ポケモンWikiについて
ポケモンWikiでは記事を投稿、編集、訂正してくださる方を必要としています。投稿、編集、訂正はユーザ登録後、ログインすることで可能です。
編集の方法などはポケモンWikiに投稿するにはをご覧ください。
ユーザ登録や編集で費用がかかることはありません。ぜひご協力お願いいたします。

誤情報や根拠のない記述にご注意ください。
誤情報や根拠のない記述を発見した場合には、訂正していただければ幸いです。

ポケモンWikiをブラウザの検索ボタンに追加できます。追加する場合はプラグイン追加をクリックしてください。

ポケットモンスターSPECIAL 第1章

提供: ポケモンWiki
移動: 案内検索

第1章は、漫画ポケットモンスターSPECIALにおける物語の第1部のこと。

世界観

舞台となるのはポケットモンスター赤・緑ピカチュウバージョンに登場するカントー地方。登場人物や地形などもほぼゲームと同じだが、ジムリーダーの半数以上がロケット団に加担しているなど治安は悪化気味で、やや悪役が増えている。その他の人物はほぼゲームどおりで、全くオリジナルキャラが登場しないのも本章の特徴。

主人公レッド。他の章とは違って旅の目的ははっきり定まっていないが、「究極のトレーナーを目指す」「ポケモンリーグで優勝する」「ロケット団を倒す」などが最終目標として挙げられる。グリーンブルーは基本的には脇役として描かれる。両者とも第2章以降とは性質が結構違う。

ポケットモンスターSPECIAL第1巻第3巻に収録。話数は第1話"VSミュウ"第40話"VSリザードン"までの40話。

ストーリー

偉大なトレーナーを輩出してきた町・マサラタウン。ここにレッドという一人の少年がいた。レッドは年齢の割にポケモンバトルがかなり強く、近所の同年代のトレーナーにバトルの腕前を披露しては有頂天になっていた。そんなある日、レッドは「幻のポケモンが出る」という噂を聞きつけて近くの森に出かける。そこでレッドは見知らぬ少年・グリーンミュウがバトルしているのを見かける。成り行きでレッドはミュウと戦うが全く歯が立たないままに逃げられてしまい、かなり落胆する。レッドはもっと強くなろうと決心し、オーキド博士の研究所を訪れる。オーキド博士はレッドのトレーナーとしての可能性を見抜いてポケモン図鑑を与え、強くなるためにカントー地方を回って旅をしてみてはどうかと提案する。こうしてレッドの冒険は始まった。

登場人物

ポケットモンスターSPECIALの登場人物一覧#第1章および以下の個別ページを参照。

主人公

レッド
マサラタウンに住む元気で明るい少年。ポケモンバトルが得意。ポケモンのレベルが低くても工夫と発想でパワー不足を補い、実力以上の力を引き出す。ただし、バトル以外の面ではどこか抜けているところがある。詳しくは個別の項を参照。

