ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ゲームボーイミクロ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
この項目「ゲームボーイミクロ」はウィキペディアにも存在しています。
ゲームボーイミクロ
発売日
日本 2005年09月13日
アメリカ 2005年09月19日
ヨーロッパ 2005年11月04日
オーストラリア 2005年11月03日
韓国
公式サイト

任天堂公式ページ

ゲームボーイミクロは任天堂が開発し、日本では2005年9月13日に発売された32ビットの携帯型ゲーム機。ゲームボーイアドバンスの姉妹機で、小型であることが特長。希望小売価格は消費税5%込みで12,000円 (本体価格11,429円)。

概要

ゲームボーイミクロはゲームボーイアドバンスの姉妹機として登場した。きわめて小型の本体を持つことが特徴であり、重量もゲームボーイアドバンスの140gにくらべ80gと軽量である。 ゲームボーイアドバンスの姉妹機ではあるが、ゲームボーイソフトの互換性はない。そのため、ポケットモンスターにおいては第一世代第二世代のプレイが不可能である。

通信端子の形状も異なり、通信ケーブル及びワイヤレスアダプタは専用の物が必要。変換コネクタは存在するが、ミクロ用の端子を従来のGBAに変換するものなので、それ以外の周辺機器は接続できない。ポケモン関係ではカードeリーダー+と、GC用のGBAケーブルが使用不可能である点が問題となりうる。

仕様

型名
OXY-001
液晶画面
透過型TFTカラー液晶 2.0型 (縦28.32mm×横42.48mm)、縦160ドット×横240ドット 32000色表示可能(バックライト付、5段階輝度調整可)
CPU
32bit RISC CPU (ARM7TDMI 16.78MHz)
8bit CISC CPU (カスタムZ80 4.2/8.4MHz)
寸法
幅101mm×高さ50mm×厚さ17.2mm
本体質量
80g (バッテリーパック含む)
電源
専用ACアダプタ (OXY-002)
専用バッテリーパック (OXY-003)
バッテリー持続時間
6-10時間

オリジナルカラー

ゲームボーイミクロ ポケモンバージョン
2005年11月17日発売。フェイスプレートは黒、そのほかの本体は赤。フェイスプレート右上側にピカチュウのシルエットが描かれている。

関連項目