ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

トレーナーヒル

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

トレーナーヒルは、ポケットモンスター エメラルドにおいて、111ばんどうろにある施設。

概要

途中の階にいるトレーナーを倒したり、トラップを回避しながら、できるだけ速く最上階を目指す施設。内部にはポケモンセンターフレンドリィショップの施設を備える。

基本的なシステムはファイアレッド・リーフグリーンのトレーナータワーと同様。トレーナーの持つポケモンのレベルはこちらのポケモンの最高レベルに合わせられる。トレーナーを倒しても経験値賞金は得られない。バトルフロンティアなどと異なり、アイテムも使用できるが、消費したアイテムはポケモンのもちもの、手持ちにかかわらず復活しない。最上階まで行くと、賞品が貰える。ネコにこばんを使ってもお金は得られず、戦闘後のものひろいは発動しない。相手のポケモンからもちものを奪うことはできないが、はたきおとすことは可能。スケッチは有効で、戦闘後に技が残る。にげるによるギブアップは可能(基本システムにおいて、ものひろい無効・ギブアップ可能という点がトレーナータワーとの差異である)。

ポケモンバトルカードe+ エメラルドを読み込ませることで、途中のフロアやトレーナーを追加・変更することができる(一度でも読み込ませると、初期状態には戻せなくなる)。2枚のカードが1フロアに対応し、1フロアに2人のトレーナーが出現、読み込ませたカード枚数が奇数の場合、最後のフロアに補欠としてトレーナーが追加される。さらに、奇数番目に読み込ませたカードによって地形が変化し、ものによってはカラクリやしきのような複雑なパズルマップになる。上限である8枚のカードを読み込ませると、その組み合わせに応じてクリア賞品が手に入る。トレーナータワーと異なり、カードを再読み込みさせなくても何度でも賞品を受け取れる。

1人のトレーナーは3匹のポケモンを使用するが、同じカードでも読み込ませたのが奇数番目か偶数番目かによって使用するポケモンが変化する。同フロアのトレーナーに個別に話しかければシングルバトルになるが、同時に見つかるとタッグバトルになる。地形によっては必然的にタッグバトルを強制される場合もある。

北米版ではカードe+に対応していないため、4種のタワーの中から1つ選び、挑戦する形式。

商品

商品名 金額
いいキズぐすり 700円
どくけし 100円
まひなおし 200円
ねむけざまし 250円
スピーダー 350円
スペシャルアップ 350円
プラスパワー 500円
ディフェンダー 550円
クリティカッター 650円
エフェクトガード 700円
ヨクアタール 950円

初期トレーナー

2階(タッグバトルになる可能性あり)
たんぱんこぞう シゲノブ
ジグザグマ ものひろい Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
キノココ ほうし Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
サンド すながくれ Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
パラソルおねえさん アカリ
キャモメ するどいめ Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
アメタマ [[]] Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
ドンメル どんかん Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
3階(強制タッグバトル)
ニンジャごっこ シゲゾウ [[]]
ラクライ [[]] Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
ヘイガニ [[]] Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
ヤジロン ふゆう Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
おとなのおねえさん ナミコ [[]]
タマザラシ あついしぼう Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
バネブー [[]] Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
ポチエナ にげあし Lv. [[]] [[]] [[]] [[]]
この節は書きかけです。加筆、訂正して下さる協力者を求めています。

攻略法

トレーナータワー同様、Lv5でりゅうのいかりを覚えたドーブルが大活躍する。基本的に全てのトレーナーとタッグバトルが可能なので、ドーブルで対処しづらい相手でもコンビネーションで突破することができる。ファイアレッド・リーフグリーンのイベント交換で低レベルのマルマインを用意し、1戦ごとにだいばくはつで1:2交換しつつげんきのかけらで復活させるという荒っぽい戦術も考えられる。

備考

No.55のカードの地形にはハマりがある。トレーナーと戦った後に別のフロアに移動してから戻ってくると、トレーナーの位置が初期化されてしまうので滑る床から脱出不可能なエリアに侵入できてしまう。仮にセーブしてしまった場合でも、カードを読み込ませて地形を更新すれば強制的に外に出されるので致命的なハマりにはならないが、データ変更不可能な海外版においてはこの地形が出現しないようにトレーナーの順番が調整されている。

関連項目

各言語版での名称

言語 名前
日本語 トレーナーヒル
英語 Trainer Hill
フランス語 Mont Dresseurs
ドイツ語 Trainerberg
イタリア語 Monte Allenatori
スペイン語
韓国語
中国語(普通話・台湾国語)