ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

おんねん

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
おんねん
第三世代
タイプ ゴースト
分類 変化
威力 -
命中率 100(第三世代)
→-(第四世代以降)
PP 5
範囲 自分
直接攻撃 ×
パレス じぶん
効果
使ったポケモンをおんねん状態にする。おんねん状態のポケモンを攻撃してひんし状態にすると、その時使用された技のPPが0になる。
Zワザによる付加効果
自分をちゅうもくのまと状態にする。
判定
アピールタイプ たくましさ
アピール (RSE)
妨害 (RSE)  
アピール効果(RSE)
アピールの順番が1番の時は1個、2番の時は2個、3番のときは4個、4番の時は6個ハートが追加される。
アピール(DP) ♡♡
アピール効果(DP)
審査員全員のボルテージが1ずつ下がる。
アピール(ORAS) ♡♡♡♡
妨害 (ORAS) ♥♥♥♥
アピール効果(ORAS)
自分より前のポケモンを全員妨害。次のターンはアピールに参加できない。

おんねんは、ポケモンの技の一種。

説明文

たたかうわざ

コンテストわざ

  • 第三世代:みんなの あとで アピールするほど すごい アピールに みせられる
  • 第四世代:しんさいん ぜんいんの ボルテージが 1つずつ へる。
  • 第六世代:みんなの じゃまを しまくって つぎの アピールは さんか しない
  • 第六世代:みんなの 邪魔を しまくって つぎの アピールは 参加しない

使用ポケモン:覚える方法

レベルアップ

ポケモン名 覚える方法
RSE/FRLG DPt/HGSS BW/B2W2 XY/ORAS SM/USUM
ロコン 37 41 47BW
44B2W2
44 44
キュウコン
ムウマ 53 46 50 50 50
ヌケニン 45 45 45 43XY
37ORAS
37
カゲボウズ 56 46 50BW
46B2W2
46 46
ジュペッタ 64 58 66BW
52B2W2
52 52
ムウマージ -
デスマス - - 41 41 41
デスカーン - - 45 45 45
凡例
継:進化前から継続して覚えることができる。

タマゴわざ

ポケモン名 覚える世代 進化後の継続
3 4 5 6 7
ゴース ゴースト
ゲンガー
ドガース × マタドガス
ラルトス × キルリア
サーナイト
エルレイド
ヨマワル サマヨール
ヨノワール
ミカルゲ - -
ボクレー - - - オーロット
ミミッキュ - - - - -

こんなときに使おう

こだわり系アイテムを持っているポケモンの技や主力技のPPを0にできればそれなりに有利にはなれるが、相手をひんし状態にする効果があるみちづれと比べると見劣りする技である。対象を後続の積みの起点にするならおんねんの方が優秀であるという面もあるが、自身がひんしになることを前提とする技としてはそう考えたとしてもアドバンテージがささやかである。

ポケモンカードゲームにおけるおんねん

「相手プレイヤーがすでにとったサイドの数×10ダメージを追加。」という効果の攻撃ワザとして登場する。

ポケモン不思議のダンジョンにおけるおんねん

自分をおんねん状態にする。頭上に紫色の盾のエフェクトが出る。おんねん状態で倒されると、倒したポケモンの最後に使った技のPPを0にする。一定ターンで元に戻る。

必然的に持久戦になり、わざの威力よりもPPの多さが重要になってくる不思議のダンジョンにおいては、敵に使われると非常に厄介。使われてしまったら効果が切れるまでやり過ごしたい。

空の探検隊では追加ダンジョンで「おんねんスイッチ」というワナが登場する。踏むと敵ポケモンが周りに出現し、さらにそのフロアにいる敵ポケモンが全員おんねん状態になる。そして、このおんねん状態は時間経過で解除されないという超凶悪なワナである。

連結技で使用ポケモンを倒し、おんねんの効果でPPが0になっても連結は解除されない。ただし、もう1度その連結技を使用すると解除されてしまう。

効果が発動するとメッセージ欄に「おんねんだッ!」というメッセージが出る。

備考

おんねん (状態変化)も参照。

  • Zワザにすると自分を注目の的状態にする効果が付加される。
    • 注目の的状態はおんねん状態と異なりターン終了と共に解除されるため、後攻で使うおんねんをZワザにしても意味はない。
  • 似た効果を持つ技にみちづれがある。みちづれは第七世代から連続して使用すると失敗するようになったが、おんねんは第七世代以降においても連続して使用しても成功する。また、おんねんとみちづれを交互に使用しても成功する。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 おんねん
英語 Grudge
ドイツ語 Nachspiel
フランス語 Rancune
イタリア語 Rancore
スペイン語 Rabia
韓国語 원념
中国語(普通話・台湾国語) 怨念
中国語(広東語) 怨恨