ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

ほそいき

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ほそいきとは、フィールド上に生えているポケモンの技「いあいぎり」(ピカブイではヒジュツ・ケサギリ)で切る事ができる細い木のこと。林などの狭い道などで見かけることが多い。一度切った木は他の道路や町へ行くとまた生えてくる。

概要

道路に立って、通行を制限するものが多いが、9ばんどうろのように道を塞ぐことなく並んで立っているものもある。タマムシジムでは、仕掛けとして登場する。タマムシジムやニビかがくはくぶつかんなど、ほそいきを切り倒さないと入れない施設や場所も多い。

第一世代、第二世代では、枝分かれのしたような木の形をしている。第一世代では木の前でポケモンと技を指定しないと切る事ができないが、第二世代以降では木の前でボタンを押すと「このきは なんだか きれそうだ!」というセリフが出るようになり、(条件のジムバッジを入手し、なおかついあいぎりが使えるポケモンが手持ちにいれば)「いあいぎりを使いますか?」の選択肢が出てそのまま切れるようになった。

第三世代のルビー・サファイア以降では、それとは別の形をしているが、ファイアレッド・リーフグリーンでは第一世代のリメイクを使用している。

第六世代では「とげが 危なくて 通れないけど ポケモンの 技なら 切れるかも?」にテキストが変わり、木もトゲをはやした木に変わった。