ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

ポケパルレ

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

ポケパルレ第六世代に登場するミニゲームである。

概要

手持ちポケモン3DS下のタッチ画面に呼び出し、なでたりポフレをあげたりしてふれ合える。ポフレはミニゲームを行うことで手に入れることができる。

このとき、ポケモンのトレーナーに対する信頼度合、満腹度合、遊び度合がそれぞれハート、ポフレ、音符マークの数(0~5個)で表示される。

オメガルビー・アルファサファイアでは、「プレイナビ」の中にある。

度合

なかよし

信頼度合のこと。ポケモンと触れ合ったり、ポフレをあげると上昇する。 なつき度とは一切関係がなく、ピチューをはじめとしたポケモンが進化したり、おんがえしの攻撃力が上昇することはない。

イーブイニンフィアに進化する際には影響する。

時間経過をしたり、嫌がられるようなふれあい方をしてもで下降することはなく、なつき度のように道具などで下げることも出来ない。

この値が高くなると、戦闘で繰り出すときや技選択時のコメントが変化する。また、以下のような特殊な効果が得られるため、いつもより活躍しやすくなる。ただし、バトルハウスなどの模擬対戦や通信対戦では効果が得られない。また通常の戦闘でもメガシンカポケモンに対しては下記の補正がすべて解除される。

ハートマークの数 内部値 戦闘での効果
0 0 特になし
1 1~49
2 50~99 貰える経験値が増加(1.2倍)
※戦闘に出たとき身震いするようになる
3 100~149 ひんし状態になるダメージを受けてもたまにHP1で持ちこたえるようになる
※戦闘に出たときジャンプしてやる気を見せるようになる
※戦闘に繰り出すときのメッセージが変わる
4 150~254 敵の攻撃を一定確率でかわすようになる
状態異常を一定確率で自力回復するようになる
※戦闘時、色々な場面でポケモンがこちらに振り向く
※相手ポケモンを倒した際に撫でることができる
5 255 普段よりも攻撃が急所に当たりやすくなる

なかよし度を最大の255(ハートマーク5個)まで上げると、ミアレジムの1Fにいるユリーカからなかよしリボンを付けてもらえる。

おなか

ケーキマークの満腹度のこと。 ミニゲームで遊ぶと1.5枠分、時間経過によって少しづつ減少する。

ポフレをあげるごとに1つずつ上昇し、5回で満腹になる。(完全に空の時は6回) 満腹5になってしまうと、ポフレを食べさせられなくなる。

あそび

遊び度合のこと。ミニゲームをすることにより上昇し時間経過やポケモンを撫でることによって下降する。

触れ合い

タッチペンをスライドさせて、ポケモンを撫でることができる。しばらく撫でているとポケモンが嬉しそうな反応をしてくれる。 撫で続けるとあそび(♬マーク)のぶんだけハートが増える。撫でても音符のマークが出るような場合、なかよし度は上昇しておらず、撫で続けてもなかよし度のハートは増えない。

ポケモンによっては、鼻や耳など触ってほしくない場所があり、撫で続けると嫌がられる。 ポケモンによっては特殊なギミックがあり、ヒトモシの炎を触ると手アイコンがやけどになり、ピカチュウのほっぺたを触ると感電、ゴースの本体は実体がないため触れない(触っても効果がない)、コマタナのトゲを触ると怪我、クマシュンの鼻水を触ると濡れる、バニプッチの頭をなでると凍傷など、撫でられない場所も存在する。ベトベトンのように手がヘドロで汚れるがそれでも撫でると喜ばれる種族も存在する。
また、同じ場所を3回素早くタッチするとペチンと叩くことができる。もちろん、ポケモンには嫌がられる。

ポフレ

ポフレの味は、スイート(桃)、サワー(橙)、フレッシュ(緑)、ビター(薄茶)、スパイシー(濃茶)の5種。 各ポフレには「通常、レア、リッチ、プチデコ、フルデコ」の5種類のランクがあり、ランクが高いほど与えた時のハートが多くなる。

ポフレはミニゲームで獲得でき、難易度とクリアスコアが高いほど高級なものとなる。 プレイヤーの設定した誕生日に現れる来客、四天王チャンピオンを倒した後の来客が珍しいポフレをくれる。 また、ポケパルレ画面にしておくと、すれ違い通信をしたプレイヤーのポケモンが置いていく。

ポフレは自分のポケモンに与えてなかよし度を上昇させるのに使う他に、インテリアとして置くことができる。 時間経過で消えてしまうが、設置してあるポフレが高級なほど、すれ違い通信で訪れた来客のポケモンがレアなお土産を置いていきやすくなる。

