Pokémon GOおよび第七世代登場に関するお願い
Pokémon GOおよび第七世代登場に伴い、ポケモンWikiにおいて作成や修正が必要な記事が増加しております。
ポケモンWikiでは記事の投稿、編集、訂正に参加してくださる方を必要としています。
ポケモンWikiは皆様のご協力により成り立っております。この機会にぜひご参加のほどお願いいたします。なお、ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。

上記ゲーム登場に伴い、作業途中の記述や誤情報、根拠のない記述などが増加する可能性があります。情報のご利用にはご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWiki10周年について
ポケモンWikiは2016年4月1日で10周年を迎えました。日頃のご利用に感謝するとともに、今後ともご利用いただけますようお願いいたします。なお、記念企画を検討中です。

ポケモンコスプレ

提供: ポケモンWiki
移動先: 案内検索

ポケモンコスプレは、着ぐるみなどでポケモンになりきる行為のこと。

ゲームにおけるコスプレ

だいすきクラブの男性はピカチュウピチューの恰好をした幼児を連れている。また、ダイヤモンド・パールからはピカチュウのコスプレをしたポケモンごっこが登場した。かいじゅうマニアファイアレッド・リーフグリーンではリザードンのようなコスプレをしており、ルビー・サファイアエメラルドハートゴールド・ソウルシルバーでもコスプレをしているが、どのポケモンであるかは判然としない。メリッサの衣装はフワライドを模したものであるが、コスプレとは必ずしも言えない。

ポケモンバトルレボリューションコロシアムリーダーは全員コスプレをしている。テイルパチリスの、マリンカイオーガの、ラプラロズレイドの、ボルドエレキブルの、ダイグラードンの、ルインルカリオのコスプレをそれぞれしている。また、これらの衣装は主人公が手に入れることもできる。

アニメにおけるコスプレ

コスプレをすることでよく知られているのは、キヨである。バトルで繰り出すポケモンや、捕まえようとしているポケモンのコスプレをする。ミズゴロウジグザグマグライガーザングースのコスプレを持っている。

DP編第33話では、サトシ一行が「ポケモンなりきり大会」に参加した。これは参加者ではなくそのポケモンにコスプレをさせるものであったが、司会進行のユウカ、審査員のジュンサージョーイはそれぞれチェリム(ポジフォルム)、ガーディラッキーのコスプレをしていた。サトシはピカチュウで参加し、様々な顔芸による物真似を披露させた。ヒカリポッチャマビードルの恰好をさせて出場させたが、バブルこうせんによってコスプレが解けてしまった。優勝したのはタケシそのグレッグルで、ニョロトノのコスプレを大会を通じて貫き通した。

無印編第13話では、マサキカブトのコスプレをしていた。このコスプレは研究に使われた。

AG編第142話では、ドクター・ゴードンの発明品としてゴーリキー型のスーツが登場した。

DP編第43話では、ヒカリがポッチャマのコスプレを夢の中でしていた。

ファン活動としてのコスプレ

他のマンガ・アニメ作品同様、ファンの中でもコスプレは行われている。多くのファンが、サトシ、ロケット団カスミハルカヒカリなどのキャラクターのコスプレを行っている。また、女性のファンがサトシやコジロウなど、若い男性キャラクターのコスプレを行うこともある。また、好みのポケモンのコスプレをすることもないわけではなく、着ぐるみを使ってそのものになりきったり、擬人化したものとしてコスプレを行うこともある。マスコットとして定着しているピカチュウのコスプレはロリータ・ファッションともされている。