ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

サトシのリザードン

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
リザードン
英語名 Ash's Charizard
出身地等 ?
年齢 ?
職業 ポケモン
声優 三木眞一郎

サトシのリザードンは、無印編第11話サトシが捕まえたポケモンである。無印編第43話ヒトカゲからリザード無印編第46話でリザードからリザードンに進化した。

概要

元々は不良トレーナー・ダイスケ[1]の手持ちポケモンで、ダイスケに捨てられて弱っていたところをサトシにゲットされた。

ヒトカゲの時は、真面目で温厚な性格であった事から素直に指示を聞いていたが、リザードに進化した途端に、性格が攻撃的になり、指示を聞かなくなる。これは、無印編第44話に登場したキヨミの祖母曰く、「サトシのトレーナーとしてのレベルがまだ低いから」らしい。

そして、プテラに馬鹿にされた怒りからリザードンへ進化してからは、攻撃的な上に傲慢な性格となってしまい、いよいよサトシの指示を本格的に聞かなくなってしまう。言うことを聞かない動作も話によって異なり、その場で暴れ回ることもあれば、サトシにかえんほうしゃを浴びせたり、その場で横になって寝てしまったりと散々な有様だった。基本的に暴れるだけで戦闘はしないが、自分より強いと思った相手や腹が立った相手などには、サトシの指示を聞かずとも自ら戦いを挑むこともあった。しかし、ポケモンリーグという大事な試合では、相手がヒロシピカチュウという自分よりも小さい相手であった事から、試合中にごろ寝を決め込んでしまい、それが原因でサトシの敗退が決定してしまう事になった。

オレンジリーグ編になっても言うことを聞かない状態が続き、サトシからも半ば諦め掛けられてしまっていたが、無印編第105話でヒデのニョロボンが放ったれいとうビームで大ダメージを受けた後、サトシやピカチュウの看護により、かつての自分とサトシ達の過ごした日々を思い出した事もあってか、ようやく心を開き(敵ポケモンから大ダメージを受けた後に心を開く点はヒカリのマンムーアイリスのドリュウズに似ている)、以後はサトシの主力ポケモンとして大活躍する。しかし、ジョウト編の序盤にて訪れたリザードン達の暮らすリザフィックバレーで、最も弱いリザードンにすら負けてしまった事から、自分の思い上がりを痛感させられてしまい、リザフィックバレーで修行を積む事を決意。その意を汲んだサトシと別れ、修行をする事になった。

修行のために別れた後もジョウトリーグ、バトルフロンティア編におけるバトルファクトリーでのフリーザーとの戦いなど、要所で呼び出されることも多い。結晶塔の帝王 ENTEIにおいてはサトシの危機を知り、自分から駆け付けるシーンもある。サトシと再会すると、愛情表現で彼にかえんほうしゃを食らわすことが多い。

BW編第116話で再登場。サトシがカントーフェアで見たヒトカゲを見てリザードンを見て会いたくなる気持ちが強くなり、オーキド博士に頼んでリザフィックバレーから連れてきてもらい、ケンホロウと入れ替える形でサトシの手持ちに加わった。その後、アイリスカイリューとバトルをした。

現在使える技

忘れたと思われる技

関連項目

サトシのポケモン
手持ちピカチュウ - モクロー - ルガルガン - ガオガエン - メルメタル - アーゴヨン
オーキド研究所フシギダネ - キングラー - ベトベトン - ケンタロス - カビゴン - ヘラクロス - ベイリーフ - ワニノコ - オオスバメ - ジュカイン - ヘイガニ - コータス - オニゴーリ - マグマラシ - ヨルノズク - ドンファン - フカマル - ドダイトス - ゴウカザル - ブイゼル - ムクホーク - グライオン - ケンホロウ - ガマガル - ハハコモリ - ズルッグ - ガントル - ミジュマル - チャオブー - ツタージャ - リザードン - ワルビアル - ファイアロー - ルチャブル - オンバーン
修行中ゼニガメ - オコリザル
預けているゲッコウガ - ヌメルゴン
逃がしたバタフリー - ラプラス - ピジョット
一時的スピアー - ゴースト - ラッタ - ヨーギラス - エイパム - ソルガレオ -