第七世代(サン・ムーン)登場に関するお願い
サン・ムーン発売Pokémon GOの更新に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

BW編第123話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
さらばイッシュ! 新たなる船出!!
話数 BW123話
通算話数 784話
放送日 2013年4月25日
主題歌
OP 夏めく坂道
ED 手をつなごう
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 面出明美
絵コンテ 吉村文宏
演出 山口頼房
作画監督 片山みゆき

さらばイッシュ! 新たなる船出!! とはポケットモンスター ベストウイッシュ第123話のこと。デコロラアドベンチャーの第1話。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

世界の何処かでサトシはレシラムの背に乗って空高く飛んでいた。空中飛行を楽しんでいるとゼクロムに乗ったアイリスが前方に現れる。そしてサトシはゼクロムの放った電撃を喰らい、レシラムの背から落ちていった…。気がつくとサトシの目の前にはピカチュウとアイリス、キバゴの姿が。実は先ほどのはサトシが見ていた夢でアイリスに頼まれたピカチュウがサトシを起こす為に電撃を使っていたのだ。それを聞いたサトシはカノコタウンに帰ってきている事を思い出す。そう、サトシ達はN達と別れた後、カノコタウンに戻ってアララギ研究所で寝泊りしていたのであった。

デント、アララギ博士と一緒に朝食を食べるサトシとアイリス。その中、サトシはアララギ博士に今後について聞かれ、カントー地方に帰ると伝える。続いてアララギ博士がデントに聞こうとするとアイリスが自分もカントーに行くと突然の宣言。どうやらドラゴンマスターを目指す者として他の地方のドラゴンポケモンにも会ってみたいという。それに対してデントも実はポケモンソムリエの事を広める為に自身にカントー地方に行くとサトシに告げた。それを聞いたサトシはまたしばらく3人旅ができると大喜び。しかしアララギ博士に帰り方を聞かれたところ、まだ決めていなかったという。そこでアララギ博士は船旅を提案。カノコタウンの港にデコロラ諸島と呼ばれる島々を経由してカントー地方に向かう客船・デコロラ汽船があるらしく、デコロラ諸島では様々なポケモンが生息しているという。それを聞いたサトシ達はその船に乗る事を決意する。しかし、その話を外にいたムサシ、コジロウ、ニャースが盗聴。またも作戦を立てようと現場を去る。 その後、サトシはオーキド博士とテレビ電話で連絡。アララギ研究所で預かっているサトシのポケモンもオーキド研究所に送られる事に。

アララギ博士のオープンカーで港に赴いたサトシ達。アララギ博士は1人で客船への乗船用チケットを購入しにいったが購入直後に老人とぶつかり、チケットを落としてしまう。しかし、その老人は変装したコジロウ。落ちたチケットを偽物と摩り替え、アララギ博士に渡してしまう。摩り替えられた事に気づかないまま、偽物のチケットをデントに渡したアララギ博士はサトシ達と別れ、オープンカーで研究所に帰っていく。博士を見送った後、汽船へと向かったサトシ達だがチーフパーサーにチケットを渡したところ、チケットが違うと言われてしまう。どの船に乗れば・・・、と迷っていたその時、乗務員(に変装したムサシ)が目の前に。渡したチケットが通用し、サトシ達はデコロラ汽船よりも小さい船の方へ。船に乗り込んだサトシ達は乗務員と操縦士(に変装したコジロウ)の説明を受けた後、乗務員にモンスターボールを全て預け、操縦士と一緒に客室へ。そしてピカチュウとキバゴは乗務員と一緒にポケモン専用ルームに向かうが、ピカチュウとキバゴは楽しみにするあまり走り出してしまう。素が出ながらも追いかける乗務員だが途中で運んでいたモンスターボールを1個こぼしてしまう。こぼしたボールから出て来たミジュマルはそのまま何処かへ行ってしまい…。

サトシ達を質素な客室へと案内した操縦士は一行への対応に手間取りながらも客室を出ていく。ドアが閉まるとドアノブの下のランプが緑から赤へと変わっていく。一方、ピカチュウとキバゴはポケモン専用ルームに到着。 ポケモンフーズを置いた乗務員はモンスターボールをリフレッシュ装置に入れるとすぐさま退室していく。そして自動ドアが閉まるとドアに付いたランプが緑から赤へ変わるのだった。その頃、ミジュマルは楽しそうに船内を歩き回っていた。その途中、話し声を聞いたミジュマルは声のする部屋を覗き込む。その部屋には乗務員(に変装していたムサシ)と操縦士(に変装していたコジロウ)、そしてニャースが装置の傍で話し合っていた。サトシ達とポケモンを隔離し、ドアロックで両者を閉じ込めたという彼らの話を聞いて、ミジュマルは険しい表情に。

サトシ達とピカチュウ達がドアが開かない事に気づいた中、盗み聞きを続けるミジュマルはロケット団の今後の行動を聞いてしまう。ロケット団は船を出港させた後、サトシ達を船外に追い出し、そのままポケモンを連れ去ろうとしていたのだ。その話を聞いた直後、ミジュマルははずみで前に出てしまい、ムサシ達に気づかれてしまう。 ミジュマルを捕まえようとするムサシ達だったがミジュマルはムサシ達をかわすとシェルブレードで装置を攻撃。シェルブレードの直撃で装置は不調を起こし、全てのドアロックが解除されてしまう。 ドアロックの解除によって客室から出たサトシ達はピカチュウ達を探しに船内を巡っていく。その途中でサトシはミジュマルが入っていたモンスターボールを拾い、ポケモン専用ルームから出て来たピカチュウと合流。その後、ポケモン専用ルームでアイリスもキバゴと合流し、デントもリフレッシュ装置に入れられていたモンスターボールを回収する。

船首でロケット団に追い詰められたミジュマル。とその時、サトシ達が駆けつけ…。

イベント

イッシュ地方を離れることに伴い、アララギ研究所に預けていたサトシのポケモンは全匹、マサラタウンのオーキド研究所に転送された。

登場キャラクター

人物

ポケモン

映像のみ

サトシの夢のみ登場

備考

  • この回から『ベストウイッシュ シーズン2 デコロラアドベンチャー』に移行し、オープニングテーマ・エンディングテーマが変更された。
ポケットモンスター ベストウイッシュ一覧
イッシュ編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84
イーストイッシュ編85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108
白の遺跡編109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122
デコロラ諸島編123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142
特別編143 144
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。