパワー(例:ライコウなら対じめんタイプ用にこおりタイプのめざめるパワー)を覚えさせており、かなりの強敵となっている。