ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

XY編第70話

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
決着! ヌメルゴン虹の彼方に!!
話数 XY70話
通算話数 878話
放送日 2015年4月30日
主題歌
OP ゲッタバンバン
ED ガオガオ・オールスター
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 藤田伸三
絵コンテ 樋口香里
演出 南川達馬
作画監督 片山みゆき

決着! ヌメルゴン虹の彼方に!! とはポケットモンスター XYの第70話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

故郷の湿地帯に戻って来たサトシのヌメルゴンは友達や仲間を守る為にフラージェスと彼が率いるポケモン軍団に戦いを挑んだ。だがフラージェスとの一騎打ちの最中、どこからか飛んできたシャドーボールとサイケこうせんが背中に直撃。ヌメルゴンは倒れ、フラージェス達は投げ込まれたメカが放った煙に紛れて姿を消してしまった。看病の為にヌメルゴンをケンゾウの小屋で寝かせるサトシ達。一方、シトロンはヌメルゴンを攻撃したシャドーボールとサイケこうせんに疑問を抱き、ケンゾウに監視カメラの映像を見せてほしいと頼み込む。

ところが真夜中、アリアドスの群れが小屋に押し入り、ヌメルゴンと添い寝していたピカチュウとデデンネ、ウパーを連れ去ってしまったのだ。取り返そうと後を追うサトシだが、小屋の外で待ち伏せていたメガヤンマとスピアーとカイロスにゲコガシラとヒノヤコマは太刀打ちできない。さらにスピアー達は目覚めたヌメルゴンにも攻撃し、そのまま逃げてしまう。シトロンの証言で監視カメラの映像にロケット団が映っている事を知ったサトシ達はヌメルゴンの案内でフラージェス達が潜む泉へと向かう。一方、ケンゾウも泉の水源に対する疑問からマダツボミと共に調査に動き出す。

泉へ向かう一行だが、その道中にはカイロスやメガヤンマやアリアドスが立ち塞がっていた。説得も通じない為、シトロンとハリマロンとホルビー、セレナとテールナーが引き付け、その隙にサトシとヌメルゴン、ユリーカは泉のある洞窟へ入るが、そこでハブネークを連れ、フラエッテを抱えたフラージェスと対峙。その時、湿地帯の揺れと共に水が一滴残らず無くなってしまう。そしてサトシ達の前にロケット団が姿を現す。

ロケット団によるとフラージェスは病気で元気を無くしたフラエッテを救う為に湿地帯を襲撃して泉を奪ったという。その状況に目を付けたロケット団はフラージェスを騙す事で湿地帯の水を独占し、大儲けしようと目論んだのだ。湿地帯の水とピカチュウ達を手中に収めたロケット団は貯水タンクを搭載したマンタイン型の巨大飛行艇に乗り込み、湿地帯から飛び去ろうする。ピカチュウ達を取り戻す為、サトシはヌメルゴンの伸びる角に自分を投げ飛ばしてもらい飛行艇にしがみついた。さらにフラージェスもメガヤンマに運んでもらい、ヌメルゴンもりゅうのはどうで跳び上がって飛行艇に乗り込むのだった…。

イベント

  • サトシのヌメルゴンが湿地帯にいる仲間と暮らすようにサトシに勧められ、サトシ達と別れる。

登場キャラクター

人物

ポケモン

回想のみ

備考

ポケットモンスター XY一覧
カロス編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93
Z編94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
特別編141 142
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。