ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモン図鑑の置き換え作業に伴い、作業中の不正確な情報が見えてしまうことがあります。ご迷惑をお掛け致しますが、ご理解いただければと思います。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

BW編第83話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
激闘タチワキジム! VSホミカ!! (前編)
話数 BW83話
通算話数 744話
放送日 2012年6月14日
主題歌
OP ベストウイッシュ!
ED みてみて☆こっちっち
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 冨岡淳広
絵コンテ 川田武範
演出 浅田裕二
作画監督 岩根雅明

激闘タチワキジム! VSホミカ!! (前編)とは、ポケットモンスター ベストウイッシュ第83話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

ポケウッドでのコンクールを終えたサトシ達はジム戦を前にポケモンセンターへ向かっていた。明日はいよいよ8個目のバッジをかけたジム戦。サトシがいつも以上に気合いを入れる中、一行の横を少年がポケモンセンターに向かって走っていく。

一行がセンターにつくとベッドには毒に侵されたポケモンが。そのポケモンを持ってた少年から話を聞くと、彼はジム戦に負けた後だと言う。さらにその他の子供達からも話を聞き、タチワキのジムリーダーについての情報を知る。

話をまとめるとタチワキジムのジムリーダーはどくポケモンの使い手の上、1体で相手のポケモンを全滅させるほどの実力を持つらしい。そして、その戦闘スタイルは毒で動きづらくした所で強力な攻撃を叩き込むというもの。タチワキのジムリーダーは今までよりも格が違う。一行はジム戦に備えてサトシの手持ちメンバー編成について一晩考え込むのであった。

翌朝。準備を終えた一行はタチワキジムへ。ところがジムはただの建物の所にあった。ジムのマークがある場所の扉から中に入ると地下へと続く廊下が。廊下を通り抜けて先の扉を開けるとそこは観客でいっぱい。ジム戦に負けたトレーナーが去った後、ジムリーダーがサトシに呼び掛けてきた。

ジムリーダーの名はホミカ。彼女はパンクバンド「ザ・ドガース」のボーカルを務め、メンバーのルーやクックと一緒に様々な地方でツアーをしているという。そして、このジムはライブハウスを兼ねていて、観客たちも演奏と試合が目当てで押し寄せているという。

さっそくジム戦を始めようとする中、自信家のホミカは6対3でのバトルを持ち掛けてきた。つまり、挑戦者のサトシのみが手持ち全てを使っていいということ。自分自身がルールを決めると豪語するホミカにサトシは仕方なく提案を受ける。

一行をつけてきたメロエッタが密かに見守る中、サトシとホミカによるジム戦が始まった…。

登場キャラクター

人物

ポケモン

イメージのみ登場

備考

  • テレビ東京系列では1時間スペシャルでそのままBW編第84話が続けて放送された。遅れている地域では1話ずつ放送。
ポケットモンスター ベストウイッシュ一覧
イッシュ編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84
イーストイッシュ編85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108
白の遺跡編109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122
デコロラ諸島編123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142
特別編143 144
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。