ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。ぜひ編集への参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
また、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、アカウントを作成し、訂正いただければ幸いです。

XY編第47話

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索
シトロン、想い出のキャンパス! 電撃の再会!!
話数 XY47話
通算話数 853話
放送日 2014年10月23日
主題歌
OP メガV (メガボルト)
ED ドリドリ
スタッフ
アニメ制作 Team Kato
脚本 藤田伸三
絵コンテ 金崎貴臣
演出 末田宜史
冨安大貴
作画監督 小山知洋

シトロン、想い出のキャンパス! 電撃の再会!! とはポケットモンスター XY第47話のこと。


注意:以降の記述には、作品の内容やあらすじ、登場人物などのネタバレが含まれます。ご理解の上ご利用ください。

あらすじ

旅の途中、とある街を訪れたサトシ達はエクレールという女性と出会う。エクレールはシトロンの知人でこの街にある学校の教師だった。この街にはでんきタイプを専門的に扱う学校が建っており、シトロンは幼い頃、父・リモーネの勧めで通っていたという。その学校を見学中、シトロンは卒業前の話を一行に明かすこととなった。

卒業研究が課せられていた頃、気分転換で散歩していたシトロンは公園で弱った野生のコリンクと出会った。そのコリンクはポケモンセンターで治療を受けたが、その際のジョーイの一言でシトロンはでんきポケモンが電気を補給できるスポット「シトロニックシャワー」を想いつき、その過程で「発送電システム」のイメージが生まれたのだった。学校のポケモンが作った電気を街中に届ける「発送電システム」はシトロンの卒業研究として定着し、街の人々が大絶賛。今では街にとって無くてはならない存在となっていた。

話を終え、一行とエクレールは発送電システムのコントロールルームに来てみるがその直後、変電ブースでトラブルが感知された。サトシ、セレナ、シトロンはスタッフと一緒に野生のポケモンが住み着いているという変電ブースを偵察しに行くが、そこにいたのはシトロンの話を盗み聞きし、電気を盗んでいたロケット団だった。気づかれたロケット団が逃走する中、追っていたサトシ達は野生のルクシオと遭遇。そのルクシオは悪者(ロケット団)がいる事を知るとその場を去るがシトロンはそんなルクシオに何かを感じたのだった。そして夜、学校に泊まることになったサトシ達は程の事件からコリンクの事ばかり考えていたシトロンから話の続きを聞く事に。

卒業式前日、シトロンは自分に卒業研究のヒントを与えてくれたコリンクにお礼のケーキを渡す為、指定した場所でコリンクと待ち合わせしていた。しかし、その場所に向かう途中でシトロンは市長に呼び止められ、強引に卒業記念の食事会に連れて行かれてしまう。車に乗せられたシトロンは一足早く待ち合わせ場所に来ていたコリンクとすれ違い、その時を境にシトロンとコリンクの出会いは途切れた。コリンクをパートナーにするというシトロンの願いは叶わず、そのまま年月が過ぎてしまったのだった。もしかしたら、あのルクシオはあの頃のコリンク…そう考えていたシトロンだったが突然、街全体が停電してしまう。その原因はロケット団が発送電システムの中枢から膨大な電気を盗んだ為だった。その現場にルクシオが現れ…。

イベント

  • シトロンがルクシオをゲットする。

登場キャラクター

人物

ポケモン

回想のみ

備考

ポケットモンスター XY一覧
カロス編1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93
Z編94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140
特別編141 142
この項目はアニメプロジェクトによって作成されています。