ミニゲーム

3DSの下のタッチ画面にて行うミニゲーム。手持ちに状態異常ではないポケモンが3匹以上いると遊ぶことができる。

以下に述べる3種類が存在、それぞれにかんたん、ふつう、むずかしい、むげんの4つの難易度がある。「むげん」はプレイヤーの腕次第で、いつまでもプレイできる。ミニゲームをクリアすると、その成績やゲームの難易度に応じた数、種類のポフレが支給される。

もぎってナッツ
木にみのる実を欲しがっているポケモンに、制限時間内でできるだけ多くの木の実をスライドタッチで運んで与えるゲーム。
ねらってヘッド
ポケモンをタイミングよくタッチし、落ちてくる毛糸玉をヘディングで打ち返すゲーム。連続で成功すれば得点が上がっていく。
ぱったんパズル
位置がばらばらになったピースを、すべて元の位置にもどすゲーム。

ハートマーク

撫でたりポフレを与えたりすることで出てくるハートマークはなかよし度が目に見えないレベルで微増しているサイン。
ハートが蓄積されることでなかよし度を表すハートの表示数が増える。
・なかよし度のマーク1個……ハート1個以上
・なかよし度のマーク2個……ハート50個以上
・なかよし度のマーク3個……ハート100個以上
・なかよし度のマーク4個……ハート150個以上
・なかよし度のマーク5個……ハート255個以上

インテリア

ポケパルレでポケモン未選択時に下画面に表示されている部屋は、壁紙やインテリアを配置することによって模様替えを行うことができる。インテリアや壁紙の種類がなかよし度に影響することはない。

壁紙やインテリアは以下の方法で手に入る。

  • ポケモンのなかよし度が25、50、75、100、150、および255に達した時。
  • 各種ミニゲームで新たな難易度を開放した時。
  • 各種ミニゲームの各難易度で☆5つを達成した時。
  • すれ違い通信で訪れた来客のポケモンがお土産に置いて行った時。

その他

  • イーブイニンフィアへ進化させる場合、なかよし度のハートを2以上にする必要がある。
    • ニンフィアは野生には出てこない為、ニンフィア単体をなかよし度のハートが2より少ない状態にする事は不可能である。その為ニンフィアを低いレベルから育てる場合、必ず経験値が多く貰える状態になる。
  • ポケモンを下画面に呼び出す際に、呼び出したポケモンが大きいと、上画面にはみ出した状態になる。
  • プレイヤーが移動している最中にはそれに応じてポケモンがぴょんぴょん跳ねたり、転がったりする。
    • 状態異常のポケモンは動かず、その場で震える。
  • ひんしの状態のポケモンは、呼び出しても眠った姿が表示されるだけですぐに元の画面に戻ってしまう。
  • 通信機能をONにしていると、部屋に他のプレイヤーのポケモンが最高3匹まで来客することがある。来客した他のプレイヤーからはポフレや模様替え用のインテリアをもらうことができる。
  • マグマッグレジアイスは全身全てが触れない部分になっており、どうやっても撫でてあげることができず、撫でようとしても「?」の吹き出しが出てくる。これらのポケモンには対しては、ポフレをあげるかミニゲームを行うことでしかなかよし度を上げられない。マグマッグはマグカルゴに進化させれば殻の部分を撫でることができる。
  • トランセルコクーンクヌギダマカラサリスマユルドヌケニンコフーライの7種は、おなかのパラメータに関係なくポフレを食べてくれないため、撫でたりミニゲームを行ったりしてなかよし度を上げることになる。ポフレをあげることも撫でることもできないポケモンはいないので、その点だけは安心していい。
  • なかよし度を上げる事によって戦闘中に現れる効果は基本的にプラス要素しかない為、可能ならば最大まで上げておきたいところだが、最大まで上げると攻撃が急所に当たりやすくなるので、ポケモンを捕獲したい時に誤って倒してしまう確率も上がってしまう。その為、捕獲用のポケモンにはみねうちを覚えさせておくか、なかよし度のハートを全く上げないでおくか、ハートを3から4程度に留めておくといいだろう。
  • なかよし度もなつき度と同様、ポケモンが言う事を聞くかどうかには一切関係がなく、通信交換などで貰った他人のポケモンは、幾らなかよし度を高くしようが、所持バッジとレベルが合わなければ言う事を聞かない(逆に自分で捕まえたポケモンなら、幾らなかよし度が低かろうが、バッジ0且つレベル100でも言う事を聞く)。
  • トレーナープロモを撮影する時、撮影用に選んだポケモンのなかよし・おなかの度合に応じて使えるテロップが増える。

関連項目

脚注