ポケモンWikiでは記事の投稿、加筆、検証、修正等に参加、協力してくださる方を必要としています。方法や詳細はポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

スマートフォン利用の方は最下部のリンクにて、モバイル/デスクトップ表示の切り替えが可能です。

130族

提供: ポケモンWiki
移動先:案内検索

130族(ひゃくさんじゅうぞく)とは、すばやさ種族値が130であるポケモンの俗称。

文脈によっては他の能力値のことを指す場合もあるが、ただ130族といった場合はほとんどの場合すばやさのことである。

概要

古くから「ほぼ最速クラス」の代名詞でもあり、何らかのすばやさ補正を加えることで確実に先手を取れるようにしたい場合、この130族を抜けるようにすばやさ調整をすればよいという目安にされてきた。

こうげきぼうぎょHPなどのダメージに関わるステータスは、ダメージ計算においてランダム性が混じるため、種族値などもあくまで目安としかされない場合が少なくなかったが、すばやさによる行動順の計算だけはランダム性がなく、たった1の差が完全に明暗を分けるため、種族値が1や2程度違うだけでも重要視される。

後述の通り130族よりもすばやいポケモンは何匹かいるが、いずれも特殊な用途でのみ使われるポケモンだったり、気にしたところで抜けるような相手ではなかったりで、実戦でよくすばやさ勝負をする相手の中では130族が実質的に最もすばやいとされることが多かった。

該当ポケモン

出場制限の印がついたポケモンは通常の通信対戦では使用できない。

130族よりすばやいポケモン

ポケモン
132族 サトシゲッコウガ(出場制限)
135族 メガライボルトメガミミロップ
140族 メガミュウツーY(出場制限)
145族 メガスピアーメガジュカインアギルダー
150族 マルマインメガフーディン・メガプテラ・デオキシス(ノーマル・アタックフォルム、出場制限)
151族 フェローチェ
160族 テッカニン
180族 デオキシス(スピードフォルム、出場制限)

130族抜き

130族のポケモンが個体値31かつすばやさが上がるせいかくにしてすばやさに努力値252を振る、いわゆる最速調整にすると、Lv50の時点ですばやさの実数値は200ちょうどになる。そのため、130族よりもすばやさが低いポケモンがこだわりスカーフやすばやさのランク補正+1、つまり1.5倍された状態で130族を抜くためには、補正込みでの実数値が201=素の状態で134必要になる。

実数値134というのはすばやさ種族値70のポケモンの最速調整であり、すばやさ種族値が69以下のポケモンはどうやっても1段階アップまででは130族を抜くことができない。同様に、こうそくいどうなどの2段階アップの技を1回使っての130族抜きの場合、すばやさ実数値101=すばやさ種族値40のポケモンの最速調整である。

対戦環境によって、130族抜きメリットの大きさは変わってきていることも特徴。第五世代では、ポケモンの多様化により130族のポケモン自体の使用率が相対的に減ったことで、確実に先手を取るならば130族よりもずっとすばやいスカーフ持ちポケモンを抜かなければ確実とはいえなくなってきたが、相手も自分もスカーフ持ちならば結局は地のすばやさ勝負になり、抜けない相手は抜けないので意味がない。かといってスカーフ持ちを考慮から外すのであれば、130族の相対的減少により、無理に130族抜き調整をしなくても先手を取れる期待値が以前と比べて高くなったため、130族抜き調整のメリットが薄れていた。

第六世代では、130族以下のすばやさラインに速いポケモンが多数登場したことで全体的なすばやさの必要量が上がったほか、とくせいによって交代が不可能になるメガゲンガーが130族のラインに登場したことで、以前よりも130族を上回る必要性が上がった。同時にその少し上部にいるりゅうのまいメガバンギラス、メガライボルトなどのポケモンもおり、ただただ130族抜きにとどめておくと損をする状況も増えている。

第七世代では、カプ・コケコの登場に伴い、更に130族抜きの必要性が上がった。更によりすばやさの高いフェローチェも登場し、フェローチェをも意識する必要性も出てきた。

関連項目