ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

XY編第134話

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
突撃ミアレジム! シトロイドよ永遠に!!
話数 XY134話
通算話数 943話
放送日 2016年9月8日
主題歌
OP XY&Z
ED プニちゃんのうた
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 冨岡淳広
絵コンテ 志村錠児
演出 前園文夫
作画監督 阿浪純司
上杉遵史

突撃ミアレジム! シトロイドよ永遠に!! とはポケットモンスター XYの第134話及びXY&Zの第41話。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

ユリーカとリモーネが暴走したプニちゃんを追う一方、プリズムタワー上部でフラダリとの戦いを続けるサトシとアラン。サトシのポケモンが倒されていく中、パキラが割り込んでくる。

その頃、ロケット団のヘリコプターに乗り込んだセレナ、マノン、プラターヌ博士はハリさんが眠っているフラダリラボに到着。待ち構えていた大勢のフレア団員に襲撃されるが、そこへホウエン地方のチャンピオン・ダイゴが割って入る。

そしてタワー内に入ったシトロンとシトロイドはついにミアレジムに辿り着き、クセロシキと激突する。

イベント

サトシ側

  • サトシとアランがフラダリとの対決を続ける。
    • サトシのオンバーン、ルチャブル、ヌメルゴン、ファイアローがフラダリのギャラドスに倒される。
    • パキラとヘルガーがサトシとアラン、ピカチュウ、ゲッコウガ、リザードンに加勢する。

セレナ組

  • セレナ、マノン、プラターヌ博士、ロケット団はフラダリラボ上空でモミジとマニューラに襲われる。
    • ダイゴとメタグロス、モミジ達と戦う。
  • コレアとドラピオン、ラボ内でセレナ達に立ち塞がる。
    • ムサシ、コジロウ、ニャースが正体を現し、パンプジンやマーイーカと共にコレアと戦う。
  • マノンとプラターヌ博士、病室からマノンのハリマロンを連れ出す。
    • セレナ、テールナー、ヤンチャム、ニンフィアがフレア団員に応戦。後にダイゴとメタグロスが合流する。

シトロン側

  • シトロンとシトロイド、ミアレジムに突入。
    • クセロシキのクロバットとカラマネロがシトロンのハリマロン、ホルビー、レントラーと戦い倒される。
  • シトロイド、クセロシキが開発したコントロールシステムに接続・同化する。
    • シトロイド、バトルフィールドの落とし穴を起動。クセロシキ、落とし穴に落ちる。
  • シトロン、コントロールシステムを強制シャットダウンする。
    • シトロイド、シャットダウンによる負荷で機能停止。記憶を失い再起不能となる。
    • Z2、コントロールシステムの損壊により正気に戻る。

ユリーカ側

  • ユリーカ、デデンネ、リモーネ、バシャーモはプニちゃんを追う。
    • プニちゃん、ユリーカのを聞いて自我を取り戻す。
    • プニちゃん、洗脳が解けたZ2の下へ向かう。

登場キャラクター

人物

ポケモン

備考

  • 次週・9月15日は1時間スペシャルが放送。
ポケットモンスター XY一覧
カロス編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93
Z編94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
特別編141 142