ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

捕獲処理

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

捕獲処理(ほかくしょり)とは、ボールを投げたときにポケモンが捕獲できるかどうかを判定する処理のこと。

処理

第一世代

以下の手順に沿う。

  1. マスターボールが使われたなら、捕獲成功。この場合以降の手順は全て無視。
  2. モンスターボールが使われたなら0~255の乱数を、スーパーボールが使われたなら0~200の乱数を、それ以外なら0~150の乱数を発生。
  3. 乱数が25より小さく、捕獲対象がねむりまたはこおりであれば捕獲成功。また、12より小さく、まひやけどどくならば捕獲成功。この場合以降の手順は全て無視。
  4. 乱数が被捕獲度より大きい場合、捕獲失敗。小さい場合は、さらに0~255の乱数を発生。Fがこの乱数以上である場合、捕獲成功。それ以外の場合、捕獲失敗。捕獲失敗の場合、以下の手順を行う。
    1. Dを計算し、Dが256以上であれば、ボールは3回揺れる。
    2. D×F÷255+状態補正を計算し、この値が10より小さいなら、ボールは当たらない。10以上30より小さいときボールは1回揺れる。30以上70より小さいときボールは2回揺れる。70以上のときボールは3回揺れる。
      ※状態補正はねむりまたはこおりのとき10、まひ・やけど・どくのとき5。

手順で出てきた変数は以下のとおり計算する。

  • D=被捕獲度×100÷ボール係数
    • ボール係数は、モンスターボールの場合255、スーパーボールの場合200、それ以外の場合150。
  • F=最大HP×255÷ボール係数÷(現在HP÷4)
    • 割り算が終わるたび、それ以下の小さい整数値に直す。この過程で分母が0となった場合、分母は1とする。
    • ボール係数は、スーパーボールの場合8、それ以外の場合12。
    • Fが255以下のとき、Fは255とする。

これより、以下のことが言える。

  • ボールの揺れる回数は、おおまかに言えば、捕獲確率を表している。すなわち、それ以後相手の状態が捕まりやすくなる限り、ボールの揺れる回数は増え、最終的に捕獲成功する。
  • 特定の状況では、スーパーボールの方がハイパーボールより効果が良い。特に、被捕獲度が高く、状態異常にかかっておらず、HPが半分以上残っている場合、スーパーボールの方が効果的である。
  • 被捕獲度が低いほど、HPを減らすことで得られる効果は少ない。また、被捕獲度が高いほど、状態異常にかけることで得られる効果は少ない。被捕獲度にかかわらず、スーパーボールの場合はHPの1/2以下、その他の場合は1/3以下においてHPを減らすことで得られる効果はない。
  • 残りHPにかかわらず、状態異常にすることで、捕獲成功する確率が十分にある。

第二世代

まずBを求める。

B=(最大HP×4-現在HP×2)×被捕獲度÷最大HP+状態補正+1

0~255の乱数を発生させて、B以下なら捕獲成功。

被捕獲度の計算方法

レア度に以下の補正をかけた値が被捕獲度になる。最大255。

モンスターボールフレンドボールムーンボール
被捕獲度=レア度
スーパーボールパークボール
被捕獲度=レア度×1.5
ハイパーボール
被捕獲度=レア度×2.0
ヘビーボール
被捕獲度=レア度+重さボーナス
カビゴンなどの、おもさが300kg以上のポケモンには+30
イワーク ギャラドス ラプラス マンタイン ルギアなどの、おもさが200~300kgのポケモンには+20
サイドン ミュウツー ライコウ エンテイ スイクン ホウオウなどの、おもさが100~200kgのポケモンには±0
上記以外のポケモンなら-20
レベルボール
自分のレベル>敵のレベルなら、被捕獲度=レア度×2.0
自分のレベル÷2>敵のレベルなら、被捕獲度=レア度×4.0
自分のレベル÷4>敵のレベルなら、被捕獲度=レア度×8.0
それ以外の場合、被捕獲度=レア度
ルアーボール
釣り上げたポケモンの場合、被捕獲度=レア度×3.0
それ以外の場合、被捕獲度=レア度
スピードボール
コイル ベトベター モンジャラなら、被捕獲度=レア度×4.0
それ以外の場合、被捕獲度=レア度
ラブラブボール
自分と同じ種類・同じ性別のポケモンなら、被捕獲度=レア度×8.0
それ以外の場合、被捕獲度=レア度

状態異常補正

第三世代・第四世代

普通の場合

まずBを求める。

B=(((最大HP×3-現在HP×2)×捕捉率×捕獲補正)÷(最大HP×3))×状態補正

BがFF(255)以上なら捕獲成功。

  • 捕捉率:捕獲するポケモンの捕まえやすさ、各ポケモンを参照。
  • 捕獲補正:ボールの捕まえやすさ、各ボールを参照。
  • 状態補正:捕獲するポケモンの状態がこおり、ねむりなら2(第四世代では2.5)、どく、まひ、やけどなら1.5。


次にGを求める

G=000FFFF0÷(4√(00FF0000÷B))

0000~FFFFの乱数を発生させて、それが4回ともG以下なら捕獲成功。 3回以下ならその回数だけ揺れて捕獲失敗。

サファリゾーンの場合

まずSを求める

S=(捕捉率×100)÷1275×石補正÷餌補正

  • 捕捉率:捕獲するポケモンの捕まえやすさ、各ポケモンを参照。
  • 石補正:石を投げた回数×2
  • 餌補正:餌を投げた回数×2

次にBを求める。

B=(S×1275)÷100

※但しBは3~20の間

後はBを普通の場合のGに入れて計算。

第五世代・第六世代

第三世代以降と同様といわれている。

関連項目