ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

さかさバトル

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

さかさバトルとは、相性が反対になるバトルのことである。第六世代から導入された。

概要

効果が抜群のものは効果が今一つに、効果が今一つのものと効果がなしのものは効果が抜群になる。これにより、相性0倍がないので攻撃技で相手にダメージを与えられないと言う事は基本的にない(特性や道具によって無効になる事はあるが)。また、相性が反対になるということは等倍のタイプは逆さになっても等倍ということである。

本来耐性の多かったゴーストタイプやはがねタイプのポケモンには弱点が多くなり、本来どのタイプのポケモンにも弱点が突けなかったノーマルタイプのわざが、全てのポケモンに等倍以上の相性のわざになる。

通信対戦においても、第六世代のレーティングバトルのシーズン4のスペシャルで追加された。第七世代でもレーティングバトルのシーズン5のスペシャルで追加。さかさバトルであること以外は、シングルバトルのフラットルールと同じ。

実際の相性は次のとおり。

防御側


  • 凡例
    • ○:効果は抜群(×2.0)
    • △:効果は今一つ(×0.5)

備考

  • X・Yでは、18ばんどうろの民家で、オメガルビー・アルファサファイアでは、キンセツシティの「バトルサービス さかさ」でこのルールで勝負することができる。→サカサを参照。
  • もらいびそうしょくなど、特性で無効になるタイプは、さかさバトルでもそのまま無効になる。
  • 相性が反対になるだけなので、特定の状態異常にならないタイプは、相性抜群になってもその状態異常にはならない。例えば、はがねタイプは本来ならどくタイプの技が効かず、どく状態にもならない。さかさバトルの場合では、どくタイプの技は抜群になるが、はがねタイプの「どく状態にならない」特徴までなくなる事はない。ほのおタイプに対するやけどなど、他の状態異常についても同様。
  • フェスサークルのアトラクションで「さかさあいしょうしんだん」があるが、これは知識を試すもの。

関連項目