その他の登場人物

グリーン
マサラタウンに住むオーキド博士の孫。レッドとは対照的にクールで戦略的。ポケモンバトルの腕はレッド以上。だがポケモンへの愛情が欠けていると指摘されることもある。レッドいわくイヤミなやつ。ポケモン育成が得意。詳しくは個別の項を参照。
ブルー
マサラタウン出身の少女。親とはぐれて1人で生活しているという。明るい性格に見えるが、裏では人を騙したり物を盗んだりしている。「女であることを武器にする」というのがモットーで、レッドに色仕掛けをして骨抜きにしていた。詳しくは個別の項を参照。
オーキド博士
マサラタウンに住んでいる学者で、グリーンとナナミの祖父。偏屈で頑固なじいさんだと言われている。ポケモン図鑑を発明し、レッドとグリーンを旅に送り出した。ポケモントレーナーの資質を見極める能力があり、実力を認めた者にしか図鑑は渡さない。昔は凄腕のトレーナーで、ポケモンリーグで優勝したこともある。しかし今では老齢のためバトルの実力は低下ぎみ。
ナナミ
グリーンの姉。グリーンとは違って温和な性格。マサキの研究を手伝う。オーキド博士のラッキーである「ラキっち」を連れている。
タケシ
ニビシティのジムリーダー。岩タイプの使い手。半裸でバトルしている。ジムの中はプロレスのリングのようになっている。主峰のイワークがなぜかレッドのピカの電撃を喰らって倒される。カスミやエリカと並んで正義のジムリーダーと呼ばれる。
カスミ
ハナダシティのジムリーダー。水タイプの使い手。ハナダシティ中心部の豪邸に住むセレブである。「おてんば人魚」という異名のとおり、明るく活動的。レッドのフシギダネを水技で余裕で撃退するほどの実力の持ち主。レッドに入れ込んでいる。
エリカ
タマムシシティのジムリーダー。草タイプの使い手。和風で風流なお嬢様で、弓道をたしなむ。移動のときは大名行列のような軍団を引き連れ、籠に乗って運んでもらう。タマムシシティのポケモンバトルの精鋭軍団を引き連れている。タマムシ大学の人気講師でもある。バトルでは「さりげなさ」を重視しているという。正義のジムリーダーの中でもリーダー格である。
マサキ
ポケモン転送システムの開発者。関西弁でしゃべる。ポケモン評論家だったり協会役員だったりと顔が広く、バトルについても詳しい。
フジ
シオンタウンに住む老人。親を失ったり捨てられたりしたポケモンを引き取って育てている。カツラとは仲がよく、一緒にジャングルにミュウを探しに行ったこともある。
ポケモン大好きクラブ会長
ポケモンが大好きで、ギャロップと一緒に入浴したり寝たりしている。レッドがクチバシティを訪れたときには勢いでレッドを名誉会員に任命。ホウエン地方やシンオウ地方の大好きクラブ会長と容姿が酷似している。
サカキ
ロケット団のボスであり、トキワシティのジムリーダー。地面タイプの使い手。シルバーの父親。表の顔は親切だが、裏の顔は冷静で策士的。ミュウツーなど伝説のポケモンを使ってカントー地方の支配を試みる。レッドを部下にしようとしていた。バトルのテクニックは他のジムリーダーとは段違いに高い。
マチス
ロケット団3幹部のひとりで、クチバシティのジムリーダー。電気タイプの使い手。第1巻ではサント・アンヌ号の船長として数多くの船乗りたちを従え、クチバシティのポケモンを奪っていた。ロケット団のポケモンの運搬を担当。シルフカンパニーではサンダーを使って戦った。
キョウ
ロケット団3幹部のひとりで、セキチクシティのジムリーダー。毒タイプの使い手。アンズの父親。第1巻ではおつきみやまに登場し、変な薬を注入してポケモンを凶暴化させる実験を行っていた。忍者の子孫であると言っており、主君に忠実であることを主義としている。シルフカンパニーではフリーザーを使って戦った。
ナツメ
ロケット団3幹部のひとりで、ヤマブキシティのジムリーダー。エスパータイプの使い手。それと同時にナツメ自身もエスパーの能力を持っており、心の目で物を見ることができる。サカキを気に入っている。ロケット団の本部があるヤマブキシティを守るため、バリヤードに町全体をバリアで覆わせていた。シルフカンパニーではファイヤーを使って戦い、さらに伝説の鳥ポケモン3体を合体させることに成功。
カツラ
ロケット団の科学者で、グレンタウンのリーダー。炎タイプの使い手。クイズが大好き。自分の遺伝子からミュウツーを作り出すが、その責任感に耐え切れずロケット団から脱走する。その後は心を入れかえて4人目の正義のジムリーダーとなる。遺伝子の反応でミュウツーの居場所がわかる。
リョウ&ケン&ハリー
ロケット団のマチス隊・キョウ隊・ナツメ隊の中隊長。独特のポーズを決めて登場する。勢いだけはいいが、いつも失敗ばかりしている。

伝説のポケモン

サンダー
無人発電所に棲んでいた伝説の鳥ポケモン。マチスに捕獲され、シルフカンパニーでレッドと対決する。体内に蓄積されている電気エネルギーは他のポケモンとは比べ物にならず、マチスのマシンガンの無限の電力源として活躍した。
ファイヤー
炎を操る伝説の鳥ポケモン。一度狙った獲物はとことん追いかける、凶暴な性格。攻撃力に優れ、高いスピードを活かして敵の攻撃を素早く回避するなど、抜群の戦闘能力を誇る。シルフカンパニーではナツメの手持ちとなり、フリーザーサンダーと融合して3鳥合体攻撃を披露した。
フリーザー
ふたご島に棲んでいた伝説の鳥ポケモン。氷の力は1つの部屋をまるごと凍らせるほど強力。味方をすり抜け、敵だけを凍らせる冷気を撃つことができる。休むときは自分自身を氷付けにして外敵を阻む。キョウに捕獲され、シルフカンパニーでグリーン・レッドと対決する。
ミュウツー
ロケット団の科学者だったカツラがバイオの力で作り出したポケモン。絶大な戦闘能力を持つ。ミュウツーの体内にはカツラの細胞が溶け込んでいるため、2人の間には不思議な絆がある。体の周りに球形のバリアを張る、念の力を固めて武器を作り出す、念力を渦状に発生させて巨大な竜巻を作る、など様々な特技を持つ。特にミュウツーのサイコウェーブは巨大な竜巻で敵を中心部分に引き入れてねじ切り、同時にミュウツー自身の身を守る攻守一体の大技。

収録巻

ポケットモンスターSPECIAL
第1章 - 第2章 - 第3章 - 第4章 - 第5章 - 第6章 - 第7章 - 第8章 - 第9章 - 第10章 - 第11章 - 第12章