ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

BW編第138話

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
ゴーゴーゴーゴート!
話数 BW138話
通算話数 799話
放送日 2013年8月22日
主題歌
OP 夏めく坂道
ED 手をつなごう
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 面出明美
絵コンテ 川田武範
演出 浅田裕二
作画監督 岩根雅明

ゴーゴーゴーゴート! とはポケットモンスター ベストウイッシュ第138話のこと。デコロラアドベンチャーの第16話。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

デコロラ諸島での旅の途中、サトシ達とパンジーは何処かの島のポケモンセンターに来ていた。設備の取材を済ませ、記事書きに入るパンジーはセンターにポケモンを預けたサトシ達に外で待っているゴーゴートの様子見を任せる。サトシ達がセンターの外で待機する中、近くにいたゴーゴートの前に筒を背負った少年が寄ってきた。少年にくっつくあまり、角に触れられたゴーゴートは少年を背中に乗せて何処かへ行ってしまう。

その直後、一行はゴーゴートがいない事に気づき、サトシとデントはゴーゴートを探しに街中へ。その途中、パトカーに乗ったジュンサーと側にいる女を見かけた2人はジュンサーに話を聞きに行くが、なんとジュンサーの側にいる女もトニーという息子を探しているという。ジュンサーはサトシ達の件も聞いて、見知らぬポケモン(=ゴーゴート)が少年(=トニー)を乗せて歩いていたという目撃証言を思い出す。とそこへアイリスとパンジーが駆けつけ、行方不明になったゴーゴートについて説明する。パンジーによるとゴーゴートは角に触れた人間の思いを読み取り、その内容を実現させようとするという。トニーの母親はその話を聞くとトニーが山の頂上にある天文台に向かったではないかと察する。トニー母の話では今日がトニーの父親の誕生日なのだが、今日に限って職務先の天文台で泊り込む事になったらしい。トニーは父と一緒に誕生日を祝おうと考えていたといたのだが、泊り込みを知って家を飛び出したという。だとすれば、ゴーゴートはトニーを連れて山の中へ...。そう考えたサトシ達は街での捜索をジュンサーに任せ、山へと向かう。その途中、一同は分かれ道にぶつかるがどちらも天文台に通じるルート。そこでサトシとパンジーは左の道を、アイリスとデントは右の道を進む事に。

しばらくして、左の道を通ったサトシとパンジーがゴーゴートに追いついた。トニーの無事を確認した2人だがトニーは筒に入ったプレゼントを誕生日中に届けると父に約束したという。それを聞いたパンジーは自分達でトニーを天文台に送り届けると提案して...。

イベント

登場キャラクター

人物

ポケモン

パンジーの回想に登場

備考

  • テレビ東京系列でのみ次回作『ポケットモンスターXY』の告知や後に放送されるBW編第143話BW編第144話の予告映像が放送された。
  • ロケット団は登場しなかった。
  • 8月29日の放送は休止。
ポケットモンスター ベストウイッシュ一覧
イッシュ編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84
イーストイッシュ編85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108
白の遺跡編109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122
デコロラ諸島編123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142
特別編143 144
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。