ウルトラサン・ウルトラムーン発売に伴い、ポケモンWikiにおいて新規投稿や加筆修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、修正、検証等に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

スーパーゲームボーイ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索
この項目「スーパーゲームボーイ」はウィキペディアにも存在しています。

スーパーゲームボーイ (SUPER GAMEBOY) は、スーパーファミコン用の周辺機器。希望小売価格は6800円。派生版としてのスーパーゲームボーイ2もここで解説する。

概要

ゲームボーイ用ソフトをテレビ画面でプレイできるスーパーファミコン用の周辺機器である。

ゲームボーイで使用できるソフトのほとんどが利用可能であるが、通信機能についてはスーパーゲームボーイでは利用不可能である(スーパーゲームボーイ2では可能)。

スーパーファミコンの解像度はゲームボーイの解像度より大きいため、ゲームボーイ用ゲームの画面はテレビ画面より小さい。なお、ゲーム画面はテレビ画面の中央にセンタリングされている。テレビ画面とゲーム画面の間はピクチャーフレームと呼ばれ、内蔵されているいくつかのフレームから表示するピクチャーフレームを選択することができる。

ピクチャーフレームにはお絵かきモードというものもあり、フレーム内、またはフレームとゲーム画面にお絵かきをすることができる。

コントローラはスーパーファミコン用コントローラを利用する。なお、ボタン配置の設定は2つの種類より選択することができる。

ゲームボーイプレーヤーとは異なり、ほかのゲームソフトを利用する場合は取り外す必要がある。

スーパーゲームボーイ対応ソフトでは、専用の配色や専用のフレームを利用することができる。また、最大13色の同時表示や、スーパーゲームボーイのみ利用可能なサウンドなども対応している。しかしながら、ゲームボーイカラー対応ソフトの意図した色を表示することはできない。

隠しモードとして低速及び高速(1.25倍)プレイにも対応している。切り替えには公式サードパーティであるホリ電機製のコントローラ「SGBコマンダー」が必要。

スーパーゲームボーイ2ではゲームボーイポケット用通信ケーブルに対応したほか、スーパーゲームボーイに存在するいくつかの不具合を解消するなどしている。

ポケモンシリーズとの関連

ゲームボーイで発売されたポケモンシリーズは、全てスーパーゲームボーイに対応している。赤・緑のCMでもスーパーゲームボーイへの対応について言及している。第一世代ではエリアごとに配色が変わるので、例えば町に出入りするたびに地形の色が変化する。また、ゲームボーイカラー対応作品についても可能な限り色を再現している。

ポケモンスタジアムシリーズにおけるGBモードは、スーパーゲームボーイの発色を再現している。ただし色の変更はできない。また第二世代を高速化した場合はセピア色(2倍速)またはモノクロ(3倍速)になる。

ゲームボーイシリーズは乾電池式であり、当時は現在のような高性能の充電池もなかった。専用の充電バッテリーも存在していたがあまり普及していなかった。そのため、電池代の節約としてスーパーゲームボーイを使用していたプレイヤーも多かった。

備考

関連項目

外部リンク